2007年04月02日

さくら さくら

  ? 1606.jpg
? 1610.jpg
? 1613.jpg
      散歩道はどこもかしこも桜・さくら・サクラ…。
? 1615.jpg? 1605.jpg
       染井吉野              ?
  ? 1602.jpg
                神代曙桜
? 1604.jpg? 1609.jpg
         ?              雨情垂桜?

 今年は暖冬やら開花予報の計算ミスやら、気を揉まされましたが、
ようやく当地でも、染井吉野などが満開を迎えました。

 何と言っても山桜が好きなのは言うまでもありません、でも
染井吉野の生み出す湧き立つ雲のような圧倒的集合美にも、
心が躍ります。

 そう言えば、♪さくら〜 さくら〜 で始まる歌詞には二通り
あるのをご存知でしょうか? 古くからの歌と、昭和16年に書き
換えられた歌詞…今の教科書には、主に後者が乗っているそう
ですが、私は前者で覚えていたので聞きなれない歌詞に驚きました。
同じ曲なのに親子で覚えた歌詞が違うというのは寂しいです。

 一体いつ頃から後者の歌詞に置き換えられたのでしょう?
少なくとも昭和50年代頃までは前者が主流だったと思うのですが…

  (古い歌詞)           (現在教科書に掲載されている歌詞)
  さくら さくら                 さくら さくら
  弥生の空は                 野山も里も
  見渡す限り                  見渡す限り
  霞か雲か                   霞か雲か
  匂いぞ出ずる                朝日に匂う
  いざや いざや               さくら さくら
  見にゆかん                 花盛り

 それにしても、古文や現代っ子に意味が分かりづらい言葉が含れているからと言って、安易に歌詞を変える風調には賛成出来ません。 せめて歌の世界でだけでも、自然に古語に触れ合う機会を残して置かなければ、益々それらは縁遠い言葉になってしまいます。
 
 子供を馬鹿にしてはいけません。 子供の時の言語習得力は大人より遥かに優れているのですから、この時期にこそ機会を多く与えるべきなのです。 英語英語と騒ぎますが、英語は世界一簡単と言われる言葉。 後からでもその気になれば充分間に合います。 美しい日本語こそ、小さい内に身につけさせてやりたいものです。


banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激かわいい

ラベル:
posted by 山桜 at 00:00| Comment(14) | TrackBack(1) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

お花見オフ会

   日頃の精進の賜物、花(染井吉野)は見頃の8分咲き…
   ? 1537.jpg
     
   暖かな春の日、見事な青空の下… ? 1538.jpg

      とある集いの場の「お花見オフ会」が開かれました。
            ? 1541.jpg
  私などがここに座っていて良いのでしょうか…という素晴らしい
方々に囲まれて、春の恵みと沢山の福を戴いて参りました。

  ? 1539.jpg

banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激晴れ
ラベル:お花見
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

桜の樹の下には…

   ? 1503.jpg

        ? 1502.jpg

    桜の樹の下には屍体が埋まっている!
  これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも
  見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさ
  が信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっ
  とわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。
  これは信じていいことだ。 (梶井基二郎「桜の樹の下には」より)


 春彼岸、お墓参りに訪れた霊園では枝垂桜が咲き零れていました。
ここは霊園ですから、間違いなく桜の樹の下には沢山の…です^^;

 春の日差しの中で揺れる枝先の桜花は陽気にさざめいていますが、
さすがに古木全体の風情には、幽玄をまとった貫禄があります。

 奥村土牛(とぎゅう)の醍醐を思い浮かべました。
「醍醐」は実際に見ると華やかな絵なのですが、何故か私の頭の
中では、いつももっと老いた桜の枯淡な風情をしています。
描いている土牛の姿が重なって見えてしまうのでしょうか…。

            collection_pic_11.gif
          (奥村土牛「醍醐」山種美術館蔵)



banner_04.gif
人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激かわいい
ラベル:
posted by 山桜 at 00:00| Comment(32) | TrackBack(1) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

地元でお花見

someiyoshino.JPG
染井吉野
yamasakura2.JPG
山桜
kanhi.JPGyoukou.JPGjinndaiakebono.JPGsakura.JPGsidare.JPG
  寒緋桜       陽光     神代曙桜     山桜    八重紅枝垂

 やっと地元の桜を見て歩き、桜の下でお昼に。
ハラハラと染井吉野の桜吹雪が舞う風の中、携帯カメラではなかなか
肝心の山桜の花が高木すぎて、ズームのピントが上手く合わないけれど、
まぁ花霞、はながすみ・・・

 ちなみに山桜は、葉の色は黄緑〜紅、花の色も白〜薄紅と結構色巾が
あるので違う品種のようにも思えるが、山桜は山桜らしい風情がある
ので、やはり嗚呼山桜・・・と納得できる。

 小さな写真の方の山桜は、珍しく花が密集して咲いていて葉が見えず
樹形もあまり山桜らしくなかった。染井吉野あたりとの雑種かもしれない。
posted by 山桜 at 20:48| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(2) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

今年の初桜

turugaoka.JPG

 円覚寺の白鷺池に舞い降りた鶴岡八幡大神の化身?の白鷺に導かれ、
鶴岡八幡宮の参拝に来てみると、拝殿へ続く階段の右手で、私にとって
今年最初の桜が出迎えてくれました。

 3月上旬開花で花弁が濃い桜色で丸みのある中輪なので、品種名は
河津桜(寒緋桜×大島桜)かなと思われますが、どうでしょうか?

 これから次々と色いろな桜が花開いていきます。近くの公園には
沢山の品種が植えられていますので、毎日がとても楽しみです。

 いつか桜のレポを纏めて読めるようにカテゴリ「さくら・桜・櫻」
を作りました^^
posted by 山桜 at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする