2008年02月26日

六花亭

 サホロの夢から醒められないのは、未だ帯広の老舗「六花亭」のお菓子
が家にあるからかもしれません。 帯広空港から帰るときの楽しみの
一つ銘菓6種の詰め合わせ「六花撰」。 

 もっと色々なお菓子の入った詰め合せ「十勝日誌」もあるのですが、
日持ちのしないお菓子ばかりなので、三人家族ではちょっと体重増加が
怖ろしく〜残念!(><)

      08-2 034.jpg
     季節のお花「福寿草」の熨斗紙も素敵です。
  
 帯広は日本一の豆の産地で砂糖大根(ビーツ)の生産地でもあった
ことから、当初は和菓子が主体だったようですが、酪農が盛んになる
につれ、乳製品を用いた洋菓子店が生まれ、六花亭の他にも、銘菓
「三方六」で有名な柳屋などの名店が軒を並べています。

 六花亭の前身は「帯広千秋庵」。ホワイトチョコレートを日本で
初めて作り上げた菓子鋪です。(ホワイトチョコレートって最初は
何故白くてチョコの味がするのか、頭がおかしくなりそうでした^^)
今はなんといってもマルセイバターサンドが有名ですね。

「六花撰」の中身は、
08-2 038.jpg08-2 039.jpg
「霜だたみ」               「大平原」
 サクサクのチョコ味パイに      バターたっぷりマドレーヌ
 カプチーノ風味のホワイト
 チョコレートをサンド         「チョコマロン」
                       チョコ味しっとりビスケットで
「マルセイバターサンド」        ラム酒風味のマロン餡をサンド
 国産バターの元祖○成バター    周りをチョコでコーティング
 箱デザインがクラッシック
 香ばしく焼けたクッキーに     「百歳(ももとせ)」
 バターとホワイトチョコの      パイ皮の中にブラックカラントの
 クリームとレーズンをサンド     ジャムを敷き、アーモンド入りの
 六花亭のベストセラーお菓子    バターケーキ生地を入れて焼成

 他にもう食べてしまい袋も無くなってしまいましたが、「おふたりで」
という意味の良く分からないネーミングのお菓子の抹茶味とモカ味。
これはアーモンドとメレンゲのさっくりふわふわのダックワ−ズ皮で
大納言入りのバタークリームをサンドしたもので、目下マイブーム♪
抹茶味の方が好きかな〜 袋の柄が「二輪草」なのも可愛いです。
  
  08-2 035.jpg
   六花亭といえばこの北海道のお花いっぱいの包装紙ですね。
   上の福寿草の絵も同じ作家、坂本直行さんの作品です。
   あの坂本龍馬の甥のお孫さんなのですが、生前は素性を隠し
   一農村画家として生涯を終えられたそうです。

  「六花亭」
   http://www.rokkatei.co.jp/

  「六花」とは六角形の雪の結晶のこととか…美しい名前ですね。


banner_04.gif ←ポチッとクリックの応援、いつもありがとうございます揺れるハート


posted by 山桜 at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | 和菓子・洋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わあo(⌒0⌒)oこうやって画像で拝見するだけで
うきうきしちゃいます♪♪
意味のよくわからないネーミングって一文には爆笑!
マルセイって○成なの?
いろいろと知らないことばかりだよん♪♪
Posted by やゆよ at 2008年02月26日 17:41
わぁ〜たくさんありますね^^
私も先週 バタサンと
イチゴをホワイトチョコで包んだ乾燥したお菓子(名前が思い出せません><)をいただきました。
アッという間に無くなりました><

包装紙のデザインが、
坂本龍馬の甥のお孫さんとは驚きました!!
Posted by さかもっちゃん at 2008年02月26日 17:54
お菓子にも 色々な思いでが
詰まっているのですよね〜
面白いですよね(笑)
Posted by 青い流れ星 at 2008年02月26日 18:32
本日帰宅したら、
玄関に旅の土産が宅急便で届いていました。
しばらく旅の余韻を楽しめそうです。
Posted by 酒徒善人 at 2008年02月26日 19:35
あかあをき 花にうづまる六花亭 ふんた

さふさふ
この包装紙なり^^

予は
ときに
六花亭より
インターネットにて
購入したる
なんといっても
送料の安きが
気に入りたる
いと むまし^^

頓首
Posted by Akahito〜友部丹人 at 2008年02月26日 20:07
六花亭のホワイトチョコが
懐かしいですね
ちょっと歯にひっつくような甘さ(^ ^;
最近ちょっと縁遠くなってるなぁ(T_T)
Posted by 幽黙 at 2008年02月26日 21:52
レーズンバターサンド、帰りの飛行機の中で全部食べちゃったことがあります。
うまー(*´Д`)

小太郎も大好きですよ。
Posted by ひらりん at 2008年02月27日 00:11
六花亭のホワイトチョコを初めて食べたときの
衝撃ったら・・・!
ホワイトチョコの初体験でもありました。
あれから30年。
チョコはホワイトも抹茶も当たり前。
生もあるという時代になりましたが
今でもあのホワイトチョコとふきのとうの絵は
懐かしく新しく嬉しい。


Posted by 爽子 at 2008年02月27日 01:07
◆やゆよん、おはよう
 正直、この坂本直行さんの絵がなかったら、お菓子にも
目が行かなかったかもしれないと思う位、妙に魅かれるの。
タッチと言い色合いといい、こんな風に楽しそうに描けたら
いいなぁと、花がみんな笑ってるなぁって眺めているだけで
嬉しくなってきちゃう…

 マルセイのロゴマーク?が「○の中に成」になっていて、包装紙の
真中にも付いているんだけど、写真じゃちょっと見づらいね。

 「六画(亀甲)形の中に萬」で「キッコーマン」の類だね。
「○の中に井」で「丸井」、「○の中に大」で「大丸」などと
CI(コーポレイト・アイデンティティ)が流行る前は、そういう単純な○に一文字の
マークが結構多かったのよ。
 「○に伊」の伊勢丹マーク、今の「i」より好きだったなぁ
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:23
◆さかもっちゃん、おはようございます
 そう言えば、さかもっちゃんさんも龍馬さんと同じ苗字ですか?
どこかで血が繋がっていたりして♪

 ストロベリーチョコですね! いつも買おうかどうか迷って、
未だに購入したことがなくて…パッケージも可愛いですね〜

 会員になるとお得な「今月のおやつ屋さん」箱が買えるんですよ〜♪
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:31
◆青い流れ星さん、おはようございます
 六花亭のお菓子の中に「十三戸」という素朴な田舎家の
形をした餡入りの焼き菓子があるのですが、それは最初に
この地に入植した家の数「十三戸」からの命名だそうです。
お菓子にも物語がありますね〜

 十三戸 拓き大平原に 菓子実る   (山桜)  
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:43
◆酒徒善人さん、おはようございます
 おかえりなさいませ〜 お天気に恵まれた素晴らしい桜島!
見せて頂けて、晴れ晴れ篤姫気分でした〜♪
お土産は何でしょう〜土地の産物に囲まれて余韻に浸るのも
旅の楽しみですね^^
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:54
◆友部丹人さん、おはようございます
 送料が安いことも、最適な素材を吟味することも、毎朝、
拭き掃除から始めることも、芸術家を支援していることも、
企業理念の隅々まで好感が持て応援しています。

 殿も「今月のおやつ屋さん」のファンですか?
あんぱん、美味しいですよね〜♪
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:55
◆幽黙さん、おはようございます
 あ〜っ、そ、そうだ、幽黙さんはダイエット中でしたね…
食道楽ブログの方を更新して〜などと急かしてしまったり、
お菓子だらけのブログを書いてしまったり、申し訳ありません!
 
 ホワイトチョコの甘さを思い出しつつ、渋茶でもお上がり
下さいませ〜 ~~~旦o(^-^@)
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 09:59
◆ひらりん、おはよう
 分る!分るよ、その気持〜!! 実は私もバターサンドの
誘惑に負けて、さっき2つ続けて食べちゃった(><)
しつこそうに見えて、不思議とあと引くのよね〜
飛行機みたいな密室だったら、我慢できないかも…

 こーちゃんは、今に溶けてバターになっちゃうよ(−−;)

 はっ( ̄口 ̄;)それで今思いついた…
妖怪人間のベム・ベラ・ベロ達って、溶解人間でもあったんだ…
(朝からアホなことを)
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 10:02
◆爽子さん、おはようございます
 あの頃は新しいお菓子がどんどん登場した時期ですね〜
森永ハイソフトとかエンジェルパイとか明治チェルシーとか
今もロングランで売られていて、見るだけで懐かしいです。
 
 ホワイトチョコの板チョコは「ふきのとう」の包装紙でしたね〜! 
その後、一口サイズの詰め合わせが出て、一つ一つ違うお花がついた
その包装紙を台紙に集めて貼ってました。
シール集めも流行ってましたね〜
西瓜とかメロンとか、果物の産地シールまで集めてたなぁ(笑)
Posted by 山桜 at 2008年02月27日 10:16
こんにちは
わたしはデパートの北海道フェアでマルセイバタサンドを買います。実においしいですね。
ラムレーズンが好きになったのはこのお菓子からなのでした。
Posted by 遊行七恵 at 2008年02月27日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。