2005年07月19日

ゴーヤ(苦瓜)

 去年買った一株のゴーヤの苗から沢山の種が採れた。
・・・と言うよりも、食べきれず取り残されたゴーヤは、夕焼け色に熟して三裂し、
真っ赤な綿実の中から「梵字の様な文字」が刻まれた奇妙な種を撒き散らしていた。

 そして、薔薇の根元のマルチ用に敷き詰められた堆肥と腐葉土に温められ、
地獄から救いを求める者達の手の様に、無数の掌状葉を突き出したのだった。

 「全てを救う訳にはいかない・・・。」
私は天の采配を振るうが如く、平静を装いながら芽を間引いていく。
これは、植物を育てていく過程で最も嫌な作業かもしれない。

 選ばれた3本の苗は元気なことこの上なく、薔薇の為に鋤き込んであった豊富な
栄養を吸い上げ薔薇を枯らし・゚・(つД`)・゚・、辺りに巻き髭を絡みつけながら着々と
蔓を伸ばした。 やがてその旺盛な繁殖力とは対照的な、小さく清楚それでいて
ちょっとお洒落なホウ付きの黄色い花を沢山付けた。

 しかし来る日も来る日も、咲くのは雄花ばかり。 瓜科は雌雄別の花をつける
(カラスウリの様に雌雄異株のものさえある)ので、雌花が咲かねば実はならない。
調べてみると、どうもぐんぐん伸びる主蔓には雄花しかつかないので、一本は
雄花用に伸ばし続け、その他の蔓の先は止めて脇蔓を伸ばさなければいけないらしい。

 去年はホッタラカシだったので、実がなる雌花は自然に出た脇蔓まかせで
かなり後にしか咲かなかった訳だ・・・orz
シメシメ今年は先んじて蔓止めをしたので、早くからゴーヤが鈴なりか・・・


posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 園芸・庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふふふ。ゴーヤ楽しみだねえo(⌒▽⌒)o
鈴なりなんて随分大きい夢が(笑)
でも私も期待しているよ♪
Posted by やゆよ at 2005年07月24日 01:22
こんどは是非、ヘビウリを。
雌雄同株、花はカラスウリ・・・。
Posted by ひらりん at 2005年07月24日 08:47
主蔓の先を摘んで止めたら、早速雌花が付き始めたよ!
小ちゃなうちからちゃんといぼいぼのゴーヤ型の子房が
ついててカワイイ〜♪

蛇瓜は雌雄同株でカラスウリ属なの?
う〜ん、複雑だなぁ・・・瓜は神秘の植物。
謎が多くてワクワクするよね〜!
Posted by 山桜 at 2005年07月25日 08:27
そか〜o(⌒▽⌒)o
やっぱり摘んだほうがいいのね。
母上に報告しておこう(笑)
Posted by やゆよ at 2005年07月25日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。