2008年06月03日

とれとれ新玉葱のスープ

 雨上がりの朝、前日に届いたずしりと重たい箱を開けると…
中にはとれとれの新鮮新玉葱がぎっしり詰まっていました〜ぴかぴか(新しい)
手作り無農薬の青い☆彡印の産地直送便、大地の恵みそのものです晴れ
いつも本当にありがとうございます揺れるハート
      08-06 005.jpg
 こうして頭とお尻を組み合わせて並べて干していたら、昔祖母の家に
あった襖だったかカーテンだったかの模様を思い出しました。
あれは壺が並んだ柄だったと思います。 色合もこんな風だったかなぁ
 懐かしくなって、鼻の奥がツンとしてきました。 
 ぷ〜んと漂う玉葱の香気が目に沁みたのかな…

  08-06 004.jpg
 
 外皮を剥くとつるり瑞々しい白い肌







 
08-06 003.jpg
 コンソメスープと昆布と梅干の中に
 次々ぷくぷくと浮かべ、
 月桂樹の葉もパラリ
 オリーブオイルもたら〜り




08-06 002.jpg
 弱火でコトコト気長に煮ふくめます。
 残っていたミニトマトも入れちゃいました。
 くたっとなるくらい柔らかになったら
 仕上げに塩・胡椒で味を調えて…




 
    どうぞ、召し上がれ〜わーい(嬉しい顔)  いっただっきま〜するんるん
 
   08-06 007.jpg

 以前にも紹介したことがあった気がしますが、このスープは私の敬愛
する辰巳芳子先生のこのご本の中のレシピによるものです

             

banner_04.gif ←ポチッとクリックの応援、いつもありがとうございます揺れるハート


ラベル:料理 スープ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(26) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひと言! うまそ〜!
Posted by ネットの中のお父さん at 2008年06月07日 08:13
新玉葱が出る頃ってお料理が楽しいですね。肉料理だって一段とおいしくなりますし、生でも勿論おいしい!!!丸のままに煮たら・・・??こんな食べかたを知りませんでした。やってみましょう。
Posted by 山口ももり at 2008年06月07日 08:17
◆ネットの中のお父さん、こんにちは
 美味しいですよ〜ほっぺがとろけます(*^▽^*)
何も難しいことはなく、ただゆったりとした時間さえあれば
コトコトと美味しく煮上がりますので、是非、お試しを!
Posted by 山桜 at 2008年06月07日 12:45
◆ももりさん、こんにちは
 このスープは私の敬愛する辰巳先生のご本によります。
他にも本当に滋味に満ちた美味しいスープが一杯載ってます。
今日はこれから保護者会に出掛けなくてはいけないので、
帰宅したら、お薦めリストなどに載せてみますね。
図書館などにもきっと置いてあると思いますので是非、どうぞ!

 この丸ごとの中身を少し抜いて、肉詰めにしても美味しそう♪
Posted by 山桜 at 2008年06月07日 12:48
ちょっと〜〜〜ッ。
見てるだけ・・・・・ってのは、アンマリです。
イジワル!!!

あぁっ・・・、ヨダレで、、、キーボードが、、、
どうしよう、、、アァァァッ。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2008年06月07日 14:36
ええ〜っo( ̄□ ̄)oこんなスープがあるの?
知らなかったあ〜o(><)oくやし〜

とっても美味しそうだね♪♪
ねね、どれくらい煮込むの?
スプーンでさっくりとたまねぎがすくえるんだ??
質問ばっかでごめんねo(⌒▽⌒)oふふふ
おいしそうなんだもん♪
Posted by やゆよ at 2008年06月07日 16:59
◆鎌倉とんぼさん、こんにちは
 あらまぁ…どうしましょ〜 そんなに美味しく想像して
下さって嬉しいで〜す♪ それだけ涎が抽出できたということは
きっともうお充分味わって戴けたのではないでしょうか〜?
鰻の絵を見ただけでも、ご飯召し上がれそうですねっ
☆⌒(*^∇゜)v
Posted by 山桜 at 2008年06月07日 18:02
◆やゆよん、こんにちは
 先生のご本にも何分煮込むなんてことは書いてないのよ〜
ただね「玉葱が『ぽったり』するまで炊き上げる」って
書いてあるだけなので、自分で良しと思う範囲は人それぞれ
かもしれないね〜 先生のご本は万事がそんな調子である種
キリリとした厳しさのある文章が、小気味いいの!
美味しいスープのレシピがメジロ押し! 特に「玄米スープ」の
美味しさはもう想像しただけで幸せに〜:*・゜(*´∀`)゚・*: 

 健康的食生活に目覚めたやゆよんには超お薦めの本だよ−☆
Posted by 山桜 at 2008年06月07日 18:13
>>外皮を剥くとつるり瑞々しい白い肌

これは山桜さんのお肌とおんなじですね♪
素敵です!

>>鰻の絵を見ただけでも、

申し訳ない!それほど安上がりには出来ていません。
かと言って、、ナンタラ芸能人みたいに、高級志
向でもありません。。。訂正「芸NO人」!

新タマネギ・・・下の畑でもお婆さんが一人で作
っておられます。声を掛けると下さるかも知れま
せんが、、、チョット↓
Posted by 鎌倉とんぼ at 2008年06月07日 19:51
我が家でも無事玉葱の収穫を終えました。
近所の山間では、収穫を終えた玉葱をサルが悪戯してバラバラにしたそうです。
でも、さすがのサルも玉葱は完食しなかったのだとか・・・
でも、ジャガイモとエンドウマメの畑は全滅だったそうです。
Posted by 酒徒善人 at 2008年06月07日 21:00
辰巳先生のサイトを見てきたよ〜o(⌒▽⌒)o
ひょっとしたら、以前一度くらいテレビで
特集があったのを見たことがあるかも??

レシピもちょっと掲載されてて、それでも
とっても美味しそう(*^^*)ほわわ

ご紹介してくれてありがとねo(⌒▽⌒)o♪
Posted by やゆよ at 2008年06月08日 17:09
◆鎌倉とんぼさん、こんばんは
>申し訳ない!それほど安上がりには出来ていません。

 す、すみません!大変失礼致しました〜(´Д`)A````
それだけ新玉葱スープが美味しそうと思ってくださったと
言うことなのですね♪ ありがとうございます^^!

 今日歩いてきた道筋の無人販売には新玉葱も並んでました。
収獲の最盛期ですから、鎌倉でもみつかるかもしれませんね。 
Posted by 山桜 at 2008年06月08日 19:34
◆酒徒善人さん、こんばんは
 長い日々端正こめた作物が全滅とは… 人と動物の知恵比べも、
キリがありませんね。 山に食べ物が減ったのか里で食べる
癖がついて繁殖してしまったのか、困った問題です。
甘い新玉葱とは言え、生食では猿も涙が出ちゃったんですかね〜
少しは懲りてくれればいいのに…
Posted by 山桜 at 2008年06月08日 19:38
◆やゆよん、こんばんは
 辰巳先生はNHKの今日の料理にも出てらしたので、
あのキビキビした声をお姿を見かけたことあるのじゃないかな。

 おおっ、さすが辰巳先生、HPもお持ちだったのね!
検索したこと無かったよ〜 教えてくれてありがとう♪
レシピも載ってたの? そっか〜じゃぁ是非試してみてねっ
☆⌒(*^∇゜)v
Posted by 山桜 at 2008年06月08日 19:44
美味しそうですね〜凄い。
やはり
素材を生かせるのは それを料理するひとのこころですね。
よ〜し 私も玉葱スープに挑戦してみたくなりました(笑)
Posted by 青い流星 at 2008年06月08日 20:59
◆青い流星さん、おはようございます
 あら?HN少し変えられたのですか? 読み方は同じですか?
それとも「りゅうせい」さんとお読みするのかしら^^

 玉葱スープは新鮮玉葱の小粒を選ぶと召し上がりやすいと
思います。 スープをたっぷりと吸っていますので、半端な
柔らかさの内にスプーンを入れると真中からぴゅ−ッと
スープが噴水のように飛び出てしまいました(笑)

 小粒で充分ぽったりするまで炊き上げる、これがコツと
云えばコツかもしれません。 挑戦という程の気合を入れず、
気楽にお楽しみ下さいませ〜♪
Posted by 山桜 at 2008年06月09日 10:52
おはようございます。

>「りゅうせい」さん
あ〜すみません。「れ」が抜けていました〜(笑)
HN変化なしでございます。
Posted by 青い流れ星 at 2008年06月10日 08:18
こんにちは
ただただヨダレです。

晒してサラダとしても食べるのも好きです♪
Posted by 遊行七恵 at 2008年06月10日 12:32
うまそう…
なんだけど
玉ねぎが
こんな風に
まるごと
食べられない人なのです(T_T)
Posted by 幽黙 at 2008年06月10日 21:39
こんばんは。

今日、新玉葱スープ作りました。
感慨深くいただきました。
美味しい記事をありがとうございました。
TB宜しくお願いいたします。
Posted by ネットの中のお父さん at 2008年06月10日 21:55
◆青い流れ星さん、おはようございます
>HN変化なしでございます。

 了解しました! 「流星」と聞いて、「スーパージェッター」を
思い出した年代物の山桜です^^; 
Posted by 山桜 at 2008年06月12日 08:21
◆遊行七恵さん、おはようございます
 同じく辰巳先生の料理本を眺めてはただただヨダレでしたが、
ついに新玉葱を大量ゲット!で夢が叶いました♪
こういうものは、10個20個と大鍋でたっぷり作らないと
決して美味しく出来ないのですよね…。 魔女の鍋が欲しいなぁ
Posted by 山桜 at 2008年06月12日 08:27
◆幽黙さん、おはようございます
 えっ、幽黙さん、玉葱丸ごと苦手ですか?
あの食感がダメなのかしら? 分かるような気もします。
私にはあのムニュツルリ〜が快感なのですけど^^
Posted by 山桜 at 2008年06月12日 08:31
◆ネットの中のお父さん、おはようございます
 新玉葱丸ごとスープの輪が広がって嬉しいです♪
新玉葱のなんともいえない甘みと旨味が口いっぱいに広がって、
身体の隅々まで染み渡るようですよね〜
糖尿病などで糖分が制限されている方にも良いそうです。

 TBありがとうございました。 こちらからもお送りしてみます。
無事成功したら、宜しくお願いします^^
Posted by 山桜 at 2008年06月12日 08:35
タマネギ
食感はとてもいいし
味も大好きなんですが
愚生
硫化アリルで
体壊す人なんです(>_<)
犬猫の玉葱中毒と同じなんです…
Posted by 幽黙 at 2008年06月12日 21:14
◆幽黙さん、こんばんは
 あ…やはり…若しかしてと思ったのですが、ワンちゃんと
同じですか…って書くのも失礼かと遠慮しました。
(だったら今も書くなと…ゴメンナサイ)
道理で幽黙さんと狛犬さんは仲良しなわけですね^^

 大量に召し上がらなければ大丈夫なのですか? 
お好きなのに目の毒で申し訳ないです。<( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2008年06月12日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

玉葱スープ
Excerpt: [画像]先日、山桜さんの 天地(あめつち)に遊ぶ で記事になっていた 「とれとれ新玉葱のスープ」 を見て思わず「ひと言! うまそ〜!」ってコメントしてしまった玉葱のスープ。真似して作ってみました。コン..
Weblog: E 日記 七
Tracked: 2008-06-10 21:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。