2015年02月28日

森林塾 体験会

 憧れの森林インストラクター東京会(FIT)の森林塾の体験会に参加してきました。

 先ず頭に手拭を巻きヘルメットをかぶり、首にはタオル、手には作業手袋、腰には大鋸と手鋸の2丁をぶら下げ、イザ山へ出発!

 山のお薬師様で作業の安全をお祈り。 年初めに切株を飾って安全祈願の祝詞を奉じた跡を興味深く拝見。 来年は是非、私もこのお祈りに参加してみたい。 

 作業場所へ向かう途中、小熊が木に攀じ登って食事をした跡「熊の棚」を教えて戴き感動、またあちこちにイノシシが食べ物を探して掘った穴、ウサギなどのフン・・・この山で生きている動物達の息吹を感じる。 

 今まで、庭の木を伐ったり、キャンプクラフトを作ったりでノコギリを使ったことはあるものの、きちんと使い方を習ったのは初めて。 急で柔らかな斜面は足場の確保も難しく、力を入れると段々と足がめり込んだり位置が変わったりで、常に自分の身体の中心(おへそ)に向かって真っすぐ同じリズムで引き続けるのはなかなか大変。 切り口を見れば、仕事の経過や質がしっかりと出ていて・・・。 どんどん作業に参加して腕を上げていきたい。
 
DVC00561.JPGDVC00560.JPG
午前中のノコギリ講習・垂直伐りと水平伐りを終えて、ガテン属のお昼休み

午後はヒノキの間伐。 生きた木を一本、皆で力を合わせて切り倒す。
FITsinrinjuku.jpg
伐った木をきちんを定めた方向に倒すには、最初に鋸を水平に入れる向きが大事。
倒す位置の目印に向けノコギリを入れる人・ノコギリの方向にずれが生じていないか上から見る人

FITsinrinjuku1.jpg
伐り倒した木の枝を払い、皮むき作業の場所へ皆で力を合わせて引き上げる

ズシ〜ンと木が地に倒れる時の音はまるで猛獣を打倒したような重々しさ。
枝枝を払っていく様は、その獲物の手足を切り取っていくよう。
やがて皮を剥くと、既に春の水を吸い上げていた樹液が噴き出し顔に跳ねる!
赤い表皮の下からは艶めかしい肌色が現れてハッとする。

今に先輩方のように木にするすると登ってロープをかけられるようにもなるのだろうか?
山の中で汗を流して働く作業は清々しく、どんどん嵌って行きそうな予感。

(安全確保の為、作業中の写真撮影などは禁止されていましたので、主催側で撮影してくださったものを使用させて戴いています。 で、珍しく山桜、写っております。 昼休みの写真は山桜撮影。)
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 森林保全活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする