2008年02月04日

立春正月

 皆様、立春正月、おめでとうございます。
雪空より一転、新春を迎えるに相応しい素晴らしい青空になりました。

      08-2 001.jpg
 積もった白雪の上に、新しい朝の日が差し込み輝いていました。

  08-2 005.jpg
 初参りに訪れたお宮さんも雪化粧で清々しく青空に映えています。
 
      08-2 003.jpg
   狛犬さんは雪の冠を頭に「似合う?」と照れ笑いのご様子^^

   08-2 004.jpg
 散歩道も真っ白。 小鳥の混群が賑やかに梢を飛び回っています。
先客の方の足跡の横には小さなワンコの足跡が、寄道しながら添っ
ています。 珍しく雪が積もって綺麗だな〜♪嬉しいな〜♪と思う
のは、人間だけでなく、犬も小鳥も同じみたいですね。

 帰り道には、なんと雪の中にシートを敷いてスケッチ中のお方が!
この感動を残したい、伝えたいの一心でしょうか。カメラでお手軽な
スナップ写真の自分が恥ずかしい…。 


banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん


ラベル:立春
posted by 山桜 at 00:00| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当の春ですね。そういえば7日は旧の正月ですね
Posted by 玉井人 at 2008年02月04日 16:26
新しい戊子を迎えまして、お喜び申し上げますm(_ _)m
今年一年もよい歳でありますよう
お祈り申し上げます。
Posted by やゆよ at 2008年02月04日 18:33
上を見上げれば青空で、
下を見れば白い道。
立春を意識する日本人も少ないでしょうね。

暦を常に意識しているのは
お茶のお蔭と感謝感謝です^^
Posted by さかもっちゃん at 2008年02月04日 19:47
雪の白は、本当に綺麗ですよね。清浄です。
つい、嬉しくなってしまいます。
雪国の人間じゃないからですかねぇ。
Posted by 天狗 at 2008年02月04日 20:28
武蔵野の雪に洗はる桜姫の息吹うるはし春のおとづれ 丹人
Posted by Akahito〜友部丹人 at 2008年02月04日 20:28
雪白く浄められたる心地して優しき人にいざや春来よ  幽黙

狛犬の雪の帽子が可愛いですね〜(^ ^)
Posted by 幽黙 at 2008年02月04日 21:39
今日は南側の屋根の雪が落ちて
一瞬地震かと思いました。

神社には雪がよく似合いますね。
Posted by 爽子 at 2008年02月05日 01:56
◆玉井人さん、こんにちは
 今は世界中で統一された感のある暦ですけれど、昔は冬至正月、
立春正月など色々だった訳で、それぞれの民族の住む環境によって
相応しい歳の変わり目が違ったのは、宗教観と同じで当然と言えば
当然ですね。
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:28
◆やゆよさん(思わずきちんと!^^)
 丁寧な新年の祝詞をありがとうございます。
お互いに長いトンネルだったよね〜 今はモグラが地上に
出たみたいにお日様が眩しくてサングラスが欲しいよ〜(▼0▼) 
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:32
◆さかもっちゃんさん、こんにちは
 今年はとうとう、
 「ママは声が大きいから恥ずかしいよ〜 私がやるから…」
と福豆の枡を取り上げられてしまいました( ̄口 ̄;)ガーン!
でも、豆を私や主人にぶつけたかっただけのような…
お蔭で怠け鬼とかデブ鬼とかが出て行ってくれたかも〜(無理)

 旧暦を追っていると、日本は太陽と同じ位、いえ寧ろ
月の神秘に惹かれて来た民族では…と感じてしまいます。
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:38
◆天狗さん、こんにちは
 主人は雪国育ちですけれど、やっぱり雪が降ると嬉しく
なってしまうようですよ。 雪かきは大変でも、冬は雪が
降って当たり前、雪なしの冬は寂しいらしいです。 
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:44
 常陸野の 庵の軒より ほたほたと

            君が頬にも 雪解けの雫   山桜

 常陸野にも雪が降り積りましたでしょうか?
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:53

 綿帽子 被り微笑む 狛犬に

           電網朋の 面影ぞ見ゆ   山桜

 幽黙さんならどんな台詞を…と思い暫し見詰めてました^^
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 16:57
◆爽子さん、こんにちは
 主人は、軒からポタポタと落ちる雪の雫の音を聞くと、
春が来たなぁと思うそうです。 雪国の冬は長いので
その嬉しさもひとしおだったことでしょうね〜

 雪が降ると神社の清浄さが倍増しますね^^
そんな美しい境内にぺたぺた足跡を残したのは私です(。。;)
写真はその辺りが分らないように撮りました〜
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 17:05
山桜さん、こんにちは。
見事な雪景色でしたね。私は出掛ける予定を変更して家にこもっていましたが、夕方買い物がてら外に出たら寒いながらもうきうきしました。
真っ白な中にいると心が洗われるようです。
たまにはいいものですねー。

雪をかぶった狛犬さん、かわいらしい。
Posted by m-tamago at 2008年02月05日 17:29
◆m-tamagoさん、こんばんは
 そちらも一面の銀世界でしたか〜♪ 降り積もった雪景色も
綺麗ですし、空からはらはらと舞い降りてくる雪を見上げて
歩くのも大好きなのですよ〜^^ それで馬鹿みたいに口を
あけて空を眺めていて、今はちょっと喉が痛いです…(><)

 狛犬さん、白いメーテルみたいでしょ?
Posted by 山桜 at 2008年02月05日 22:47
そちらも雪景色だったようですね。
「おにたのぼうし」を読みました。
節分に
「福は内 鬼も内」という神社もあると聞きました。
Posted by 酒徒善人 at 2008年02月05日 23:43
◆酒徒善人さん、こんにちは〜
 またまた今日も雪が降ってきました〜! お稽古帰りに
しっかり降られてしまいさぶさぶ〜(((++)))です〜〜
手がかじかんで、ここまで打つのに5回も間違えましたぁ(><)

 吉野山人さんの金峯山寺も「福は内 鬼も内」で日本中から
逃げてきた鬼で賑わっているらしいです♪
Posted by 山桜 at 2008年02月06日 17:25
こまいぬ山河白いお帽子をかぶってテレ笑いをしているようです。京都は、雪なしの節分でした。
Posted by 山口ももり at 2008年02月06日 19:09

雪下ろしをされている人には
申し訳ないですが
そちらのほう、かなり降り積もり
なんともいいですね。
Posted by 松風 at 2008年02月06日 23:09
◆ももりさん、こちらにもありがとうございます
 奈良の善人さんの所は積もっていたようですのに、京都は
降らなかったのですね。 節分に雪なんて、私は初めての
ような気がします。 翌日、雪が解けてきたら撒いた豆が
可愛い足跡みたいに雪の上に現れて来ましたよ。
Posted by 山桜 at 2008年02月07日 12:13
◆松風さん、こんにちは
 ももりさんに京都の節分は雪降らずと伺ったら、なんと
松風さんがいらして下さり、京都(祇園八坂神社、吉田神社、
北野天満)の節分の様子、早速拝見させて戴くことが出来ました。

 お相撲さんの豆まきも力強くていいですが、やはり舞妓さんや
舞楽姫の豆まきは華やかで、本当に春を呼ぶ〜という雰囲気ですね〜♪
Posted by 山桜 at 2008年02月07日 12:24
青空に雪化粧ってなんだか清清しくていいですね〜あこがれます(*^^*)
こちらはほとんど降らないし、降った後晴れても汚れてキレイとはいえない景色(--;)

誰にも踏まれていないキレイに積もった雪はふかふかと柔らかそうに見えて、思わずダイブしたくなります。
Posted by みかん at 2008年02月07日 18:24
白い雪 真っ白な雪 誠なり
Posted by 青い流れ星 at 2008年02月07日 21:26
◆みかんさん、こんにちは
 暖冬は過ごしやすいですけれど、やはり冬には雪が降って
きりりと寒い日が欲しくなります。
ふかふかの雪にタイブして手足をパタパタして天使の模様をつけるって
絵本で見て、やってみたかったな〜
Posted by 山桜 at 2008年02月08日 11:00
◆青い流れ星さん、こんにちは

 白い雪 青空に映え 星になる〜☆ 
Posted by 山桜 at 2008年02月08日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。