2005年10月11日

「生き様」という言葉

 「生き様」という言葉は、いつ頃生まれ、肯定的に使われる様になったのだろう?
「カッコイイ生き様」などという表現を見ると、私は居心地の悪い気分になる。

 生き様=生きている様(さま)、という意味で使われているのだろうが、
生き様と書いた場合「いきザマ」と読ませる。この「ザマ」という言葉は、
「なんてザマだ!」「ザマぁを見ろ!」「ザマぁ無いな」「死にザマをさらす」
などと本来その様子を蔑んで用いるものだと思っている。
要するに「無様(ぶザマ)のザマ」であろう。

 手元の国語辞典にも、「ぶかっこうな様子。憎い相手がヘマをやったりした
のを見て痛快がる言葉」とあるので、私の認識は間違ってはいないようだ。

 自分の生き方を卑下して「生き様」と言うのはまだいいが、人様の生き方を
褒める時に用いるのはいかがなものか? 言葉は生き物であり、時代に連れ
意味が異なっていくこともある。しかし、それが世代間で共通の認識になって
いない以上、目上の人に対しての褒め言葉として「生き様」を用いるのは控える
のが賢明だと思う。

 


posted by 山桜 at 11:06| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段何気なく使ってる言葉、ふと、あれ?これってこんな意味だっけ?って思うこと、時々あります。でも忙しさにかまけてちゃんと確認しないまま、なんとなく使ってます。たまには立ち止まって考えたり、調べたりすることが必要だね。
Posted by そら at 2005年10月11日 23:17
そらっち、おはよう! 彼岸花見に行けた?
最近「日本語ブーム」が作り出されてるけど、
難読漢字を発掘するのじゃなくて、もっと普通の
日常言葉を豊かにする方向に行って欲しいよね。
Posted by 山桜 at 2005年10月12日 09:59
これからそういう言葉遣いには
気をつけよっとo(⌒▽⌒)o
さくらんのブログで、「様」の使い方の思い出が
一つ増えたよ〜。
ずっと昔、ある方が「おなじように」の「よう」を
「同じ様に」と書く人がいるけれど、
その使い方好きではないんだよね。と仰ってたの。
意味はわかんないけれど(^^;)
で、「どうしても様と漢字なら 同様に としてください」だって。
話は全然違っちゃったけれど、様つながりで♪
Posted by やゆよ at 2005年10月13日 19:30
「様」って漢字、便利なよう(←ひらがな(^▽^;)で
難しいんだ。
 
字数を揃えたい時なんて、さま・よう・様を適当に
使い分けていたけど、区別しないといけないね。
様を使うときは造語の構成としてのみなのかな・・・
今様・同様・言い様とか。

日々勉強だなぁ・・・やゆよん先生、いつもありがとう!
Posted by 山桜 at 2005年10月13日 21:19
さくらん、そのお話は、あくまでも仰った方の
好みのお話だと思ってたの(^^;)
違うのかなあ?
ひょっとしたらちゃんと理由があるのかも。
でも私はわかんないよ〜
その方は日本文学の中世の専門の教授だったと思うけれど。。。
Posted by やゆよ at 2005年10月15日 21:33
う〜ん、私も分からないよ〜
古文の先生に教えに来て戴きたいなぁ・・・

 ただ、「同じ様に」と漢字を使うと「よう・さま・ざま」
のどれにでも読めてしまうので、「よう」と読ませたい
のなら、ひらがなを使うべきなんだろうな、とは思う。
Posted by 山桜 at 2005年10月17日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。