2007年08月18日

雑草メロン

             ? 152.jpg
             ついに、雑草メロンの実がなりました!!

 たった一つだけですが、ピンポン玉よりひと回り小さいくらいの
可愛らしい実です。 まるで西瓜のような黒い縦縞が浮かんでいます。

      ? 1808.jpg? 1807.jpg
        5月5日 発芽(露地)     5月11日 本葉
            ? 153.jpg
                伸び出したつる

 非常に強健で全く病気に罹らず、他の瓜科の葉が虫食いの中、殆ど虫も付きません。 全体に剛毛が生えていて、特につるの毛は触れると痛い程です。 葉の表裏は目の細かい紙やすりのようなザラツキがあり、カラスウリよりも強(こわ)い感じです。
     ? 151.jpg? 154.jpg
          雄花(正面)           雄花(側面)

 7月30日、最初に雄花が付いてから、毎日のように雌花が咲くのを楽しみに待っていましたが、私が留守をしている間に花を咲かせ、見事受粉も果たしていたようです。 あの頃、暑さがピークでしたので、雑草メロンにとっては好適な温湿度だったのかもしれません。

 地面を自由に這わせた株と支柱に誘引した株を比べると、支柱に巻き付いている株の方が幾分育ちが良く、実をつけたのも後者でした。

 ただ、それきり雌花が付かなくて未だに雌花に対面していないのが、なんとも心残りです。 酒徒善人さん、雌花の写真、お持ちですか? 

 この雑草メロンは、ブログ仲間の酒徒善人さんより、善人さんのお師匠様が育ててこられた貴重な種(MG−16系統鹿児島の遺跡発掘現場の近くで自生していたもの)を分けて戴きました。 お師匠様、善人さん、ありがとうございます!

 酒徒善人さんと雑草メロンについての物語は善人さんのブログ
「e411y」の中の『雑草メロン』の記事をご覧下さい。
http://syutozennin.blog.ocn.ne.jp/e411y/2006/02/post_7a67.html

 

 雑草メロン:
  アジア、アフリカ、中南米に広く分布。
  生育地は、自然の野山ではなく、人間が耕した畑やその周辺。
  →このことから、有用作物の伝来に付随して広がったとみられる。

  実の大きさは、ウズラの卵〜アヒルの卵大。
  未熟果は猛烈に苦く、熟しても甘くはならず、食用不可。
  (一部の地域では、仏前にお盆飾り?などに用いられる。)

  日本では75諸島での分布を確認。
  天草諸島が・西限、熱海沖の初島が東限。
  日本海側の対馬・壱岐・見島・隠岐・大根島に分布する一方、
  気候的に好適と思われる、宮崎・鹿児島県・南西諸島・伊豆諸島
  には全く分布が確認できていない。 (鹿児島県では2006年分布が
  確認され、現在の南限です。
  酒徒善人さんのブログに関連記事あり。

 http://syutozennin.blog.ocn.ne.jp/e411y/2007/01/post_982d.html

  九州北部の離島に於いて、最も雑草メロンの特性・呼称に多様性あり。
  (日本各地で「オノラバエ」「ヒトラバエ」「ノバエ」「クソウリ」
  「ニガウリ」「オショウロ(精霊)ウリ」「セイレイ(精霊)ウリ」
  などの呼称がある。)
  →このことから、伝播経路が太平洋側からではなく大陸経由では
   ないかとの推論が立つ。

  雑草メロンと思われる種子が、弥生時代前・中期の遺跡から多数出土。
  →このことから、雑草メロンは「史前帰化植物」と思われる。

  <<参考サイト>>
   「メロンの世界」国立歴史民俗博物館 植物園だより(藤下典之氏)
    http://www.rekihaku.ac.jp/kodomo/5/tayori88.html

   「日本に生えている雑草メロン」朝日新聞社「植物の世界」参考記述
    http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/13/1341.htm   

   「メロン」1.メロンの古里とその名の由来 (相馬暁博士)
  http://www.agri.pref.hokkaido.jp/nouseibu/soma/index/meron.htm


banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん


ラベル:瓜科 雑草メロン
posted by 山桜 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 園芸・庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メロンそのものも
愛らしく
豊かな気持ちにさせてくれる
というのを承知で
それでもメロンより
その伝播に纏わる話とか
呼び名などの周辺の
お話の方が楽しいと
思ってしまうのであります(^ ^;ゞ
Posted by 幽黙 at 2007年08月31日 21:30
「そんな食えもしない物を・・・」って言われようとも
浪漫を感じてしまうこのメロン。
自然の野山には生きられない。
かといって、人の手で大事に育てられるでもなく、
邪魔者扱いされながら人と共に生きて来た、
そこにまた、言い知れぬ浪漫を感じてしまう。

「雑草メロン」?何か良い名前は無いですかね?
ここでは「サクラメロン」って名前はどうでしょう?
昭和天皇の御言葉「雑草という名の植物はない」
を思い出したもので。

愛おしい大切な実を見せていただき
ありがとうございました。
Posted by ネットの中のお父さん at 2007年08月31日 22:35
めろん♪めろん♪o(⌒▽⌒)o♪
えっ煤i ̄□ ̄)食べられないの〜!←予定通りの言動 笑

割ったら・・・どんな色かなあ〜
なんて、種になるから割れないねっ♪ふふ♪
Posted by やゆよ at 2007年08月31日 22:55
山桜さんにプレゼントしたのは、鹿児島の遺跡の横に生えていた雑草メロンです。
http://syutozennin.blog.ocn.ne.jp/e411y/2007/01/post_982d.html
この写真親の発見で雑草メロンの南限が変わったのだと思います。
このメロンは不思議な縁で私の元に来てくれました。
MG−16はさらに不思議で完全節生りで全ての花に実が生るのです。
Posted by 酒徒善人 at 2007年08月31日 23:02
◆幽黙さん、こんにちは!
>その伝播に纏わる話とか呼び名などの周辺のお話…

 私も同じですよ〜 植物や生物からの民俗学にとても興味が
あります。 最近、そういう調査や考察に時間がとれなくて
ちょっともどかしい思いなのです。 でも、想像だけでなく、
こうして実物を間近に見られてインスピレーションも冴えて
来そうな〜♪

 それにしても、どうやら時間の使い方を再考する時期かも…
Posted by 山桜 at 2007年09月03日 09:52
◆ネットの中のお父さん、こんにちは!
 「雑草メロン」は世界中に分布するこの類のメロンの総称
なのですが、他に何と呼ぶのが相応しいでしょうね…
 私は個人的には「野良メロン」の方が響きが好きですけど、
こればっかりは勝手に呼びかえる訳にもいきませんし〜^^;

 昭和の天皇陛下が仰られたように「雑草という名の植物は無い」
のですが、「雑草と呼ばれる植物」は、やっぱりあって、しかも
とても逞しいという良い意味でも使われますね〜「雑草メロン」も
有史以前から変わらず生き延びてきた、立派な「雑草魂」の持主ですね!

 私にはダイヤモンドより美しい宝石のようにも思えます。
Posted by 山桜 at 2007年09月03日 10:15
◆やゆよん、こんにちは!
 西瓜みたいな模様で可愛くて美味しかったらヒット商品に
なるところだけど、そうでないことでずっとこのまま生き
延びてこれたんだよね〜 これら雑草メロンが今の栽培種の
原種だとしたら、一体どこで甘くなる遺伝子を得たんだろう?
う〜ん、面白いな〜♪

 私も割って中を見たいのよ〜o(´^`)o  でもたった1個の
貴重な実だから出来なくて… もっといっぱいならないかな〜
Posted by 山桜 at 2007年09月03日 10:21
◆酒徒善人さん、こんにちは!
 ややや〜また早とちりをやってしまいました〜っ( ̄口 ̄;)!
お知らせ下さり、ありがとうございます!
早速上記記事内の該当箇所を訂正しますね〜
(しかもM−16(ウルトラマンか…)じゃなくてMG−16だし。)

 カラスウリを探求している時にも、蔓で手繰り寄せられた
ような不思議なご縁を感じることがありますが、やはり瓜科
には、そんな力があるのかもしれませんね☆
Posted by 山桜 at 2007年09月03日 10:29
写真は食べると美味しそうな感じが致しますよね〜。
何故か雑草と呼ばれる植物は生命力が凄く強いです。
この雑草メロン、せめてスイカの白い皮の漬物に出来る位に
品種改良出来れば最高なのですが〜。
スイカの白い実の漬物大好きです。美味しいです。
Posted by 青い流れ星 at 2007年09月03日 18:09
◆青い流れ星さん、こんにちは!
 今朝見たら、一周り大きくなって益々ミニ西瓜のようでした。
中は種がビッシリなのだとか…割ってみた〜い!

 西瓜やメロンや瓢箪まで、若い実が漬物になってますね。
摘果も無駄にしない心ねが嬉しいです^^
Posted by 山桜 at 2007年09月04日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。