2017年12月09日

深沢「松葉」お餅つき忘年会

(前項からのつづきです)
 今回の忘年会は、ハイキング組と直行準備組に分かれていましたが、ハイキング組が道に迷ってしまい、直行組の方々がすっかり準備も整え一回目のお餅つきも済んだ頃の到着となりました。 

「さぁさぁ、搗き立てのお餅をどうぞ!」
と勧められるがままに、労せずごちそうにあり付くという贅沢な展開、申し訳ありません💦
<2017-12-09撮影>
PC099306 (210x158).jpgPC099307 (210x158).jpg
【搗き立てのお餅に大根おろし、納豆、柚子入餡など等】
【アツアツのけんちん汁】

PC099308 (210x158).jpgPC099310 (210x158).jpg
【味噌こんにゃく】  【大根と隼人瓜の醤油漬けなど】

PC099309 (210x158).jpgPC099312 (210x140).jpg
【宝巾着、溶き卵にきのこやらお野菜やら入りでホカホカ】

 口に入れることに夢中になり、残念ながら写真が撮りきれていませんでしたが、このほかにも、深沢ならぬ長寿の里上野原の棡(ゆずり)原の郷土料理(企画主K氏のリクエスト)の「せいだのたまじ(ジャガイモの小芋甘油味噌がらめ煮」、「鶏手羽元と大根の炊き合わせ」など、美味しいごちそう山盛りでした。 

PC099314 (210x140).jpgPC099315松葉餅つき1 (210x158).jpg
【ホカホカお餅に栗入り餡子】【上手な人も不慣れな人も皆でお餅つき】

自己紹介や森林インストラクターとしてのこれからの夢、温めている企画など、お日様が陰って急速に冷え込む中、燃える意欲と湧き上がる熱気で寒さにも負けずに盛り上がりました。 でもやっぱり寒かったです・・・次回は焚火が欲しいかな〜 

PC099303 (210x280)キササゲ.jpgPC099304キヨスミイトゴケ (200x300).jpg
【キササゲの実】ノウゼンカズラ科  【キヨスミイトゴケ】

PC099320ナンテン (210x280).jpgPC099321ジャノヒゲ (210x140).jpg
【ナンテン/南天】メギ科
 あちらこちらに南天の実がたわたに実っていました。
 こんなに沢山の南天の実を見たのは生まれて初めてです。 一生懸命「難を転ずる」ように願ってくれている家人の心を感じております。
【ジャノヒゲ/蛇の髭】
 寒さも深まりいよいよ瑠璃色に熟してきました。 

PC099322穴澤天神社 (210x158).jpgPC099323石碑 (210x158).jpg
【穴澤天神社】と傍らの石碑

PC099326お大福 (210x158).jpg
お土産に頂いてきたお大福、お餅が大好きだった家人にお供え、焼いて温め二人で頂きました。 
「うま〜っ、餅って、旨いなぁ」
の声が聞こえてくるようです。 良かったね〜 合掌


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金毘羅山〜南沢山〜深沢集落へ

 地域おこしも盛り込んだ楽しいイベントを育てていく礎として、山仲間の先輩方が企画された「ハイキング&お餅つき忘年会」に参加させていただきました。 そもそもこの企画は、更に大先輩方の企画による「〇〇探検隊」に参加しこの地域を歩いた方々が、コースの多様性、土地柄、お食事処「松葉」の女将さんお人柄、お料理の美味しさに魅了され、何度も再訪し歩き回って、この地域の虜になったことが発端です。

 武蔵五日市駅のロータリーを出て大きな道にぶつかり右折、310mほど歩いて東町信号を右折、登山口へ右折、更に道標を右折すると街中から山道へ。 日影では落ち葉に霜が、陽だまりには秋の名残の花も。
<2017-12-09撮影>
PC099261 (200x300).jpgPC099262アキノキリンソウ (200x300).jpg
【紅葉に降りた霜】     【アキノキリンソウ】キク科

PC099263 (200x300)アカシデ?.jpgPC099269コバノタツナミ (200x300).jpg
【アカシデ?】カバノキ科    【コバノタツナミ】シソ科

PC099265ノキシノブ (200x300).jpgPC099271ノハラアザミ (210x280).jpg
【ノキシノブ】ウラボシ科      【ノハラアザミ】キク科

PC099273 (443x590).jpg
【ゴンズイ】ミツバウツギ科  紅葉した羽状複葉で対生 赤い皮と黒い種の実

PC099264ダンコウバイ (210x140).jpgPC099275リンドウ (210x140).jpg
【ダンコウバイ/壇香梅】クスノキ科 【リンドウ/竜胆】リンドウ科

金毘羅山展望台からの眺め
PC099277 (440x330).jpg
連なる「おむすび山」たち(本名は不明)

PC099278 (210x158).jpgPC099279 (210x280).jpg
【琴平神社】       【大岩】

PC099285ツルリンドウ (443x590).jpg
PC099286ツルリンドウ (200x300).jpgPC099283ヤブコウジ (200x300).jpg
【ツルリンドウ/蔓竜胆】リンドウ科 沢山の実り・一粒アップ
【ヤブコウジ/藪柑子】サクラソウ科ヤブコウジ属 どこがサクラソウ科?と思いますが遺伝子上近い仲間なのは花を見ると何となく納得。 その話は、花の頃にまた。
 
 さて、冬の植物を観察しながら順調に歩き続け、気持ちの良い金毘羅尾根道を行き南沢山も過ぎ、いよいよ探検隊的ルートへ・・・
PC099287本当にこの道? (210x280).jpgPC099291 (210x280).jpg
 
 「本当にこの道を下りるの?」というような急角度の道を半ば雪崩落ちるように下り、鉄塔の下に。 鉄塔にはNo.が打ってあるので地図上で自分の位置を確かめることが出来ます。

PC099289 (440x330).jpg

 一先ず、足元がしっかりしたところに出てホッと一息の風景。 杉や檜などの針葉樹の植林部分と元々の雑木林の部分、伐採された山肌、人が山と共に暮らしてきたからこその風景です。

PC099293 (210x158).jpgPC099292 (220x147).jpg 遠くを見ればよいお天気で暖かそうですが、足元は凍てついて道もカリカリです。

PC099296 (210x280).jpgPC099294 (210x280).jpg

 伐採木の皮むき作業などをする重機の轟音が聞こえました。 本来、人が入ってくる筈のない区域に迷い込んでしまったようで、大変恐縮至極、平謝りで大事な作業の中断をご容赦たまわり、道を通して頂きました。 お叱り当然です。 本当に申し訳ありませんでした。

PC099300 (200x300).jpgPC099302 (210x280).jpg
【ヤマブドウ】【森の精霊?小人? ZiZiたちのお出迎え】

沢を石伝いに渡り林道に攀じ登り、やっと人里の香りがして来ました・・・つづく。


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

プラタナスグンバイ

 冬の観察会の話のタネを自然塾長に伺ってみると、目の前のスズカケノキの樹皮をペラリとめくり、中に潜んでいた3〜4mm程の虫を見せて下さいました。 早速、顕微鏡モードのカメラで撮影してみると、

PC028962 (440x330).jpg
<2017-12-02 むさしの自然観察園

「わ〜っ、綺麗っ!」
 繊細なレースかガラス細工のような透き通った美しい昆虫の姿が浮かび上がって驚きました。 軍配扇の形というよりも、武士の裃とか歌舞伎役者の装束っぽい?

 ツツジグンバイは父が躑躅の盆栽を育てていて、葉を白くする害虫として認識していましたが、拡大すればこのように美しい姿をしていたとは! 因みにツツジグンバイの方が更に美しいそうなので、見つけたらまたご報告しますね。 

【プラタナスグンバイ】グンバイムシ科
 北アメリカ原産 
 日本では、2001(平成13)年に名古屋市で初確認。 
 その後、全国各地でも発生、分布を拡大中。
 プラタナスの重要害虫。
 吸汁された葉は白化し、被害が進むと落葉することもある。


人気ブログランキング
ご訪問ありがとうございます。
若しもお気に召して1クリック応援
頂けましたら光栄にぞんじます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

扇山・百蔵山ハイキング下見

 大月市秀麗富嶽十二景 の第6番「扇山」と第7番「百蔵山」ハイキングの下見に行ってきました。
 <2017-12-05 山梨県大月市>

梨の木平から登り始め、水場の傍には 
PC059143 (210x158).jpgPC059144 (210x280).jpg
「山ノ神社・奥宮祠」が木漏れ日を浴びていました。

PC059146 (210x140).jpgPC059149 (210x140).jpg
【オトコヨウゾメ】の紅葉が霜で黒変し、足元には霜柱がサクサクと・・・この辺りの道沿いには、植物のシモバシラ(シソ科)も群生していました。

間もなく樹間より第一富士山、出現!
PC059145 (440x330).jpg

PC059147 (440x330).jpg
大久保山のコルから扇山山頂に至る明るい尾根道の両側は、落葉松や赤松、クロモジなど

PC059150 (440x330).jpg
行く手の木々の連なりが切れ、扇山山頂が見えてきました。

PC059161 (440x330).jpg
【扇山山頂】

PC059153 (440x330).jpg
【大月市秀麗富嶽十二景の第6番 扇山山頂】からの富士山

再び大久保山のコルへ下り百蔵山への縦走路に入ります。

PC059164 (443x590).jpg
赤松と山桜が仲良く寄り添って天高く伸び、ちょっと羨ましくなって泣きました。

PC059169 (440x330).jpg
樹林から垣間見る大菩薩嶺のガレ場

PC059170 (187x280).jpgPC059173 (187x280).jpg
【モミジのお便り】が木のポストに   「恩」の字の石票

PC059180 (443x590).jpg
右手に見える特徴的な山容は何山でしょうか?

PC059181 (440x330).jpg
PC059184 (440x330).jpg
左後方に先ほど登って来た扇山が見え始めました。 手前の山に麓を両側から囲まれ、開いた扇の形に見えました。

PC059183 (440x330).jpg
右手に見えてきたまるでダムの壁のような絶壁は何なのでしょう?

PC059185 (440x330).jpg
倒木が風雪に磨かれて形づくられた自然の造形には
PC059186 (440x330).jpg
命が宿っているようです。

最後の急登を乗り越えると、緩やかな道でホッと一息

PC059258 (210x158).jpgPC059190 (210x140).jpg
【ナガバノコウヤボウキ】綿毛   【ニシキギ】の赤い実
コウヤボウキの綿毛にはピンク色に染まったものも幾つか見られましたが、写真は撮っていませんでした。

PC059192 (440x330).jpg

PC059200 (440x330).jpg
大月市秀麗富嶽十二景の第7番 百蔵山山頂】からの富士山

PC059198 (210x280).jpgPC059207 (187x280).jpg
【百蔵山大明神遺跡】の傍には【リンドウ】が微かに紫色を遺して

PC059206 (443x590).jpg
真っ青な空には次世代が育つまで葉を遺す柏葉が

PC059209 (440x330).jpg
下山道の途中からの眺め 中央高速や家々の屋根が見えます。

PC059214 (440x330).jpg
突如として現れた私設和田美術館(非公開)の門に圧倒されて後ずさり・・・富士を望む絶好のロケーションを独占しコレクションを楽しむとはどんな富豪なのでしょう。 私など一生目にすることのできないお宝が並んでいるのでしょうね。 因みにネットで調べても殆ど情報の得られない謎の美術館です。

PC059218 (440x330).jpg
私の大切なお宝は、こんな自然の風景です。

PC059219 (210x140).jpgPC059224 (210x140).jpg
【トキリマメ】       【サルトリイバラ】

PC059220 (187x280).jpgPC059235 (187x280).jpg
【ヤブラン】         【ヌルデ?】

PC059230 (210x158).jpgPC059234 (210x140).jpg
【ヘクソカズラ】        【ツルウメモドキ】
PC059232 (440x330).jpg
【ツルウメモドキ】

この後、近道を通って、奇橋・猿橋を見に行きましたが、それはまた後日に。


人気ブログランキング 
ポチッとクリック応援、宜しくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

ユキモチソウの実

この出来の悪い赤と黄色のトウモロコシのようなものは、ユキモチソウの実です。

<2017-12-02 むさしの自然観察園
PC028996 (443x590).jpg
PC028997 (443x590).jpg

【ユキモチソウ/雪餅草】サトイモ科テンナンショウ属
 サトイモ科特有の苞の中の付属体が真っ白なお餅、大福餅のように見えて美味しそうですが、毒草です。 この赤く熟した実も誤食すれば痺れや腫れ等の症状が出るとのことなのに・・・

PC028998 (443x590).jpg
こちらの株は引っこ抜かれた上に赤い実だけを食べ散らかしたような痕跡がありました。 一体誰が食べたのでしょう。 タヌキなどは、あのカブレる銀杏の実(種の周りの柔らかい部分)を好んで食べるくらいですから、口にするかも? 武蔵野市の住宅街の一角にある自然観察園での珍事でした。


人気ブログランキング ポッチと応援、宜しくお願いいたします。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ホシゴイとゴイサギ

 井の頭恩賜公園で行われる観察会の下見に訪れた井の頭池・七井橋の畔で、抜き足差し足の怪しい影が揺れたと思うと、日向ですくっと足を留めました。

PC039057 (443x590).jpg

おおっ、ゴイサギの幼鳥です。 親鳥とは似ても似つかない茶色に白い斑模様から「ホシゴイ」とも呼ばれています。 葦の茂みなどで成長するうちは、目立たないように保護色をまとっているのでしょう。

PC039066 (443x590).jpg

大きな黄色い脚で、のっそりのっそり歩きにくそうな杭の上を歩きだしました。

PC039067 (440x330).jpg

お、何か見つけたか?

PC039069 (440x330).jpg

狙いを定めて突撃!

PC039071 (443x590).jpg

う〜ん、残念、空振り…いいとこ見せようとしてたのに失敗し、ちょっとバツが悪そうにも見えます。

PC039064 (443x590).jpg

そんな我が子の様子を見ているのか見ていないのか、少し上の木の枝の間に親鳥のぷっくりとしたお腹が見えました。 あ、でもよく見ると目がこっちを見てますね。

PC039063 (443x590).jpg

毛づくろいをしている素振りでこちらをそれとなく監視しているようで…目が合ってドッキリ。

PC039058 (440x330).jpg

あらら、危なくない奴だと思ったのか、ふっと視線を外されてしまいました。

PC039059 (443x590).jpg

オオバンもス〜っと去ってしまい、池の畔には元の静寂が戻りました。


人気ブログランキング 1クリックで読んでるよ〜の応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

トゲトゲ幼虫、誰の子?

バードウォッチングのイベントの帰り道、ふと気になってめくったみたカラスウリの葉裏に見慣れない幼虫をみつけました。

PC028960 (440x330).jpg
<2017-12-02 練馬区>

写真を撮っておいたものの、幼虫図鑑でも一齢〜終齢の全ての段階の姿が載っているものは少ないので、なかなかこれだというものに出会えないままでした。 この枝分かれした毛状のものから、タテハチョウの仲間?などと、蝶や蛾の幼虫と思い込んだのが間違いでした。

やっとわかった正体は、

【トホシテントウ】 でした!

ナミテントウの幼虫はよく知っていますが、トホシテントウの幼虫は初めて見ました。 そういえば、ニジュウヤホシテントウやトホシテントウは、成虫も幼虫もアブラムシを食べるナミテントウと違い、成虫幼虫共に草食性なのでした。 カラスウリを育て続けて10年以上も経つのに、今まで出会えなかったのも、今日ふと出会えたのも不思議です。 

それにしても、なんとまぁ随分と念の入った防護形態ですね。 そんなに敵が多いのでしょうか? 

子供の頃、図鑑にはトホシテントウ、ニジュウヤホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウは「畑の害虫」と書かれていた上に、成虫の羽に微毛が生えていて艶が無いのも可愛くなくて、天道虫の中の日陰者・悪者のイメージでしたが、こうして出会ってよくよく見てみると、なかなか魅力的で今更ながらトキメイテおります。 カラスウリの葉をめくる楽しみが増えました🎶


人気ブログランキング1クリックで読んでるよ〜の応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

紅葉のお客様

 奥高尾ハイキングの本番は、雨は上がって薄日が差したものの、殆ど霧に包まれた幻想的なハイキングでした。 紅葉シーズンの今頃、晴天ならば大勢の人で賑わう景信山のベンチには、紅葉のお客様だけが後から後からのご来店。

PC018948 (443x590).jpg

 朝もやの山の茶店にはらはらと舞い降り集う紅葉の過客
                       (山桜)

PC018947 (440x330).jpg
<2017-12-01景信山>
 人気のない静かな山、自然の懐に抱かれる気持ちがして、なかなか得難い雰囲気でした。


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

赤い実・ツルウメモドキ

 この実は小鳥が好んで食べて種まきをしてくれるので、我が家の庭にも実生が出て、初めて見た時には本当に梅が生えて来たとばかり思った程、よくよく見ても梅にソックリの葉を付けています。 やがて長い蔓を延ばし始めた時、初めて、ああこれが、
「ツル・ウメ・モドキ!」
と、余りにもそのままの名前にガッテンしたものでした。

PB178698ツルウメモドキ (440x293).jpg
<2017-11-17 狭山丘陵>

 紅葉した葉がすっかり落ちてしも実だけが残るので、今頃になると、とても目立ちます。

PB178693ツルウメモドキ (440x293).jpg

 果実は熟すと黄色の皮が三つに割れて中から朱色の皮に覆われた種が顔を出すので、黄色と朱色で一層鮮やかです。

PB178695ツルウメモドキ (373x560).jpg

 そのままで天然の美しいリースになるほどで、生け花や盆栽にも使われます。

PB178696ツルウメモドキ (440x293).jpg
【ツルウメモドキ/蔓梅擬】ニシキギ科ツルウメモドキ属 落葉蔓性木本 雌雄異株
 分布:北海道〜沖縄
 花期:5〜6月   花径:7mmほど 五弁花


P9247408ツルウメモドキ (373x560).jpg
<2017-09-24狭山丘陵> 3つに割れる前の実

P5124632ツルウメモドキ花 (440x293).jpg
P5124631ツルウメモドキ花 (373x560).jpg
<2017-05-12 狭山丘陵> 雄花と雌花がありますが、これは雄蕊が目立つので雄花でしょう。


人気ブログランキング ポチッと応援、更新の励みになります。 ありがとうございます
posted by 山桜 at 22:55| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ノブドウの実の色

PA318171ノブドウ (373x560).jpg
<2017-10-31北高尾>
 
 ノブドウの実がさまざまな色合いを見せる頃となりました。 このメルヘンの世界のような実の色が好きで、実生が庭に出たのを幸いに育てたこともありますが・・・。 

 近くのバラの肥料を吸い上げて、太い蔓が八岐大蛇のごとく縦横無尽に恐ろしい勢いで伸び、アッという間に庭の一番大きな木の上まで上がって尚、巻きつくものを探して首を振っているという恐ろしい状態に!

 翌年は出る蔓をことごとく刈って小さく纏めようとしましたが、油断しているとまた直ぐに八岐大蛇・・・翌々年は泣く泣くお引き取り願いました。 やはり野のものは野にです。

PB178632ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 ノブドウは同じブドウ科(第一変換では武道家と出るんですね^^)でも、食べられるブドウ属ではなく、ノブドウ属に分類されます。 花序(花の付き方=実の付き方)は、ブドウ属の円錐花序とは違い、集散花序(傘型)です。

PB178631ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 私が昔どこかで(その頃はネットはなかったので図鑑か科学雑誌?)読んだものには、
「ノブトウの実には殆どもれなく虫が入っいて「虫こぶ」「虫えい」という状態になっています。」
「ノブドウの実の色の変化は虫こぶの影響による」
というようなことが書いてあり、ずっとそうなのだと思っていましたが、ふと、
「何故虫こぶになると色が変わるのか?」
と疑問となり、ネット検索してみたところ、何だか雲行きがおかしい・・・

 どこかで誰かが書いた文章のコピペや孫引きのような文章は幾つか出てきますが、それではなんという虫が入り、どのような作用で色が変わるのかという文献は出て来ませんでした。

 ノブドウに「虫こぶ(ノブドウミフクレフシ)」を作る成虫は「ノブドウミタマバエ」のようです(虫こぶハンドブックより)が、その他にも虫こぶは作らず実を食害するブドウトリガの幼虫やハエの仲間の蛆虫が入っていることもあります。 ノブドウミフクレフシだけが色を変えるのか、外の虫も影響を与えるのか、はたまたどちらも全く影響しないのか・・・

PB178634ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 ちなみに手元の図鑑では、
「淡緑色から紅紫色、瑠璃色に熟すが、虫こぶになっているものが多い」
「ふつう昆虫の入った虫こぶとなり、白、青、紫などに熟す」
等となっているだけで、実が熟していく色合いに虫こぶが関係するとは書いてありませんでした。

PB178635ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 本来の実の色は「白」と書いている頁もありましたが、本当でしょうか? 別名のザトウエビ、メクラエビという呼称が、眼の悪い方の眼球の色を実の色に準えたものだとすれば、そうなのかもしれません。

 さぁ、こうなったら人に頼らず、もう一度あの暴れ龍を育て直し、受精したらすぐに細かい網を掛けて虫が産卵できないようにして見守ってみるしかないかな? 今度は肥料の無いゾーンで育てなければ!

P9187375ノブドウ (373x560).jpg
花<2017-09-18狭山丘陵>

【ノブドウ/野葡萄】ブドウ科ノブドウ属 落葉性蔓木本
 別名:座頭エビ(エビ=ブドウの古名)、目暗ブドウ、石ブドウ、馬ブドウ
 分布:日本全土
 花期:7〜9月
 葉は互生、葉と巻きひげ・葉と花序は対生
 葉形:普通3〜5の切れ込み、心形〜深い切れ込み変化多様
 果実:直径6〜8mm ほぼ球形 虫こぶになっているものが多い


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 10:46| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

奥高尾ハイキング

 小仏バス停下車〜景信山〜城山〜日影沢 と 紅葉シーズンで賑わう高尾山の奥の静かな山道を歩いてきました。 色々なイベントと下見が続いて、なかなか更新がままなりません。 詰め切れておらず、いろいろ漏れがありそうですが、見切り更新です。 おいおい訂正・加筆しますね。

PB248914ツルソバ (210x280).jpgPB248912コクサギ (210x280).jpg
【ツルソバ/蔓蕎麦】タデ科 【コクサギ/小臭木】ミカン科
あらら、こんな所に海岸性の植物ツルソバが…どこかから持ち込まれたものでしょう。 白い花被に淡い青色の雄しべの葯がきれい! コクサギの実は、タネの発射台を開いてカウント・ダウン中のようです。

PB248822 (210x158).jpgPB248913 (210x158).jpg
【イロハモミジ】     【イヌブナ/犬橅?】

PB248825コボタンヅル実 (210x158).jpgPB248826センニンソウ実 (210x158).jpg
【コボタンヅル/小牡丹蔓】【センニンソウ/仙人草】キンポウゲ科センニンソウ属
どちらもセンニンソウ属=クレマチス属で良く似ていますが、タネの形や綿毛の長さが違います。(センニンソウの綿毛は未だフワリと開く前)

PB248829ツルリンドウ実 (210x280).jpgPB248909ツルリンドウ実 (210x280).jpg
【ツルリンドウ/蔓竜胆】
蔓竜胆がまるで崩れた斜面を隠すカーテンのように広がって赤い実を付けていました。 今年はツルギキョウばかり見て来たので、ツルリンドウが減っているのかと思いましたが、健在でホッとしました。

PB248831シオデ実 (210x280).jpgPB248833 (210x280).jpg
【シオデ】         【ヤマテリハノイバラ】
サルトリイバラとシオデは草姿が似ていますが、シオデは蔓に刺が無く葉脈は5本が目立ち、実は黒く熟します。(猿採茨は3行脈が目立ち、実は赤く熟す) 山照葉野茨の赤い実をちょいと摘み食い、バラの香りと甘酸っぱさが広がって、ちょっと幸せな気分。

PB248835 (440x330).jpg
【富士山】
西の斜面を駆け上る雲の影が山肌に映って、大自然の息吹を感じました。

PB248840 (440x330).jpg【津久井湖(城山ダム)=上湖】
 城山湖(本沢ダム)=下湖 と ややこしいのです。 名前を付ける時、どんな状況だったのでしょう。

PB248844マルバノホロシ実 (210x280).jpg 【マルバノホロシ】ナス科  
人里では良く似たヒヨドリジョウゴ(全草多毛)が多いですが、山へ来ると無毛で葉に切れ込みが無い丸葉ノ保呂之がみられます。 

PB248842 (210x158).jpgPB248858ナガバノコウヤボウキ (210x158).jpg
【ウリハダカエデ/瓜膚楓】  【ナガバノコウヤボウキ/長葉高野箒】  

PB248874 (210x280).jpgPB248873 (210x280).jpg
【ノハラアザミ/野原薊】【オヤマボクチ/雄山火口】キク科
どちらもキク科で花期は過ぎているのですが、野原薊は未だ綺麗な花をみせていてくれました。 雄山火口は牛蒡に近い仲間で、葉裏の白い綿毛を集めて火熾しの火口にしたり、お蕎麦のツナギに使ったりします。

PB248864サラシナショウマ実 (210x158).jpgPB248866 (210x158).jpg
【サラシナショウマ/晒菜升麻】キンポウゲ科  【ノダケ/野竹?】セリ科
晒菜升麻の実鞘は同じキンポウゲ科のトリカブトやレンゲショウマのものと似ています。
セリ科のタネは、未熟果〜完熟果で姿が変化するので追い切れておらず、葉も残っていない今、不確かです。 来年こそは実りの変化を追ってみたいです。

PB248856オケラ (210x280).jpgPB248862ジャノヒゲ実 (210x280).jpg
【オケラ/朮】キク科        【ジャノヒゲ】
朮の花はもう終わっていて、特徴的な魚の骨上の萼が目立ちます。 ジャノヒゲの実はやがてもっと深い瑠璃色に熟します。

PB248849シロダモ実 (210x280).jpgPB248852ミヤマシキミ実 (210x280).jpg
【シロダモ】クスノキ科   【ミヤマシキミ】ミカン科
遠目ではソックリですが、シロダモの葉にはクスノキ科の特徴の三行脈があります。

PB248907アカネ実 (210x280).jpgPB248900アマチャヅル (210x280).jpg
【アカネ/茜】     【アマチャヅル/甘茶蔓】
アカネの根からはあの夕焼色の染料がとれます。 この黒い実からはどんな色が? 試せるほどに実を集めるのは難しそうです。

壇香梅の鮮やかな黄葉が盛りだったのに、余りにも沢山ありすぎて写真に撮らないままだったことに今頃気づきました。 残念!


人気ブログランキング いいね! 代わりにクリック応援、宜しくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

朝日キラキラの霜

 すっかり眠り込んでいたのか目覚まし時計のアラームも聞こえず、FITの活動日に初めての寝坊! いつもは家を出る1時間半前に起床しているのに、30分でお弁当も何も全部支度して慌てて飛び出しました。 外は一段と冷え込んでいて、こめかみや鼻の先がキーンとする寒さ

 高尾のパウロの森の入口、一面に霜が降りてまるでうっすら雪が積もったような美しさでした。

PB218798 (440x293).jpg
PB218799 (440x293).jpg

 秋だ紅葉だと思っているうちに、冬が確かに忍び寄って来たようです。


人気ブログランキング 1クリック頂けたら、心もホカホカ
ラベル:パウロの森
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

赤い実・ハダカホオズキ

PB148627ハダカホオズキ (207x310).jpg ヒヨドリジョウゴの実に似ていますが、下の写真のようにハダカホオズキは蔓性ではなく、横に広がるように沢山分枝する草姿です。 またヒヨドリジョウゴのようなホコホコした産毛はまとっていません。

 萼は、ほんのり膨らんでいるものの、ホオズキのように実を包むほどには大きくならないず、実がむき出しのままなので「裸ホオズキ」の名を貰いました。
<2017-11-14撮影>
PB148593ハダカホオズキ (373x560).jpg
PB148592 (373x560)ハダカホオズキ.jpg
【ハダカホオズキ/裸酸漿・鬼灯】
 ナス科ハダカホオズキ属 多年草
 分布:本州〜沖縄、小笠原諸島
 草丈:60〜90cm
 花期:8〜9月 花径:約8cm 花色:白〜淡黄色
  実:液果7〜10mm 緑から赤く熟す

 8〜9月頃に咲く、白〜淡黄色の花の様子です。 葉柄の付根から花柄が1〜4本直接伸びます。(枝分かれしない)
P9016330ハダカホオズキ (373x560).jpg
P9016331ハダカホオズキ (373x560).jpg
P9016333 (207x310)ハダカホオズキ.jpgP9016332 (207x310)ハダカホオズキ.jpg
<2017-09-16撮影>

PB058324ハダカホオズキ (207x310).jpg  こちらは「パウロの森」で見て「ハダカホオズキ?」と思って撮影したのですが、実の付き方(実柄が枝分かれしている)、萼の形(下部が膨らんでいない、萼片が残っていて、実との境が一直線になっていない)、実の形(円形、ハダカホオズキは楕円形)が異なっていて正体不明です。 何か近縁種と交雑したのでしょうか?  また行った時、よく観察し直して来ます。
PB058322ハダカホオズキ (440x293).jpg
PB058321ハダカホオズキ (373x560).jpg
<2017-11-05撮影>


人気ブログランキング 1クリックで応援頂けると、またガンバレます ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

花嫁のヴェール・クサボタンの実

 釣鐘型の花を多数つけていた センニンソウ属=クレマチス属のクサボタンが実り、種から伸びていた花芯が長く伸びて、お日様を浴びてキラキラ光る白い羽毛を開いていました。 それはまるで、花嫁さんの繊細なレースのヴェールのよう!

PB028299 (440x293)クサボタン.jpg

PB028266クサボタン (373x560).jpg
これは未だ羽毛が開く前の状態。

PB028267 (373x560)クサボタン.jpg
真っ白な羽毛が沢山集まると存在感が増します。

PB028272クサボタン (440x293).jpg

 お花も負けずに可愛らしくて、青い花好きの私は見つけたら立ち止まらずにはおれません。
P9056516 (440x293)クサボタン.jpg
CIMG3060クサボタン (420x560).jpg
【クサボタン/草牡丹】キンポウゲ科センニンソウ属

P9056517クサボタン (207x310).jpgP9056809 (207x310)クサボタン.jpg
花は全然似ていませんが、葉の形が牡丹ににていることから名付けられたということです。 「百花の王」と言われる「牡丹」は、葉っぱが似ているだけでも特筆すべきことだったのでしょう。 「〇〇牡丹」という名前の多いことは、魚で鯛の仲間でなくとも「〇〇鯛」が多いのと同様でしょうか。


人気ブログランキング 1クリックで応援頂けると、またガンバレます ありがとうございます 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

黄葉紅葉の三頭山

 奥多摩三山(御前山・大岳山)の一つ、三頭山(みとうさん)に黄葉・紅葉・富士山を楽しみにやってきました。 
 下見(2日)・本番(9日)共に、期待通りの富士山に出会えて感激でした!

<コース>
JR武蔵五日市駅−(バス)−都民の森(入口)−森林館―鞘口(さいぐち)峠―見晴し小屋―展望台―東峰―中央峰―西峰ームシカリ峠⇔避難小屋(WC利用)−テラス―三頭大滝―(大滝の道=森林セラピーロード、ウッドチップの道)−森林館−都民の森入口−JR武蔵五日市駅
(歩行距離5.5km 歩行時間約4時間 標高差約540m)


PB028217富士山 (440x293).jpg
【富士山】<記載ナシは2017-11-02撮影>

PB028180 (207x310).jpgPB028179 (207x310).jpg
【ヤマトリカブト/山鳥兜】キンポウゲ科トリカブト属
 実の形はキンポウゲ科の近縁、レンゲショウマ、オダマキにも似ている。

PB028182 (207x310).jpgPB028181フッキソウ (207x310).jpg
【フッキソウ/富貴草】ツゲ科フッキソウ属 
 別名:吉祥草(ユリ科に同名の別種有) 常緑小低木
 よく庭木の下草などに植えられていますが結実することは稀で、この真珠のような実は珍重されるそうで、出会えて幸運でした。

PB028184 (207x310).jpgPB028188カメバヒキオコシ (207x310).jpg
左【ウバユリ/姥百合】ユリ科 
  実の中に詰まった種は風に舞って・・・
右【カメバヒキオコシ/亀葉引起】シソ科 
  花後に紫に色づいた萼

PB028185オトコヨウゾメ (440x293).jpg
【オトコヨウゾメ】レンプクソウ科ガマズミ属

PB028190ニシキギ (440x293).jpg
PB028192ニシキギ (207x310).jpgPB028194リンドウ (207x310).jpg 
上・左【ニシキギ/錦木】ニシキギ科ニシキギ属
右【リンドウ/竜胆】リンドウ科リンドウ属

PB028196マムシグサ (207x310).jpgPB098364 (207x310).jpg
【マムシグサ/蝮草】サトイモ科テンナンショウ属
【ヒトツバカエデ/一葉楓】ムクロジ科カエデ属<11-09>

PB028189 (207x310).jpg
PB028199 (207x310).jpgPB028202 (207x310).jpg
PB098366 (440x293).jpg
<11-09>
PB028200 (440x293).jpg
【紅黄葉で彩られた山や森】

PB028197コアジサイ (210x140).jpgPB028244 (210x140).jpg
【コアジサイ】アジサイ科アジサイ属
【ハウチワカエデ/羽団扇楓】ムクロジ科カエデ属

PB028221御前山? (440x293).jpg
【御前山?】

PB028203大岳山 (440x293).jpg
大岳山 (440x293).jpg
【大岳山】

PB028212 (440x293).jpg
【馬頭刈山】

PB028210 (440x293).jpg
【三峰?】

PB028214三頭山 (207x310).jpgPB028216 (207x310).jpg
PB028224 (207x310).jpg【三頭山・東峰(1,528m)】【三頭山・中央峰(1,531m)】
【三頭山・西峰(1,527m)】の三つの峰を合わせて「三頭山」と呼ばれています。 三角点が東峰にある理由は不明。 東峰と中央峰は数分の距離で殆どの見渡せる場所からは重なって見え、三頭ならず双頭山に見えているそうです。 (まだ私には、三頭山の遠景のどれがどの峰にあたるのかよくわかっていないので、断言は出来ません。)


PB028218富士山 (440x293).jpg
PB028220富士山 (440x293).jpg
PB028227富士山 (440x293).jpg
PB098371 (440x293).jpg
<11-09>この日は棚引く白雲が印象的でした。
【富士山】飽きもせず、またしても何枚も撮っております。

PB028219 (440x293).jpg
【三ツ峠山】先月荒天中止で、本番に行けなかった山

PB028238ガマズミ (440x293).jpg
【ガマズミ】レンプクソウ科ガマズミ属

PB028228ドウダンツツジ (210x140).jpgPB028231 (210x140).jpg
【ドウダンツツジ/満天星、灯台躑躅】ツツジ科ドウダンツツジ属

PB028233 (440x293).jpg
【ミズナラ/水楢】ブナ科コナラ属 
 環境は気候により、黄・赤・茶色と様々な色に染まります。

PB028237 (440x293).jpg
【ブナ/橅】ブナ科ブナ属
 こちらもミズナラ同様、様々な色に染まります。

PB028262 (440x293)イヌブナ?.jpg
【イヌブナ/犬橅】ブナ科ブナ属

PB028235 (373x560).jpg
【ジグザグ?橅】

PB028240 (440x293).jpg
【コハウチワカエデ/小羽団扇楓?】

PB028302 (373x560).jpg
【ムシカリ/虫狩】レンプクソウ科ガマズミ属(旧スイカズラ科ムシカリ属)
 別名:オオカメノキ(大亀の木)
 葉痕の段々が可愛い顔に見えます。

PB028245 (207x310).jpgPB028247 (207x310).jpg
左【カジカエデ/梶楓】ムクロジ科カエデ属
右【シオジ】モクセイ科トネリコ属

PB028250 (373x560).jpg
【沢】
PB028253 (373x560).jpg
【三頭大滝】

PB028259 (440x293).jpg
【コミネカエデ/小峰楓?】ムクロジ科カエデ属
PB028257 (210x140).jpgPB028289 (210x140).jpg
【バイカツツジ?】ツツジ科
【ミツバツツジ?】ツツジ科
PB028277 (207x310).jpgPB028278 (207x310).jpg
左【シロヨメナ/白嫁菜】キク科
右【ヤクシソウ/薬師草】キク科
PB028267 (207x310).jpgPB028300 (207x310).jpg
【クサボタン/草牡丹】キンポウゲ科センニンソウ属 
 仙人草の仲間の特徴の白髭をもつ種

PB028279 (440x293)マルバウツギ.jpg
【マルバウツギ】アジサイ科ウツギ属

PB028281 (207x310)アワブキ.jpg
PB028298アワブキ (440x293).jpg
上【アワブキ】アワブキ科アワブキ属  下【泡吹+瓜膚楓】

PB028295キブシ (440x293).jpg
【キブシ/木五倍子】キブシ科キブシ属

PB028297イタヤカエデ (440x293).jpg
【イタヤカエデ/板屋楓】ムクロジ科カエデ属
PB028296 (440x293).jpg
【ウリハダカエデ/瓜膚楓】ムクロジ科カエデ属
PB028301 (440x293).jpg
【コミネカエデ/小峰楓?】ムクロジ科カエデ属
上の写真を拡大してみましたが、やはりも一つはっきりせず。
PB028293 (440x293).jpg
【オオモミジ/大紅葉】ムクロジ科カエデ属
 このように黄色になるものも、赤くなるものもあり色々。
PB028303 (440x293).jpg
【コハウチワカエデ/小羽団扇楓】ムクロジ科カエデ属

PB098377 (440x293)ダンコウバイ.jpg
【ダンコウバイ】クスノキ科クロモジ属<11-09>

PB028285ウワミズザクラ (440x293).jpg
【ウワミズザクラ】バラ科サクラ属<11-09> 
 特徴的な淡い色合い

PB098374 (210x140)コナラ.jpgPB028292 (207x310).jpg
左【ミズナラ/水楢】ブナ科コナラ属<11-09>
右【アキノキリンソウ】キク科アキノキリンソウ属

PB028290 (440x293).jpg
PB028291 (440x293).jpg
【秋色に染まる山々】

正に秋を満喫のハイキング、カエデの仲間も14種類数えました。 3枚複葉で綺麗なサーモンピンクのメグスリノキ(カエデ属)の葉は何枚も拾ったのに、写真も撮らず持ち帰りもせずで、記録に残せず残念でした。


人気ブログランキング 1クリックで応援頂けると、またガンバレます ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

キッコウハグマ(亀甲白熊)

この日、2年ぶりにキッコウハグマの花に出会えました。 
PB078358キッコウハグマ (440x293).jpg
(この手前の花は、筒状花が2つしか咲いていませんが、通常は3つ咲いて、花弁が全部で15枚に見えます。)

PB148600キッコウハグマ (373x560).jpg
(11-14のハイキングできちんと3つ咲いているのを見つけたので、写真を追加します)

【キッコウハグマ/亀甲白熊】キク科モミジハグマ属
 分布:北海道〜九州
 草丈:10cm程
 花期:9〜11月 先が5裂した白い筒状花が3つ集まった頭花をつける
  葉:地際に輪生状に広がる長い柄を持つ葉の形が亀甲型(変化が多くハート形に近いものもある)なのが名前の由来。 また、ハグマは白熊と書き、白毛のヤクに尾で作った装飾毛のこと。 兜の飾りや、仏具の払子などに用います。 これを赤く染めたものを赤熊(シャグマ)、黒毛のものを黒熊(コグマ)と呼びます。

PA223140キッコウハグマ (373x560).jpg
キッコウハグマはこのような閉鎖花が多く、普通の花の開花はなかなか見ることが出来ません。
 
PA241163キッコウハグマ (373x560).jpg
PA241180キッコウハグマ花 (440x293).jpg
 こちらは2年前に見た花たち。 8ミリ程の小さな頭花、薄暗い場所に咲いていて、風に揺らぎやすく短い時間で急いで撮影するのはとても難しいです。


自然観察ランキング
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

独活(ウド)・独りで活きる

 今年は何故だかとてもウドに惹きつけられて、折に触れ何枚も写真を撮っていました。 実が熟す頃まで待つと、花の頃の感動が失せてしまいそうなので、ここで一度まとめてみました。

 ウドは漢字では「独活」、これは元は生薬名「ドッカツ」(=セリ科のシシウドの根、日本のウド/ウコギ科は和独活で代用とされた)それに日本古来の呼び名「うど」をあてたものです。 

 沢山の小花を沢山の丸い穂(散形花序)にしてあちこちに向けて咲かせている様子は、色々なことに興味を持って頭を突っ込み、沢山の方々に支えて頂きながらも我が道を独りで活きてゆく己の姿に重なります。 

P9106914ウド (440x293).jpg
未だ固い蕾をぎっしり抱く<2017-09-10 練馬・畑> 

 この蕾も食べられるのだそうです。 ウコギ科特有の香り、いいですよね〜 こういうアクのあるものは天ぷらにすると最高です。 私は八百屋さんで売っているタラノメよりは、ウドの芽の天ぷら方が美味しいと思います。 

P9106916ウド (207x310).jpgPA288115ウド (207x310).jpg
固い蕾と膨らんで開いてきた蕾の穂<2017-09-10 練馬・畑>

 「芹」「蕗」「独活」、シャキシャキとして香りのよい山菜は、家人も大好物でした。 好きな食べ物が同じって、一緒に生きていく上で大事なことですよね。 これからも喜ぶ面影を胸に一緒に食べていきたいです。

P9237391 (207x310)ウド花.jpgP9016413 (207x310).jpg
蕾<2017-09-23練馬・畑> 開花<2017-09-01高尾・自生>
P9016412ウド (373x560).jpg
開花<2017-09-01 高尾・自生> 
柔らかな雰囲気の栽培種に比べ自生種は凛とした野生の強さがあります。

同じウコギ科のヤツデの花とも似ていますね。
PA288117ウド (373x560).jpg
P9287476 (373x560)ウド花.jpg
P9287475 (373x560)ウド花.jpg
PA288131ウド (373x560).jpg
開花〜花のアップ<2017-09-28 練馬区>

PA047647ウド (373x560).jpg
実りの始まり <2017-10-04 裏高尾> 

PA288116ウド (373x560).jpg
充実してきた実 <2017-10-28 高尾> 

【ウド/独活】ウコギ科タラノキ属
 分布:北海道〜九州 
 花期:8〜10月 雌雄異花・同株
 草丈:1〜1.5m
 葉:互生 2回羽状複葉 細鋸歯 細毛有
 茎:太く固い 剛毛有
 利用:食用、薬用
 和名由来:埋土、埋所、空穂土、動くひとりでに、など諸説
 その他:捨てる部分が無い程に有用な植物だが、草丈高く茎太いにもかかわらず、柱などの用途には役に立たないことから「独活の大木」という不名誉な言葉が生じた。


人気ブログランキング 1クリック応援、宜しくお願いいたします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

森のナメコたち

 パウロの森の中、地面に半分埋めた桜の榾木にナメコが生えて来ていました!

PA318161ナメコ (440x293).jpg
 このぐらいの幼菌の姿は、お店で売っているナメコにちかいですが、

PA318159ナメコ (440x293).jpg
PA318160ナメコ (373x560).jpg
 このくらい育ってしまうと、森で見かけても私にはナメコとは分からないです。 でも、美味しそうな雰囲気は伝わって来ます! これ以上開いてしまうと美味しくないのだそうで、収穫しお土産に頂いて帰りました。(これは菌を植えつけて栽培しているものです。 似たようなきのこをみかけても専門家のお墨付きなしでは決して食べないでください。)

 さてお料理する前に、まじまじと観察・・・う〜ん、森のい〜い香りが漂います。
PB068328ナメコ (210x140).jpgPB068329ナメコ (210x140).jpg
PB068330ナメコ (373x560).jpg
 小さな傘の部分だけ摘み取った姿とは違って、ちゃんときのこらしいきのこなんですね。

 きのこ研修で教えて頂いたように、熱湯を回しかけて浸し、手で触れるぐらいに冷めたら良く汚れを降り落とし、水がきれいになるまで何度か水を変えて下ごしらえ。 すると、例のぬめりのある見慣れたナメコの状態になりました。

PB068332ナメコ蕎麦 (440x293).jpg
 思い切って贅沢なナメコ山盛り蕎麦を作ってみました。 新鮮なナメコは香りも旨味もたっぷり肉厚な噛みごたえもたまらない素敵な一品でした。


人気ブログランキング 1クリック応援賜れば、更新の励みになります。 ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

カワイイのに掃溜菊

 気の毒な名前を付けられた植物は数多いですが、この可憐な小菊もその内の一つ。 牧野富太郎先生が世田谷の掃き溜めで発見、命名されたという熱帯アメリカ原産の帰化植物です。 花径5ミリ程と、とても小さいので見かけていても、その可愛らしさに気づかれないことも多いかもしれませんが、よ〜く見て頂ければなかなかチャーミングなこと、お分かり頂けると思います。

PB058327ハキダメギク (440x293).jpg
P9106920ハキダメギク (440x293).jpg

真ん中の部分は更に小さな黄色い筒状花の集まりで花手毬のようです。 その周りに先が三つに切れ込んだ白い舌状花が5枚、綺麗に縁取っています。 こんな小さな世界でも手を抜かない美しさ! ついつい見惚れてしまいます。

PA288136ハキダメギク (440x293).jpg

【ハキダメギク/掃溜菊】キク科コゴメギク属 
 原産地:熱帯アメリカ(ブラジル、ベネズエラ等)
 分布:大正末期〜明治初期に東京に上陸 関東以西の都会・住宅地・その近郊農地など
 花期:6〜11月  
 花径:5ミリほど


自然観察ランキング 1クリックで応援頂ければ、更新する励みになります。 ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

アサギマダラ・幼虫

 浅葱色と言えば、私が真っ先に思い浮かべるのは新撰組の袖口に白い山形の段だら模様が入った羽織の色(当時既に下級武士の用いる羽裏の色で野暮ったい田舎者のイメージだったとか、切ないなぁ)です。 浅葱とは今でいうワケギとか青ネギとかの株立ちする青ネギの仲間です。 やや緑を含んだ水色の色合いが若いネギの葉色に似ているからこう名付けたのでしょうか? ごく薄い藍染めの色のことで、藍染は空気に触れる前は緑色をしているのですが、その時の色が浅葱に似ているからなのかも?などと想像しています。 また、話が横道にそれましたね・・・

<2017-10-31撮影>
PA318304 (440x293).jpg
その浅葱色を幼虫の頃から備えている、アサギマダラの未だ1cmにも満たない幼齢幼虫です。 (拡大写真)

PA318156 (440x293).jpg
 食草はガガイモ科の植物(アルカロイド系の毒素を体内に貯め込む為)で、ここ高尾山域ではよくキジョランの葉裏でみつかります。 幼齢幼虫は、先にこのような1cm径くらいの丸い輪を描いて傷をつけ、しおれて柔らかになった内輪の部分を食べていきます。 

 これは毒素を遮断しているのだとの説も聞きましたが、毒素を取り入れるために食べているのに遮断するかしらん? 終齢幼虫に近づけば、こんなことはせずに端からバリバリ食べますので、やはり幼い内は萎れさせて食べやすくしているのではないかな、若しくはやはり体が小さい内は毒が強すぎるので少し絞り落としているのかもしれませんね。

どちらにしても、大した知恵だと感心します。 やはり蝶の中でも知能レベルが高そうです。


自然観察ランキング お役に立てました折は、1クリックで応援を頂けますれば、歩みゆく元気が湧いて参ります
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする