2008年01月01日

火・不寝見・誕?

   07.jpg

 平成二十年 子歳 明けましておめでとうございます!

 干支の先頭、子歳に戻り、また新しい十二年の始まりですね。

 除夜の鐘を聞き終えて鎮守さまに初詣。 家族揃って無事新年を迎え
られましたことを感謝申し上げ、新たな精進を誓い、またの平穏無事を
祈願致しました。

 境内では氏子さん方による「不寝(ねず)見」の炎が赤々と…。
お神酒や甘酒や蜜柑を手に手に、赤く照らし出される参拝者の方々の
明るく穏やかな表情が印象的でした。

 帰宅して撮影した写真を見ると、炎の中に鼠の姿…?
 火鼠は火山の火の中に住むのだそうですが、この不寝見の炎の中から
も、火によって穢れを落とし、決して燃えないという火鼠が誕生!?
子歳の年頭から縁起が良さそうです^^

 今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



 年末年始、PCに向える時間が殆ど無く、皆様へのご挨拶もコメントの
お返事も出来ぬまま、大変失礼申し上げておりますこと、ここに深く
お詫び申し上げます。<( _ _ )>
 


banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん


posted by 山桜 at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます(^ ^)
今年もいろいろよろしくお願いします(_ _)

不寝見の火…
本当の火の灯り全体が
鼠にも見えますね
いいですね〜火鼠
でも今年の十干十二支は
木鼠かな(^ ^)
Posted by 幽黙 at 2008年01月03日 00:18
あけましておめでとうございます。
“不寝見”の炎ですか・・・
これは勉強になりました。
12年後まで覚えていられるかどうか試してみます。
本年もよろしくお願いします。
Posted by 酒徒善人 at 2008年01月03日 11:43
あけましておめでとうございます。
火鼠といえば『竹取物語』の右大臣阿倍御主人がかぐや姫に要求されたのが「火鼠の袋」でしたね。
そんなことを思い出しながらお写真拝見してます。
Posted by 遊行七恵 at 2008年01月04日 08:53
◆幽黙さん、あけましておめでとうございます!
 (2度目かしら? 何度でもめでたくていいですよね♪)

 炎を写すのって後で何が現れるか楽しみなのですが、
まさか鼠、それもミッキーマウスっぽくて笑っちゃいました^^

 ♪揺りかごの歌を木鼠が歌うよ〜 という童謡がありますが、
あの木鼠ってどんな鼠かな〜と思っていたら、リスのこととか…
って、その木鼠とは違いますね〜(失礼しました^^;)

 こうやってすぐ話が妄想へ飛んでしまう私ですが、今年も
どうぞ宜しくお願い申し上げます。 <( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年01月05日 18:28
◆酒徒善人さん、あけましておめでとうございます!
(こちらも2度目? ネットを怠けていたので重ねてお祝い
申し上げま〜す^^)

 「不寝見」は夜行性の「ネズミ」の語源説の一つでも
あるので、そんな繋がりも面白いな〜と思って書きました。
タイトルだけ見たら、訳ワカリマセンね(^^;

 12年後なんて@言う間なんでしょうかね〜
年々月日の流れが加速しているようで怖ろしい((( ;゚Д゚)))

 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 <( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年01月05日 18:33
◆遊行七恵さん、あけましておめでとうございます。
(またもや2度目? めでたいめでたい♪ ヘ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ ♪)

 火鼠の皮衣は石綿だった説なんていうのも面白いですよね!
そう言えば、犬夜叉も着てましたよね〜^^
今日は、日暮里や鶯谷などを歩いて廻ったので、日暮かもめ
もこの辺りに住んでいたのかも、あっちの世界へ行ける井戸は
これかも〜などと団の子等と妄想に耽りながら探検して
おりました^^

 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 <( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年01月05日 18:39
あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

今年は?度目かの年女です(涙)

昨年はパソコンが不安定でコメントができませんでした
新年早々新しくしましたので楽しくお話できると思います

陳謝
Posted by 一味 at 2008年01月05日 21:02
◆一味さん、あけましておめでとうございます!
 私も年末年始は殆どPCの前に座ることが出来ず、僅かな
間隙をぬって更新をしていたような状態で、ご挨拶が送れて
しまい失礼致しました。 ご自分の干支年から新PCとは羨ましいです^^

 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 <( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年01月07日 01:23
かなり遅くなりましてお恥ずかしいです><
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

年末はクリスマスで町が賑わい、
年明けは神社やお寺にお参り。
海外からみると、異色の日本人感性みたいですね。

でも、感謝と共に誓いや願いの元旦でした^^
縁起の良い炎の中の子。
ありがとうございます^^
今年も良い年になりそうです!
Posted by さかもっちゃん at 2008年01月07日 17:15
遅ればせながら、
本年も宜しくお願いいたします。

我が家も地元の神社に元朝詣りができました。
干支も始めからの子年、
新たな気持ちで頑張りたいと思います。
Posted by ネットの中のお父さん at 2008年01月07日 19:33
遅くなりましたが
>炎の中に鼠の姿・・
確かに、はっきりとにえますよね。
おめでとうございます。
良い年をお迎えできましたね。
Posted by 青い流れ星 at 2008年01月07日 20:17
◆さかもっちゃんさん、こんばんは
 私こそ、ご挨拶が遅れてしまい失礼致しました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 <( _ _ )>

 お正月に放送されたローマの歴史を見ていて、ローマ人は
征服地の文化を尊重しつつ市民権を与えて融合していったと
知りました。 ローマ・エジプト・ギリシア・日本・等々…
多神教の国々には相通ずる考え方が生きているようですね。

 元気な火鼠が日本に降りかかる火の粉から、どうか
私たちを守ってくれますように(−人ー)
Posted by 山桜 at 2008年01月08日 18:41
◆ネットの中のお父さん、こんばんは
 歳神さまをお迎えする時に家が留守ではいけない。
必ず新年が明けてから初詣に出掛けるように、とその昔
教わりました。 今では家はおろか日本も離れて異国で
お正月を迎える人もいらっしゃるようで、他人事ながら
心配になってしまいます。

 地元の神様を大切にされるネットの中のお父さんのような
方がもっともっと増えて、神様も弥栄えますようお祈り
申し上げます。
Posted by 山桜 at 2008年01月08日 18:49
◆青い流れ星さん、こんばんは
 煮えてますか〜!?(@@:)ノノ
うそうそ冗談です〜見えますの打ち誤りですね^^
火鼠は火山の中でも燃えませんので、煮ても大丈夫ですが〜
☆⌒(*^∇゜)v

 青い流れ星さんのお蔭で更に楽しいお正月になりました!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。<( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年01月08日 18:54
ホント。火の中にネズミが・・・火ネズミって???かぐや姫が、お婿さん候補の誰かにおしつけた珍奇なものの中にあったような???どんなものなんでしょう。
Posted by 山口ももり at 2008年01月08日 23:40
◆山口ももりさん、こんばんは
 かぐや姫の求めた難題の一つ火鼠の皮衣は「石綿」とも
言われてますが、アスベストって今や悪者ですね(><)
 
本年「子年」の歌会始のお題は奇しくも「火」でした。
「火・ねずみ」でやはりかけてあったのでしょうか?
和歌に日本を守る力を封じ込めたのかもしれませんね。
Posted by 山桜 at 2008年01月09日 19:36
アスベストが平安時代にも登場するなんて・・・面白いんですねえ。知るって事は・・・山桜さんの丁寧なブログには本当に感心しています。今年も拝読します。
Posted by 山口ももり at 2008年01月10日 15:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。