2006年01月02日

氷川神社(宅部)

氷川狛犬う.JPG氷川神ミ宅部.JPG氷川狛犬あ.JPG 
         氷川鳥居.JPG

御祭神 すさのおのみこと(須佐之男命/古事記・素盞嗚尊/日本書紀)
     御名のごとくすさまじきご神威の祓い・糺すの神 農耕の神

創始  江戸時代前より祭られるが年月日は不詳
     山口領氷川神社より分祀、旧宅部(やけべ)村鎮守

合祀  神明社 あまてらすおおみかみ(天照大御神)他、村内に点在した社祠

末社  稲荷大明神 
     うかのみたまのかみ(宇迦之御魂神)/うかのみたまのみこと(倉稲魂命)

社紋  三条(みすじ)の蝙蝠(こうもり):三条の川と三つの村を表す

    


ラベル:神社
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

国宝・正福寺地蔵堂

20051102_1548_000.jpg
 
 都内で唯一の国宝建造物・正福寺地蔵堂
建立は、室町時代 応永14年(1407年)。鎌倉の円覚寺舎利殿と同じ造りとのこと。
人々の願いが込められた代々のお地蔵様が納められている。
この程30年に一度屋根の葺き替えが終わり、本日年に一度の公開日を迎えた。

 葺き替えられたばかりの時は、木肌鮮やかな柿葺きが黄金色に輝いていたが、
1ヶ月程の経過でかなり落ち着いた色合いになっていた。
又、以前拝観した時には、千躰地蔵尊との文字通り無数の大小様々なお地蔵様が、
梁や屋根の裏側にびっしりと納められていたのだが、今日はいくら目を凝らして
探してみても上部には一体も見当たらなかった。

 聞けば学術調査に出されているとのこと。
折角の内部公開日に空っぽの地蔵堂では、なんだか拍子抜けだった。葺き替えに
伴い調査に出したものの公開日までに返還が間に合わなかったのだろうか…。

 同じ境内の八坂神社では、毎年この日浦安の舞が奉納される。
私はいつも他の用事があって未だに見ることが出来ないでいる。
来年こそ何とか都合をつけて拝見したいと思う。
ラベル: 神社
posted by 山桜 at 19:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。