2017年10月22日

雨の道を投票へ

 台風21号北上中、未だこちらは雨は本降りですが風はなく、長靴履けば散歩もまた楽し🎵と、市内最高地点にある投票所へ向かいました。

PA227824 (210x140).jpgPA227814 (207x310).jpg

 ここら辺の土壌は鉄分が多いらしく、いつも水が流れている溝は沈殿物で赤く染まっています。 前方の坂道は、沢というかちょっとした滝?状態になって来ました。 『おいおい山桜、一体どんな山の中に住んでいるんだ?』と、思われそうですが、ちゃんと舗装道だけ通っても行けるんですよ。 折角の雨の日、わざわざ膝丈の長靴を履いて、敢えて通って来た山道です。 まぁ、近くにこんな山道があるには違いないんですけど・・・。 小山の入口、人家近くでは、

PA227813 (207x310).jpgPA227839 (210x140).jpg

【コムラサキ/小紫】シソ科(旧クマツヅラ科)ムラサキシキブ属 の紫色、
【ナンテン/南天】メギ科ナンテン属 の朱色が、雨に濡れてひときわ鮮やかです。

PA227808 (440x293).jpg
 
 【ウメモドキ(梅擬)】モチノキ科モチノキ属 大分虫に葉が喰われていますが実は沢山残っています。 実物として生け花にも用いられるのでお馴染みな方も多いでしょう。 

PA227810 (440x293).jpg

 いつもは地面に張り付いているゼニゴケの仲間(ムラサキミズゼニゴケ?)もザワザワっと浮き上がっています。 赤いのは上から落ちてきたウメモドキの実です。

PA227812 (440x293).jpg

【ガマズミ】レンプクソウ科(旧スイカズラ科)ガマズミ属 の実もますます赤みを増しています。

PA227840 (440x293).jpg

 あ、【サワフタギ/沢蓋木】ハイノキ科ハイノキ属 の実! ルリミノウシゴロシ(瑠璃実牛殺)の別名の通り、大好きな心ときめく瑠璃色の実です。

PA227817 (373x560).jpg

 長引く雨で巣網もズタズタ・・・ジョロウグモのご夫婦は、引っ掛かる虫もおらず網を補修する気力もなくブラリと脱力して台風の過ぎ去るのをまっているようです。

PA227826 (440x293).jpg

 ソックリな花をつけ同じ場所に混在していて紛らわしいのですが、上が【アキノウナギツカミ】、下が【ミゾソバ】別名:ウシノヒタイ 共にタデ科タデ属 です。 見分け方は、知りたい人は少ないでしょうけれど^^;、また日を改めて書きますね。 里山の植物は人々の暮らしと密接にかかわってきたので、その地方による別名・愛称が多くて面白いです。

PA227819 (207x310).jpgPA227822 (207x310).jpg
 
 普段は高い木の上の【エノキ】アサ科(旧ニレ科)エノキ属 の実も雨の重みで枝が下がって目の前に。 オレンジの実はやがて黒紫色に熟し鳥たちの恰好の餌になります。 人間が食べても甘くて美味しいのですが、いつもはなかなか手が届かず・・・雨の日にはこんな思わぬプレゼントがあるので、出かけないのは勿体無い! 

 【シロダモ】クスノキ科シロダモ属 は、秋に花が咲き、一年かけて実は真っ赤に熟しますので、雌株であれば花と実が同じ時に見られます。 この木は花ばかりなので、たぶん雄株でしょう。 花の中をみれば、どちらか分かるのですが今日はそこまで出来ませんでした。

PA227836 (207x310).jpgPA227841 (207x310).jpg

 柿の実も枝が折れそうなほどたわわになっています。 柿の木は枝が折れやすいので登ってはいけないと子供の頃によく言われましたが、結構丈夫そう・・・もしかして、登って柿の実をとらないように(登って落ちないように)そう言って教えて来たのかと勘ぐってしまいます。 目の前にありましたが、流石に柿泥棒はできません。

 【スイカズラ/忍冬】の実もヒスイ色の若い実をつけていました。 やがて秋の深まりと共に黒く熟していきます。

 さて、長靴装備を良いことに森の茂みを歩き、暗くなるので傘を足元に置いて撮影、すっかり濡れそぼって投票所に現れた私、風邪気味で喉が痛かったのでマスクもしていて怪しさ満載だったかも・・・いえいえ、こんなに頑張って(楽しんで)投票に来たんですから国民の鑑ですよね!



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 19:03| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

赤い実・オトコヨウゾメ

PA047641 (440x293)オトコヨウゾメ.jpg

【オトコヨウゾメ】レンプクソウ科ガマズミ属
 分布:本州〜九州
 花期:4月下〜6月 
 花径:6〜9mm ほんのり紅色を帯びた白色 雄蕊は花弁より短い
  葉:対生 やや菱形の卵形 鋸歯がカクカクしている

 春の可愛らしい花も、秋の葉陰に揺れる赤い実も、菱形でカクカクした鋸歯の葉も、どれをとっても大好きな木の一つなのですが、名前だけが残念です。 染物に使われるガマズミに似て、余り染まらない? または実が多い割に美味しくないということで「役立たず」的ニュアンスの「オトコヨウゾメ」と付けられたようですが、男性にも失礼ですし、このたおやかな女性的風情にふさわしくなく感じます。

PA047631オトコヨウゾメ (440x293).jpg

 ガマズミの仲間ですが、実は垂れ下がるようにつき、楕円形です。 コバノガマズミと葉の大きさなどは似ていますが、この実の付き方と実の形で見分けがつきます。 

 鋸歯は四角い角の連続に見えます。 また押し葉にすると黒変するのも特徴です。

P4254289オトコヨウゾメ (440x293).jpg

P4254281オトコヨウゾメ (440x293).jpg

 花数はガマズミより少ない代わりにやや大きくふんわりとした感じ、ほんのり淡紅色を帯び、雄蕊は突出しません。 花の重みと花柄の長さで垂れ下がって咲くことが多いです。



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

赤い実・ガマズミ


 秋の花々が少なくなってきた頃、実りの秋、草木の実がさまざまに色づきを増して来ます。 これから暫く、秋の実の色合いを追いたいと思います。 先ずは「あき」の語源ともなった赤き色づきの実から参りましょう。
 
DVC00505ガマズミ (440x330).jpg
<20015-09-07 狭山丘陵>9月の初め頃から少しずつ色き始めます。

P9187360ガマミズ (373x560).jpg
<2017-09-18 狭山丘陵>大分赤くなりましたが未だ酸っぱいので殆ど鳥にも食べられていません。

【ガマズミ/莢蒾、蒲染など】レンプクソウ科ガマズミ属 落葉低木
(クロンキスト体系の分類ではスイカズラ科でした)
 分布:北海道〜九州
 花期:5〜6月
 花径:5〜8mm 白い小花が多数集まり咲く 雄蕊が長く突出
 果実:6mmほどの卵形 9〜10月頃色づく 完熟すれば甘い
  葉:対生 6〜15cmの広卵形〜円形 浅い鋸歯 葉面凹凸あり
    表面は脈上のみ有毛、裏面は腺・星状毛など多。
 語源:「神の酢実」「噛み酢実」「蝦蟇(ガマ)に似た葉で染め物用の木」「蝦蟇に似た葉の酢っぱい実」など
 *染物に使うのは枝の部分で、実は食用(果実酒など)です。 

PA223174ガマズミ (440x293).jpg
<2016-10-22 狭山丘陵> 手前の一つだけ大きく異質になっている実は、ガマズミミケフシという虫こぶで、ガマズミミケフシタマバエに寄生されています。)

PA223172ガマズミ (440x293).jpg
<2016-10-22 狭山丘陵> 赤い斑が入った葉が綺麗でした。

DVC00720ガマズミ (440x330).jpg
<2016-11-22 狭山丘陵>黄金色の葉になって、実に白い粉が吹く頃には甘くなって食べられますが、鳥との早い者勝ちです。

DVC00895ガマズミ (440x330).jpg
<2017-05-25 狭山丘陵>長いおしべが目立つ花

 今まで沢山目にしてきたのに、写真を探したら満足なものが無くてガッカリでした。 ありふれた植物でいつでも撮れるという気持ちがいけないのかもしれません。 これからは気持ちを入れ直して身近なものからしっかりと観察に取り組みたいです。



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

光る蛹・ツマグロヒョウモン

 去年の10月、庭の草むしりをしていたら、草陰にメタリックな反射光を見つけて驚きました。

DVC00843 (420x560)ツマグロヒョウモン.jpg
<2016-10-04撮影>

 急いでカメラを取りに戻って撮影し、
「見て見て、すごいよ〜こんな光ってる蛹見たことない!」
と、主人に見せたのを覚えています。 主人も驚いて、
「何これ? 家の中に持ってくるなよ〜っ」
と、私の先の行動を読まれて牽制されてしまいました^^;

 もう、そうして止めてくれる人がいなくなって7ヶ月、段々と家の中が私の子供の頃の部屋のように、拾ってきたもの捕まえて来たものに侵略されつつあります。 どうしよう・・・

DVC00845 (420x560)ツマグロヒョウモン.jpg

 背中に人工物のようなキラキラ光るトゲをもった蛹は、調べてみるとあのツマグロヒョウモンの蛹でした。

??〓 863.jpg
ツマグロヒョウモン幼虫  <2009-09-09>

 いい写真が見つからずスミマセン、この黒と赤のトゲトゲ毛虫のような幼虫の姿と言い、キラキラの反射板付き蛹と言い、子供の頃には身近にいなかった蝶なので、ビックリさせられてばかりです。

DVC00841 (420x560)ツマグロヒョウモン.jpg

 草をむしってしまって明るくなったら、あの不気味なきらめきは目立たなくなってしまいました。 元々動けない状態の蛹は、鳥などに食べられないように隠れた場所にぶら下がったつもりだったでしょうに、若し見つかっても暗がりで光って脅かす予定だったでしょうに、私がたまに庭仕事をすると必ずこうして迷惑を被る生物が出てしまい申し訳ない気持ちになります。 

PA163129 (440x293).jpg ユウガギクで吸蜜中のツマグロヒョウモン♂くん、やっぱりまたカメラ目線でした。 
 


自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします

posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

風遣い・アサギマダラ

PA047625 (440x293).jpg

 ふわりふわ〜りと風に乗って優雅に舞うアサギマダラを見かけると、時間を忘れて目で追ってしまい、近くの花で翅をゆったりと閉じたり開いたりしながら吸蜜を始めれば、思わずカメラに捉えたくなります。

PA047626 (440x293).jpg

 今の時期のお好みの花は、このアザミ、フジバカマの仲間のヒヨドリバナ、ハグマの仲間などキク科が多いようです。 まぁ、もともと秋はキク科の開花が多いのですけれど、小さな花がたくさん集まって一つの花のようになっているので、まるで蜜壺がいっぱい並んでいるのと同じで吸蜜効率が良さそうです。 知能が高そうなアサギマダラなら、その辺も考えてるかもしれません。 甘い蜜に辿りついてウットリとしているのか、例によって全く害がなさそうな阿呆に見えるのか、少しぐらい近づいても飛ばずにいてくれます。

PA047628 (440x293).jpg
 
 ステンドグラスに例えられる美しい翅を惜しげもなく広げて見せてくれ、感動です! 黒い縁取り枠の中の浅黄色(やや緑を帯びた水色)は、長旅に向くようにか鱗粉が少ないので透明感があります。

PA047642 (440x293).jpg
 
 逆光を浴びると、向こう側の翅も透けて見えるのが良くわかります。

P9016397 (440x293).jpg

 夏〜秋の季節の変わり目、産卵に向けての婚活中なのか集まって来た沢山の個体に巡り合えました。 気を付けていると、割に身近にいるものです。 上のようなグラウンドの横、こちらのような高く伸びあがった蔓の先、下のような陰樹のアオキの茂みでもお日様が当たっていれば翅を休める姿を見ることが出来ます。

P9137232 (440x293).jpg

P9137233 (440x293).jpg

【アサギマダラ/浅黄斑】タテハチョウ科
 分布:全国(九州以北) 遠距離を旅することで知られる
    越冬は関東以西(幼虫の食草の一つキジョランの分布域)
 幼虫の食草:ガガイモ科の植物(含有するアルカロイド系毒素を身に貯める)

PA127705 (207x310).jpgPA127709 (207x310).jpg

 キジョランの葉裏にぶら下がったこの鈍く光る塊が、アサギマダラの蛹です。 10月下旬にはそろそろ蛹から羽化〜成虫の時期も終わり、産卵〜幼虫で越冬の時期となり、再び成虫の飛翔に会えるのは3月の後半となります。 

PA127726 (373x560).jpg
 
 カシワバハグマの花の蜜にストローを延ばし夢中になって吸っています。 長旅で傷めたのか、向こう側の前翅の先がボロボロになって欠けています。 こうして近づいてみると、体の部分もまだら模様にになっているのが分かります。 幼虫〜成虫まで同じような模様なのは、結構珍しいのではないかしら。

PA127754 (440x293).jpg
 
 アップにしてみると、そのヒラヒラのんびり滑空しているような姿からは想像できない、鋭い眼差しにギクリとしました。 やはり日本全国を旅して回る内に数々の試練を乗り越えてきたのでしょう。 先日見たツマグロヒョウモンたちのちょっとおどけた目(失礼)とは、段違いの侍のような気迫を感じました。。

 あの優雅な飛び方にしても、鱗粉までも削り落とし、疲れない省エネを追求した果てに手に入れた姿なのでしょう。 天地の理に学ぶことは、どんなに学んでも学びきれず、果てしなく続く道です。



 お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 10:17| Comment(8) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

小さな蘭(3)シュスラン

P9187340シュスラン (373x560).jpg

 本当に優雅な貴婦人のドレスのような花弁の質感がまるで繻子のようで、それが名前の由来かと思っていたら、葉の感触が似ているからという記載をみつけました。 ああ、葉の感触は確かめていませんでした、残念! 

 繻子(シュス)と聞いてピンと来ない方もサテン生地といえば、お分かりかもしれません。 パーティ・ドレスなどに縁遠い私は、専ら着物やコートなどの裏地としてお世話になっております。 光沢があり表面が均一に滑らかな織物のことです。

P9187342シュスラン (373x560).jpg

もう少し引いて見てみると、なんだかお喋りそうな口元の面々が勢ぞろいで笑ってしまいましたが、

P9187343シュスラン (440x293).jpg

もっと全体を見れば、やはりこの欄も小さく可憐、楚々とした姿で森の木漏れ日の中で咲いていました。 

【シュスラン/繻子蘭】ラン科シュスラン属 別名:ビロードラン
 分布:栃木以西、伊豆諸島、四国、九州、沖縄
    (暖温帯・常緑広葉樹林の林床など)
 草丈:10〜15cm(花期)
     茎は匍匐し群生する。 
 花期:8〜10月  花色:淡紅色を帯びた白色(濃淡あり)
    葉から最下段の花までの間隔が長い
  葉:卵形の葉を地上部に数枚つける
    濃緑色に赤みを帯びる(強弱あり)
    ビロード上の光沢 主脈に白線

P9187339シュスラン (373x560).jpg

 大切に守らている自生地に案内していただけるご縁に恵まれて撮影できましたが、 今や非常に貴重な保護すべき種属となっておりますので、撮影場所などの公表は控えさせていただきます。

 ただ、薄暗いやや湿っぽい場所で、モノスゴイ蚊の大群の襲撃に見舞われました。 長袖長ズボン、虫除けいろいろを施したうえでも数か所刺されました。 同行してくださった虫に好まれる紳士は更に悲惨な目に…。 可憐なお姫様たちは、優しき人々の他に蚊の衛兵たちにも守られているようです。



 お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな蘭(2)ミヤマモジズリ

DVC00055 (420x560).jpg
<2017-09-17 長野県川上村>

【ミヤマモジズリ/深山文字摺】ラン科ミヤマモジズリ属(前テガタチドリ属)
 分布:中部以北〜北海道、四国 ブナ、シラビソ帯の林縁など
 草丈:10〜20cm
 花期:7〜9月
 花色:淡紅紫色(萼片・側花弁は細く尖る 唇弁は3裂)

きのこ研修の帰り道、川沿いの苔むした岩の上でこの小さな蘭を見つけた時は、驚いて思わず跪いてしまいました。 草丈8cmほどで、その花はもっと小さな小さな、それでも確かに蘭の形をした花でした。 

P9137270 (207x310).jpg花の付き方が曲線を描いているように見えるので名前にモジズリ(=ネジバナ:写真右)がついていますが、同じラン科でもネジバナの仲間ではなく、ミヤマモジズリ属(旧テガタチドリ属) なかなか見られない珍しい花ということで、私も初めて見ました。 

そんな時に限ってカメラを持っておらず、ガラケーはこの小さな花にピントがなかなか合わず、出発の時間も迫り…慌てて撮ったので、後ろの株と重なって2株が一本のように見えてしまっています。 (根元の2枚の葉の間から一本の茎が立ち上がって花序を付けています。)こんな出来で残念でした。 来年も出会えたなら、綺麗に撮ってやりたいものです。


 お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな蘭(1)ミヤマウズラ

P9056839 (373x560).jpg
<2017-09-05 山梨県 三ツ峠山>
足場が悪く、残念ながら花の正面には回れませんでしたが、8月の雲取山でも出会えず、ずっと探していたので、下山ルートの思わぬ寄り道で出会えてラッキーでした。

P9056882 (373x560).jpg

【ミヤマウズラ/深山鶉】ラン科シュスラン属 多年草
 分布:北海道〜九州 山地(深山とつくが低山にも多い)
 草丈:15〜20cm(茎の基部は地面を這い立ち上がる)
 花期:8〜9月  花径:1cm  花色:白〜僅かに淡紅
 ・花序の片側に偏って花をつけるので皆同じ方を向く
  (この写真の花はへそ曲がりが少し混じっていますね^^;)
  (花に付いている黒い細いものは虫だと思います)
 ・花序軸、萼片に縮れ毛が多い
 ・葉の斑紋をウズラに見立てた
 ・極微細な種子には殆ど栄養の蓄えが無く、発芽にも菌類の
  助けが必要。

 P9056843 (440x293).jpg

この葉の模様だけでも立派に観賞価値がありますね。 こうした葉芸のあるものは愛好家が多いようですが、栽培の容易な着生蘭と違い、地上蘭は土壌中の菌と蘭の根の共生関係(菌根)が必須なので、その場が気に入って菌と仲良く生きているものを掘り上げて違う環境に持ち帰ってもダメにしてしまうばかりです。

また、鹿はランが(も)好きらしく、鹿の食害も広がっています。 
 


 お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

えっ、電線にとまれるの?

 目の前の電線に大きな白い鳥がパタパタと2羽やってきて、電線に止まろうと・・・

P9207385 (440x293).jpg

 いや、その前にプロポーズの同意が得られなかったのか、おそらくメスをオスが追いかけてパタパタともつれながら、どうにも上手くとまれずに長い事もがいていましたが、私がカメラで撮影ている気配も察知してか、諦めて飛んで行ってしまいました。(こんなに長いのだったら動画を撮ればよかったと後悔)

 写真を確認すれば、足先が黄色いようなのでシラサギの中で一番小さな「コサギ」です。 ちなみに白い鷺の他の仲間は、「ダイサギ」「チュウサギ」で、大中小です。 

 「あんな大きな足先で、細い電線に止まることが出来るのかしら?」
と思って、ネット検索してみると、『鷺は電線にとまらない』という伝えもあるものの、現実的には鷺が電線にとまっている写真や動画が幾つも掲載されていました。 

 農薬使用の減少などで田んぼや河川の浄化が進み餌が採りやすくなり生息数が増えつつあるようで、それにつれ高い木のない地域では電線にもとまれる適応力がついたのかもしれません。 (電柱の天辺には以前からよくとまっていました。)

 何はともあれ、通り道の電線上に鷺類が止まっていたら、彼らは魚などを食べて臭い水っぽい大量の糞を落としますので要注意です。 ゆめゆめポカンと口を開けて眺めること無きように!


自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
ラベル:コサギ 電線
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

空飛ぶ赤星 ツリバナ

PA047588 (373x560).jpg

この時期、山では赤く熟した実が沢山見られますが、その中でも朱色の外皮がくっきり星形に開いた先に鮮やかなオレンジ色の種をぶら下げたツリバナの意匠は際立っています。

PA047587 (440x293).jpg

上から見ると、その星形が更に良くわかりますね。 星というよりヒトデかな? アダムスキー型的な円盤にも?

P9257425 (373x560).jpg

沢山ぶら下がって揺れている姿も楽しげで、赤ちゃんの頭の上でくるくる回るおもちゃ(なんというのでしたっけ?)にも見えてきます。 

P5091242 (373x560).jpg

春に咲く花は、蕾の時に外側だった部分の色がピンク色が濃くてツートーンになっていて、これもほんのりと何とも春らしい色合いで、山で出会えると心が浮き立ちます。

P5091243 (440x293).jpg

【ツリバナ/吊花】ニシキギ科ニシキギ属 落葉低木
 分布:北海道〜九州 丘陵〜山地
 花期:5〜6月 
 花径:7〜10mmほど
 果径:8〜10mmほど 熟すと5裂し中の種子をぶら下げる



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水玉いっぱい ミズタマソウ

 タニタデがアカバナ科ミズタマソウ属となると、ミズタマソウはどんな花?と気になった方へ、雨の後で花の形はスッキリしませんが、果実が水玉になる様子は分かりやすいのでご紹介します。 鈴なりの水玉がキラキラ光っていて、思わず足を止めて見入ってしまいました。

P8186225ミズタマソウ (373x560).jpg
<2017-08-18撮影>

 下の写真は水滴を指ではじいてから撮影してみましたので、花の様子も少し分かりやすくなっています。
 タニタデと良く似ていますが、以下の点で見分けられます。
・茎が緑、節のみ赤味 (タニタデは茎・葉柄も赤い)
・萼片が緑(タニタデは赤く花弁より長く目立つ)
・茎に下向きに細毛あり(タニタデは子房部分以外殆ど無毛)
・果実に稜がある(タニタデには無い)

P8186224ミズタマソウ (373x560).jpg

【ミズタマソウ/水玉草】アカバナ科ミズタマソウ属 多年草
 分布:北海道〜九州 山野の木陰
 草丈:20〜60cm
 花期:8〜9月
 ミズタマソウ属の特徴は、花が2数性で、花弁・萼片・雄しべが2つずつ
 果実にカギ状に先が曲がった白い毛が密生し、露を帯びると水玉状になる。 
 



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

小さな妖精タニタデ

P9157388 (373x560)タニタデ.jpg

P9157292タニタデ (373x560).jpg
 <2017-09-15 撮影>

【タニタデ/谷蓼】アカバナ科ミズタマソウ属
 分布:北海道〜九州 渓流沿いなど
 花期:8〜9月
 花径:3〜4mm

 肉眼では見過ごしてしまいそうな小さな小さな花ですが、拡大してみるとこんなに可愛らしい妖精のような姿をしています。 ふわふわの妖精の頭に見える部分は繊毛を残して種となって丸くなり、水滴をまとうと水玉のように見えます(ミズタマソウ属の命名の由来)。
 
 種名にタデとつきますが、タデ科ではありません。 生えている場所がタデの仲間と同じようなやや湿り気のある場所で赤みを帯びた茎と長く伸びた花序が似ている為なのでしょう。 ミヤマタニタデ(ミズタマソウ属)、ミヤマタニソバ(タデ科)、タニソバ(タデ科)と似たような名前が多いので、インストラクションの時に言い間違えてしまいそうで要注意の花です。



自然観察ランキング
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大天狗さんの顔が・・・

P9257454 (373x560).jpg

 高尾山ロープウェイの登り口、清滝駅の大天狗さんの顔に何か生えてる!?

 八王子市市制100周年記念事業の一環の「全国緑化はちおうじフェア」を盛り上げる為に、大天狗さんも緑化のシンボルとして一役買ってくださったようです。

 高さ3.3m、幅3.0mの大天狗さんは、今、約2,600株ほどの植物で彩られています。(〜10月15日頃まで? ずっとお天気が良くなくて残念) 赤と黄緑の部分にはアルテルナンテラ・フィコイデア(ヒユ科)を使い、季節の深まりと共に変化する色合いも楽しめるとか。 眉毛などの深緑の部分にはタマリュウ/玉竜・チャボリュウノヒゲの流通名(キジカクシ科ジャノヒゲ属)が使われています。

 私たちは昼間の活動なので見られませんが、日暮頃からはライトアップされているそうです。 夕方ビアガーデン(こちらもこんな天気では・・・)にお越しの際にはご覧いただけますね。

 その他、広場のコンテナ植栽などで目についた植物の名前も記しておきます。
P9257455 (207x310).jpgP9257456 (207x310).jpg
赤と白の小さい実 ジュズサンゴ(ヤマゴボウ科)
青に白い目の花 ブルーキャッツアイ(ゴマノハグサ科)
白小花濃紫の葉 ユーパトリウム・チョコレート/銅葉西洋フジバカマ(キク科)



自然観察ランキング お役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

蜂入りツルニンジンに注意!

 今年もたくさんのツルニンジン(ジイソブ)の花に出会えたのですが、初めて2回、花の中に蜂が入り込んでいる場面に遭遇しました。(
遠くからそっと静かに撮影) 

P9137272 (373x560).jpg

 ツルニンジンの花は中が独特の渋い色調で、こんな風についつい下から覗き込んだり、花を上に向けて撮影したくなりますが・・・

P9056546 (373x560).jpg
P9056553 (373x560).jpg

今後はいきなり花を持ち上げず、少し様子を見てからにしようと思います。

P9056549 (373x560).jpg

こちらが自然に咲いている時の姿です。 小さな蕾を見ると、キキョウ科(英名はバルーン・フラワー)らしい風船型をしています。

P9056550 (373x560).jpg

恥じらうような開きかけの蕾を見ると、ジイソブ(お爺さんのソバカス)の名は可哀そうになります。

P9056548 (373x560).jpg

やがて実になると、しっかり上向きになるのも面白いです。
おそらく、未熟なうちに種を落とさない為、また風に乗せてより遠くに飛ばしたい為かなと思います。

【ツルニンジン/蔓人参】キキョウ科ツルニンジン属 
 別名:ジイソブ/爺斑
 ツル性多年草、根が朝鮮人参のように太くなり薬効(生薬名:羊乳)あり。
 良く似て花が小さめ(2cm程)のバアソブは、葉の両面(特に裏)有毛。
 分布:北海道〜九州
 花期:8月〜10月 花径:3〜4cm 
 


自然観察ランキング 1クリック応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 23:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ず〜っと見られてた!

 畑の縁のニラの花のはチョウチョの行きつけのレストラン。  お食事(吸蜜)に夢中な隙を狙ってそぉっと近づいて撮影した積りでしたが、帰宅して写真を見てみたら・・・ほら、眼を見てみてください。 こちらをちゃんと気にして見ていますね。 あの時、ず〜っとお互いに見詰め合った緊張感が漂っていたのかと思うと、可笑しいやら申し訳ないやら。

P9287551 (373x560).jpg
【ツマグロヒョウモン(オス)】

P9287550 (373x560).jpg
【ツマグロヒョウモン(メス)】 メスは、コシロノセンダングサ(別名シロバナセンダングサ)の蜜が起き入りの様子

P9287549 (440x293).jpg
同(メス)

P9287478 (440x293).jpg
同(オス)

 この2頭はカップルだったのかな? もしかして、デートの邪魔をしてしまったのかな? あちらは何を思ってこちらを眺めていたのでしょう。 危なくなさそな奴とは思いつつ、警戒もしてたのでしょうね。 もう少し時間に余裕があったら、心でお喋りしてみたかったなぁ。

【ツマグロヒョウモン/爪黒豹紋】タテハチョウ科
 分布:日本では南西諸島〜関東北 (1980年代までは関西以西)

 幼虫の食草: 
  スミレ科
  (パンジー、ビオラ類の植栽増加と温暖化で分布北上中)

 雌雄の違い: 
  メスは前翅先(爪)が黒く白い帯がある
  メスは裏前翅も爪黒で付根がピンク

 他の豹紋蝶との違い: 
  メスの前翅先(爪)が黒い
  メスオス共に後翅の縁が黒い



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

モズの初高鳴き

 🎵キィ〜〜ギリュリュリュル〜キチキチキチ・・・ギッギッギッ

 文字で書き起こすのは難しいのですが、急に寒さが増したように感じた秋の晴天の朝、高い木の天辺などで、こんな鳴き声を耳にしたことはありませんか? この辺りでは、衛星放送のアンテナの上も好んでとまっています。

 冬鳥「モズ」の縄張り宣言の声です。 モズは餌狩りをする縄張りを厳しく守る鳥で、例え相手がメスであっても侵入は許さず戦って追い払います。 ですから、この高鳴きはとても大切な儀式?なのです。

 先日9月30日には八王子の裏高尾にて、本日、狭山丘陵にてもモズの初高鳴きを確認しました。 

 「モズの高鳴き75日」というように、あと75日もすれば初霜が降りて冬も本番となるのでしょう。 今年は本当に75日で初霜が降りるか確かめてみようと思います。 10月3日の75日後といえば12月14日、はや年末です。 昨年の今頃は、その頃は・・・と、ついつい思い出して考えてしまいますが、月日は人の思いなどにはお構いなく、無情に過ぎていくものですね。 



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします
ラベル:モズ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

マツムシソウ

 子供の頃に憧れた蝶がアオスジアゲハなら、憧れた花はマツムシソウでした。 秋の空の粋を集めたような美しい淡い青紫の花色、花冠を頭にのせた妖精のような可憐さで風に揺れる姿には、今も心を奪われずにおれません。

 頭状花序(多数の花が枝を介さずに一つの花床の上にまとまって咲く。略称:頭花)で、一見キクの花に似ていますが、写真の下方に記したような違いがあります。

P9056679 (373x560).jpg
先ず、外側の小花から開き始めます。

P9056676 (373x560).jpg
五弁花で雌蕊も雄蕊もある一つの花なのが良く分かりますね。

P9056776 (373x560).jpg
先に雄蕊4本が伸び出して熟します。 紫色の葯が綺麗。

P9056681 (440x293).jpg

P9056775 (440x293).jpg

P9056677 (373x560).jpg
花粉の放出が終わった頃、雌蕊が熟し同花(出来れば同株)受粉を避けています。

【マツムシソウ/松虫草】マツムシソウ科マツムシソウ属
 分布:北海道〜九州
    山地・高原の日当たりのよい草地
 花期:8~10月
 花径:4cm前後
 草丈:60〜90cm
 葉:対生、羽状に深く切れ込む

 名前の由来:@松虫(古くは鈴虫との説あり)の鳴く頃に咲くことから
         A果実の形が仏具の松虫鉦(伏鉦)に似る(*)、
          松虫鉦の名は鉦の音が松虫の声に似ることから。

 *山桜考: 真ん丸な果実と松虫鉦の形は似ておらず、寧ろ花、
       もしくは蕾の形の方が似ているのに、何故誰も疑問に
       思わないのであろうか? どう考えても古の人も、
       この花の形に心惹かれたと思うのですが・・・。
       私は「蕾や花の形が仏具の松虫鉦に似る」
       としたい。 ちなみに松虫鉦はこちら↓
            matumusi (210x123).jpg
            (フリーイラスト素材集より)
 
<キク科との違い>
 *キク科:@中央に多数の筒状花(ふつう5歯)が集合、
        外側を長い1弁(五弁がくっついて一弁に見える。
        先に名残の5歯がある)の舌状花が取り囲む頭花
       A全てが筒状花集合の頭花(ハハコグサ等)
       B全てが舌状花集合の頭花(タンポポ亜科)
       ・雄蕊は互いに筒状にくっついた集葯雄蕊(ずい)
       ・葉は、殆どが互生。 センダングサは対生。

 *マツムシソウ:・多数の小花の集合頭花。
         (筒状花・舌状花の区別なし)
          外を囲む5弁花の外3裂が大きく広がる
         ・雄蕊は4本(集葯しない)
         ・総苞弁は2列で線状
         ・葉は対生

 こんなに清楚で美しい花なのに、西洋の花言葉は「喪に服す花嫁(mourning bride)」「未亡人」ですって。 紫色が喪の色だからのようですが、あんまりじゃないですか、切ないなぁ  あくまでも西洋松虫草の花言葉なので、日本の固有種とは別物と思うことにします。 

 英名に「ピンクッション・フラワー」というのもありました。 こちらは、待ち針を沢山刺した針山を想像すると、確かにソックリ! およそ風情のない名前の多い英名に珍しく賛同できました。


自然観察ランキング いいね、の代わりに1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ムシクソハムシの仲間

 生き物を愛する心優しい(可愛らしい女性でFITと観察園の)先輩とご一緒する当番は楽しさいっぱいです。 この日は、先の黄色い小繭の正体調べと共に、先輩が持っていらした肉眼ではイモムシの糞にしか見えない3mm程の小さな虫の姿を顕微鏡で見ることが出来ました。

P9287501 (373x560).jpg
未だツツジの葉の上のイモムシの糞にしか見えませんが・・・

P9287507 (373x560).jpg

【ツツジコブハムシ】 ハムシ科コブハムシ属

もっと拡大してビックリ! 立派な甲冑をまとって何とも美しいハムシの姿が現れました。 何かこういういぶし銀のような工芸品がありますよね。 

 それにしても、「虫糞・羽虫」とはそのままのお名前。 頭とお尻に虫がついてるんですね。 種名の「ツツジコブハムシ」も「ツツジムシクソハムシ」とされている図鑑もありました。 私的には、虫糞を付けてこそ、この子の特徴がハッキリわかると思います。

(顕微鏡の覗き口にカメラを当てながら撮りました。 ほんの少しの傾きでカメラ枠から直ぐに姿が消えてしまいます。 何せ片手でハムシがのった葉を持ち、片手でカメラのシャッターを切るのですから、腕がしびれるほど粘って、やっと数枚何とかピントの合った写真が撮れました。)

P9287506 (373x560).jpg

どんな面構えかと、葉っぱを慎重につまんでそっとこちらを向いて貰いました。 こんな小さな生物と今、視線を交わせている(向こうから見たら、大きな目に覗かれて恐ろしかったかも・・・)、この一瞬の不思議さに心が震えます。

P9287508 (373x560).jpg

 背中の羽の境目にはジッパーのような刻み模様が見えます。 無駄にオシャレ?いやいや彼か彼女か分かりませんが、彼らの世界ではとても重要な相手を惹きつけるオシャレなのでしょう。 

 普段は自分の糞で作った繭のような袋に入って、更に糞感を増してカモフラージュしているのだそうです。 これからツツジの葉を観察する楽しみが増えました。 自宅にもこんな顕微鏡が欲しいなぁと思ったけれど、そんなものがあったら更に家事をサボって没頭してしまいそう・・・危険です。



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオムシサムライコマユバチの繭塊

P9287490 (373x560).jpg
<2017-09-28 撮影>

P9287511 (373x560).jpg

 先月末、観察園の大型ハウス・ケージの中で先輩が発見したノダフジの小葉の先にぶら下がっている見慣れない黄色の塊はナンダロウ?ということになり、顕微鏡で拡大して見てみると、明らかに何かの小さな繭で、穴が開いて既に羽化したものと、未だ中に蛹が入っているものがあった。

P9287513 (373x560).jpg

P9287544 (560x373).jpg

 そもそもこれだけの繭の数の幼虫が食べたにしては、フジの羽状複葉の中の小葉一枚の半分ほどの量は少なすぎる。 もし、小さな幼虫が何匹かで食べたにしても、その後、固まって繭を作る意味が不明だ。 これは、この部分を食べた他の幼虫に何かが寄生したものではないだろうか? と考えた。

 あれこれ調べて、繭の大きさ・色・付き方からして寄生蜂のコマユバチの仲間のものと思われたが、写真を見るとどれも寄主の体が残っていて、そこに繭が付着している状態のものばかりで判然としない。 更に調べると、寄主の体は落ちてしまうこともあるようで、青虫侍小繭蜂・アオムシサムライコマユバチの繭塊と同定した。 寄主は、ノダフジ(マメ科)の食痕からコミスジではないかとの先輩のお言葉。 後にコミスジの幼虫と蛹も見つかった。

 そうなると、これはゆゆしき事態である。 蝶を放して飼っているケージ内は、寄生蜂にとっては餌の宝庫、天国だ。 駆除された繭塊の数は30を超えた。 30匹のコミスジの幼虫が犠牲になったということだ。 しかし、今後あの小さな寄生蜂の侵入を防ぐ手立てはあるのだろうか・・・。



自然観察ランキング 1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

タマアジサイ

タマアジサイと聞いて、どんなアジサイを思い浮かべますか? 東京の人は、多摩地方特産のアジサイかな?と思われるかもしれませんが、漢字で書けば「多摩」ではなく「玉紫陽花」です。 その名前の謂れはこの写真をご覧あれば、ご納得頂けるでしょう。 

P9030452 (440x293).jpg
まるでピンポン玉のような蕾からは、アジサイの花が想像できませんが・・・

P9030458 (440x293).jpg

P9056826 (373x560).jpg
その玉が弾けると、中から上品な薄紫色の両性花の蕾と白い装飾花が現れ、ハッとします。

P9030453 (440x293).jpg
P9030454 (440x293).jpg
P9030455 (440x293).jpg
小さな固まりの花序が幾つもふわりと解けて広がっていき、やがて両性花の蕾が開くと細いしべがぽわぽわと伸び出して、まるで線香花火のようです。

P9030457 (440x293).jpg
広がりきってしまうと、普通のガクアジサイと同じようになってしまい、写真を撮る意欲が失せるのか、探してもあまり美しい姿が無くて申し訳ないです。 また、ファイルから良いものが見つかったら、こっそり差し替えますね。 

P9030462 (440x293).jpg
装飾花は3〜5弁、アジサイの仲間の同定にこの数は参考になります。 それについては、また追々。

【タマアジサイ/玉紫陽花】アジサイ科(前ユキノシタ科)アジサイ属
 花期はアジサイの仲間の中で一番遅く、8~9月。 
 (今年は未だ蕾もみられ、一段と花期が長いようです。)
 淡紫色の多数の小さな両性花の周りに、萼片が花弁状に変化した白い装飾花を付ける。
 装飾花は両性花が熟すとともに下を向いて垂れ下がる。
 山地の沢沿いなど半日陰の湿った場所に生える。
 葉は長楕円形で先が尖るので、かなり細長い印象のものが多い。
 葉は両面多毛でざらつく。



自然観察ランキング いいね、の代わりに1クリックで応援、よろしくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする