2016年11月11日

ヒラリー氏の敗北宣言 全文

一人一人の、特にこれからを担う若者・女性・少女たちの胸に語りかけるように、一言一言に気持ちの込められた素晴らしいスピーチに、胸がいっぱいになりました。 ここまでくる遠い遠い道のり、彼女は自分の信念を貫き通す為に、成功の陰でどれだけの努力と痛みと挫折を積み重ねて来たことか。 それでも、自由の国アメリカでも、ガラスの天井を突き破る夢は叶いませんでしたが、このスピーチによって癒され鎮められ、また新しい力がふつふつを湧いて来た多くの人々と共に、また彼女は「自分の信じる善」の為に歩み続ける事でしょう。 

和訳はあちこちに出ていますが、英語原文が消えてしまう前に保存しておきたくて、急いでネットニュースから探し出してきました。 沢山の英文を見るとたじろいでしまいそうになりますが、一つ一つの文章を追っていくと、誰にでも分かり易い平易な言葉、言い回しが用いられていることが分かります。 英語が母国語でない人も含め全ての人に伝えたい気持が溢れていて流石だと思います。 

          *          *          *

Hillary Clinton's concession speech in full:

Thank you, my friends. Thank you so very much for being here. And I love you all, too!

Last night I congratulated Donald Trump and offered to work with him on behalf of our country. I hope that he will be a successful president for all Americans. This is not the outcome we wanted or we worked so hard for, and I am sorry that we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.

But I feel pride and gratitude for this wonderful campaign that we built together, this vast, diverse, creative, unruly, energised campaign. You represent the best of America, and being your candidate has been one of the greatest honors of my life.

I know how disappointed you feel, because I feel it, too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be for a long time.

But I want you to remember this: Our campaign was never about one person or even one election. It was about the country we love and about building an America that's hopeful, inclusive and bighearted.

We have seen that our nation is more deeply divided than we thought, but I still believe in America, and I always will.

And if you do, then we must accept this result and then look to the future. Donald Trump is going to be our president. We owe him an open mind and the chance to lead.

Our constitutional democracy enshrines the peaceful transfer of power, and we don't just respect that, we cherish it. It also enshrines other things − the rule of law, the principle that we are all equal in rights and dignity, freedom of worship and expression. We respect and cherish these values, too, and we must defend them.

And let me add, our constitutional democracy demands our participation, not just every four years, but all the time.

So, let's do all we can to keep advancing the causes and values we all hold dear: Making our economy work for everyone, not just those at the top, protecting our country and protecting our planet, and breaking down all the barriers that hold any American back from achieving their dreams.

We've spent a year and a half bringing together millions of people from every corner of our country to say with one voice that we believe that the American dream is big enough for everyone, for people of all races and religions, for men and women, for immigrants, for LGBT people and people with disabilities, for everyone.

So, now our responsibility as citizens is to keep doing our part to build that better, stronger, fairer America we see, and I know you will. I am so grateful to stand with all of you.

I want to thank Tim Kaine and Anne Holton for being our partners on this journey. It has been a joy getting to know them better, and it gives me great hope and comfort to know that Tim will remain on the front lines of our democracy representing Virginia in the Senate.

To Barack and Michelle Obama, our country owes you an enormous debt of gratitude. We thank you for your graceful, determined leadership that has meant so much to so many Americans and people across the world.

And to Bill and Chelsea, Mark, Charlotte, Aiden, our brothers, and our entire family, my love for you means more than I can ever express. You criss-crossed this country on our behalf and lifted me up when I needed it most, even four-month-old Aiden, who traveled with his mum.

I will always be grateful to the creative, talented, dedicated men and women at our headquarters in Brooklyn and across our country. You poured your hearts into this campaign.

For some of you who are veterans, it was a campaign after you had done other campaigns. Some of you, it was your first. I want each of you to know that you were the best campaign anybody could have ever expected or wanted.

And to the millions of volunteers, community leaders, activists and union organisers who knocked on doors, talked to neighbours, posted on Facebook, even in secret, private Facebook sites, I want everybody coming out from behind that and make sure your voices are heard going forward.

To everyone who sent in contributions as small as $5 and kept us going, thank you. Thank you from all of us.

And to the young people in particular, I hope you will hear this. I have, as Tim said, spent my entire adult life fighting for what I believe in. I've had successes and I've had setbacks, sometimes really painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers.

You will have successes and setbacks, too. This loss hurts, but please, never stop believing that fighting for what's right is worth it. Nothing has made me prouder than to be your champion.

Now, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday, someone will, and hopefully sooner than we might think right now.

And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.

Finally, finally - I am so grateful for our country and for all it has given to me. I count my blessings every single day that I am an American, and I still believe as deeply as I ever have that if we stand together and work together with respect for our differences, strength in our convictions, and love for this nation, our best days are still ahead of us.

Because, you know I believe we are stronger together, and we will go forward together, and you should never ever regret fighting for that.

You know, Scripture tells us, "Let us not grow weary in doing good, for in due season we shall reap, if we do not lose heart."

So, my friends, let us have faith in each other. Let us not grow weary. Let us not lose heart. For, there are more seasons to come, and there is more work to do.

I am incredibly honored and grateful to have had this chance to represent all of you in this consequential election.

May God bless you, and may God bless the United States of America.

テレグラフ・ニュース(http://www.telegraph.co.uk/news/2016/11/09/hillary-clintons-speech-in-full/)より引用
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

「まさか」の・・・

 トランプ(切り札)と言う名前が良かったのか、登場時点ではただの話題作り候補かと思われた彼が、「まさか」の次期アメリカ合衆国大統領に当選してしまった。 ご本人にとっても「まさか」だったのではなかろうか・・・いやいや、こうなってしまった以上、そうでないこと=「本気」を祈るばかりだ。

 並べて比較するのは憚られるが、あの青島幸男氏が東京都知事に当選してしまった時、あの民主党が政権をとってしまった時、と同じ空気を感じた。 都民の、国民の、良識ある判断を信じていた私は、「まさか」の結末に唖然とした。 あの時の青島氏、菅氏も「まさか」の事態に、これからどうして行こうかと困惑しているように見えた。 

 イギリスのユーロ連合離脱の是非を問う国民投票の顛末に引き続き、世界の大きな体制を揺るがしかねない「まさか」がまた現実となってしまった。 結果が出た後、勝ち組に投票した人の中にも「まさか」が顔に浮かんでいたことも、みな共通している。 現政権への不満の表明、お灸をすえたい気持ちを込めた反対票が、本当に自分の乗っている船を転覆の危機にさらしてしまうとは思ってもいなかったのだろう。

 それにしても一体、今年は何と言う年なのだろう!?
今、自分が立っている、「まさか」の「足元が大きく揺らぐ」ようなことが次々と起こっている。

 熊本、エクアドル、イタリア・・・大きな被害を出した地震、また竜巻・洪水などの風水害などの天変地異と呼ばれるような酷い災害も続き、今なお平常な暮らしに戻れない方が大勢いらっしゃる。 

 一方、運転中のポケモンGOや、まるでキャンプファイヤーの点火装置のような「アート」の危険性に思いが及ばない感性の鈍り、気の緩みが大切な命を奪っていく人災。 博多駅前通りの道路が陥没していく実写は、先日見たばかりの「シン・ゴジラ」の中のシーンかと見紛うようで、とても日本で本当に起きたこととは思えなかった。 

 一つ間違えば、あっという間にこのような事態に陥るような社会基盤の上に暮らしているのかと思うと、空恐ろしい。 東京の地下もミルフィーユのように地下通路が重なっている上に、最下層は地下水で浮き上がっているとも聞くが、見えないことには人は鈍感だ。 「大地震の時、頑丈に作られている地下の方が安全だ」というのは、本当なのだろうか? 国家機密があるとか、また、徒に不安を煽ることを避けているのかもしれないが、CGで作成したものを見せ安全性を証明して貰えれば不安も解消されると思うが・・・。
 
 豊洲の地下空間ですら未だ靄が晴れない今、望むべくもないのだろうか。 
posted by 山桜 at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

天皇陛下お気持ちの表明


平成二十八年八月八日

象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉(全文)
  
 戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 
 国民の理解を得られることを、切に願っています。

         *          *          *
  
 テレビの中からとはいえ、天皇陛下の真正面で一人お言葉を拝聴していて、これほどまでに陛下に愛して戴ける日本国民であることのありがたさに胸がいっぱいになりました。 

 そして事ある毎に日本国民の節度ある姿勢が称えられることの多いこの頃ですが、陛下や皇室の方々のわたくしたちへの祈り、思いに恥ずかしくない生き方をしようとの気持が、知らず知らずわたくしたち一人一人の心の奥底に芽生え息づいているのではないかと思い至りました。 国民の象徴として、生き方のお手本として、皇室の方々を仰げる幸せは、何とありがたいことなのでしょう。

 天皇陛下のお務めは、表に出ることでは、国事行為や式典へのご参加、各地のご訪問慰問、伝統行事の継承、専門のご研究などがありますが、何と言ってもその本来のお姿は、神様との仲立ちをされる日本第一の神官であられることと伺いました。

 「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくこと」というお言葉の中に、人目及ばぬ宮中の奥で陛下が全身全霊をもって祈りを捧げていらっしゃるお姿が浮かびます。 お心の内を想像するなど畏れ多いことですが、近年の天変地異に苦しむ国民の姿に、ご自分の体力の衰えにより祈りの力が及ばなくなっているのではないかと苦しまれ、若い力の支えを強く希望されているように、わたくしには思えてなりません。

 一方、現実的見地からすれば、この時期にお気持ちを表明されたことは、4年後の東京五輪開催にご健康問題の影響が及ぶことをご心配されてのことがあるのかもしれません。 昭和天皇陛下御崩御の際、一切のお祝い事自粛の流れがあったことを考えれば、そのようなことは何としても避けねばならないとのお気持ちを抱かれるのは自然なことと思います。

 わたくしの想像などではなく、発表の日付まで末広がりの八揃いの日を選ばれ、日本国民の安寧を祈ってくださる、天皇陛下の本当のお気持ちに応えることのできますよう、関係各位のご努力を切にお願い申し上げます。

                      山桜 拝 
タグ:皇室
posted by 山桜 at 18:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

「そなえよつねに」

 「そなえよつねに」= "Be Prepared" は、ガール・スカウト(ボーイ・スカウト)のモットーです。
 
 小池百合子新東京都知事の座右の銘が「そなえよつねに」と伺い、中3までの少女時代にガールスカウトに所属されていたことを公には口にされなくとも、今もスカウト精神を心の中に抱き続けている証を見せて戴いたようで、嬉しくなりました。

 「女性活躍社会」などと打ち出されていても、女性が強く前に出てくると、それだけで拒否反応を見せる殿方がまだまだ多くいらっしゃいます。 そんな世の中を「政界渡り鳥」と揶揄されながらも、しなやかに風を読み良い風に乗って渡りながら力を蓄え、発揮できる時を待っていらしたのだと思います。

 ガールスカウトの約束の中にある、「人に役立つことを心がけ」の言葉も必ず小池さんの心の中に息づいていることと信じています。

 「ひとたび掟誓いしスカウトは、永久にスカウト」なのですから。

 *           *            *

 都知事選の期日前投票を済ませて、長年身の内に抱いて育てて来た正に「懐石?」を摘まみ出して戴く為、暫し籠の鳥になっており、出遅れた話題となりました。 8月は野外は殆どお休みを戴き、久しぶりにゆっくり過ごす予定です。 ブログも更新が追い付くかなぁ・・・ 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

熊本物産購入で支援

東京で熊本産の物を購入できるお店があります。

 dl_kuma05.gif

銀座・熊本館」 

熊本に関する情報も満載ですので、是非、サイトをご覧の上、近在の方はお出掛けになってみてください。

現在は殆どが在庫切れのようですが、通販部もあります。 入荷の折にはどうぞよろしくお願い致します。

募金するのも一手ですが、買うことで地元の産業を支えるという支援方法もあると思います。

posted by 山桜 at 22:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

建国記念日に寄せた校長先生のブログ

 愛知県一宮市の市立中学の校長先生が建国記念日の由来について中学生に語りかけるように書いたブログにクレームが入り、教育委員会の指摘を受けて削除されてしまいました。 その全文が産経新聞に掲載されていました。 下の産経新聞のリンク先記事からこちらに引用いたしました。 是非、私のコメントなどの先入観なしに一度読んで戴きたいと思います。

 そもそも、建国記念日にその由来を教えない国が世界中のどこにあるでしょうか? 多感な中学生という年頃に、このような素晴らしい校長先生の教えを受けられる子等は幸せです。 

 
 ≪愛知・一宮市立中学校長のブログ全文≫

 2月11日は建国記念日です。そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が始まりです。世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられました。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。

 仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。

 税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。天皇は衣を新調されず、茅葦屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。
三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたということです。

 「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」

 そして、一緒におられた皇后に「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。

 皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」

 すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿ができあがったといいます。

 この話は神話であり、作り話であるという説もあります。しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。

こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。

 「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい。ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非食糧援助をお願いしたい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。

 それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、「私は初めて神のごとき帝王を見た」と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を取ったのです。

 このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。

 日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。

古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ国家であったのです。

 私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。(原文のまま)

posted by 山桜 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

2020東京五輪決定!万歳!!

”TOKYO 2020!!”
DVC00578.jpg

 遅くに帰宅してからも全然眠れず、ドキドキドキドキ…し続けながら待ち続け、とうとうその瞬間(5:20)の感激を味わうことが出来ました!

 やった〜〜! バンザ〜イ!!\(^o^)/
 (T0T) な、涙が・・・


 高円宮久子妃殿下の美しい微笑みを湛えたフランス語と英語のメッセージから始まった東京のプレゼンテーションは、委員の皆さんの熱い思いが伝わって来て、手に汗・目に涙で心震わせながら一緒に舞台に立っているような気持でおりました。 日本中で同じような気持ちで見守っていらした皆さんと喜びを共有できて、本当に嬉しいです!
 
 一生懸命に力を尽くして、大きな夢を実現した人の涙は美しい!  私も例え小さな夢でも、一生懸命に取り組んで、いつの日かあのような嬉し涙を流してみたいです。

 マドリードもイスタンブールもかつて訪れた魅力あふれる都市です。 でも、東京は、世界でただ一つの私の生まれ故郷! 自分のふるさとでオリンピックが開かれる…なんという幸せでしょう! ああ、空も明るくなって来ました。 お日様、ありがとうございます! 東京にオリンピックが参ります!

 色々なご意見もあるでしょうが、これで日本がもっともっと元気になることは間違いありません。 気持って大事ですよね。 気持を一つにして、この夢を実現できたことが何よりの証拠です。 原発のことも世界に向けて安倍首相が約束したのですから、東電まかせでなく、国を挙げて解決に全力を注ぐでしょう。 この危機を克服すれば、世界中で原発を抱えている国々にとっても大きな支えになり、日本への信頼も大きく増すでしょう。 廃炉へ向けての技術開発でも先頭を切って進みつつ、それまでの万全の安全稼働と代替エネルギー開発もたゆみなく進めて欲しいです。

世界に誇れる、身も心も「美しい国、日本」である為に、教育が何より大切です。 大人が襟を正し、毅然として手本を示せる存在であり続けたいと思います。 ああ、もう、眠れそうにありません。 今日も一日元気にガンバリま〜するんるん
posted by 山桜 at 05:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ご神体に畏れを知らぬ登攀者

 折しも日本列島に大災害が渦巻き、何とか荒ぶる神々にお鎮まり戴こうと人々が真心を込めて祈りを捧げている最中、那智熊野大社のご神体である一の滝にカムを打ち土足で攀じ登って穢す者が現れた。 何と愚かしい所業であることか。

 ご神体を穢したのは、登山界のアカデミー賞とも評される「ピオレ・ドール(金のピッケル)賞」を日本人で初めて受賞した世界的クライマーの一人という。 それ程の人物が、大自然に対して己が力で挑戦してきた経験の中で、人智を超えた大自然の力への畏敬の心を育めなかったのだろうか? ご神域に近づく時、その畏れ多さに身が引き締まり、自然と頭を垂れ崇敬の心が湧き上がるような感覚を、持つことは出来なかったのだろうか?  人々が長い長い年月大切に守ってきた禁足を破ることに心の痛みを覚えなかったのだろうか?  彼には誰にも分かりやすいような天罰が下ることはないかもしれないが、神が彼を選んで与えた試練に立ち向かっていかねばならぬことだろう。

 神の力は人々の心映えによって良きにも悪しきにも傾くと私は思う。 人々の心が穢れ荒み、その澱みが溜まりに溜まればいつしか和魂を荒魂が凌駕する。 それは氏子の方々の日々の精進だけでは抑えきれぬ図りきれない大きなうねりとなり、自然の理によって力の噴出しやすい地域を襲う。 我々一人一人の穢れの積み重ねが遠き地の見ず知らずの多くの人々の命を奪うことになるやもしれぬのだ。 私たちの祖先は、生きている限り穢れは身に纏わりつき積もるものと知っていたが故に、祓い給え清め給えと祈り、心して清浄でありたいと努めてきたのだ。 現代、多くの日本人は、そのことを教えられず知らず過ごし、罪穢れを溜め込みすぎた。 今一度、清く正しく神に恥じない生き方というものを思い出したい。

 不慮の事故や災害により、この世の命が或る日突然の終焉を迎えてしまった方には、次の世での大切なお役目が近いのだと信じたい。 紙一重で生きながらえた方には、まだこの世で果たすべき役目があるのだろう。 どちらが幸せで不幸せかは分からない。 己次第でどちらにもなる可能性がある。 それぞれの世で生かされた命を精一杯生ききるだけだ
posted by 山桜 at 17:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

豪雨台風12号


 清里行の途中ながら、刻々と入るノロノロ豪雨台風12号による多大な被害状況…気持ちが旅記録の更新に向かいません。 年初にこの兎年は余りよくない事が生じるとは聞いていたけれど、これ程までに前代未聞の事態が続くとは、想像を遥かに越えていました。

 那智勝浦も新宮も3月に訪れる予定で宿やバスの予約もしていた所です。 熊野の那智大社にも土砂が流入。 程なく訪ねたいと思っていましたが暫くは叶わないかもしれません。 奈良の長谷寺や吉野の金峯山寺も被災。 懐かしい訪問地やネット友の縁の地の名をこうしたニュースで聞くのは辛いものです。 まだまだ被害状況さえ伝わって来ていない被災地もあるかもしれません。 どうかこれ以上の被害が広がりませんように…。

 結納の日に亡くなった娘さんとそのお母さん、二人を失いながら災害対策の陣頭指揮をとる父であり夫である町長さん、土砂にのまれる寸前に窓から息子を逃したお母さん…ほんの数日前まで、まさか我が身にそんなことが降りかかろうとは思いもしなかったことでしょうに。 

 この台風の中、北海道を旅してるケロは、今日もなんとか無事宿に着いたと連絡がありました。 何もかも順調な旅よりも、色々な困難に遭ってその都度判断しながら必要に応じて予定変更等もし、何とか乗り越えた旅の方が後々の糧となるもの。 思えば私もあちこち放浪しては、随分親に心配かけたもので、因果応報かな。 自分の育てた子を信じて待つより他ないですね。 
タグ:台風
posted by 山桜 at 17:03| Comment(16) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

大揺れ地震!

とりあえず、現在、お蔭さまで無事でおります。
家族とも連絡がとれました。 電車が終日運行停止と決まったので
帰宅は叶いませんが、それぞれ宿泊場所は確保できたようです。 
主人の母とは電話で一度話せましたが、その後は繋がりません。
171伝言ダイヤルを残しました。 伝言再生ができるかどうか…
実家は、旅行中の父以外は無事を確認できました。

   緊急用ダイヤルで伝言を残す 171+1+電話番号
   緊急用ダイヤルで伝言を再生 171+2+電話番号


地震は庭にいる時に発生しました。
暑いほどの日差しが眩しい晴天から、一転、かき曇り気温が下がり、
雷でも来るのでは…と怪しんでいると、聞いた事の無い唸るような不気味な音、
キ〜ンと耳鳴りが押し寄せました。
続いてガレージの屋根がミシミシと軋む音、風が出てきたのかと思う間に、
足元が波打つように揺らぎ、吊り鉢が大きく揺れ始め、
「地震!!」
と気付きました。

道の真ん中へ立ち、家が揺れ、電線がバサバサとぶつかり合う様子を
見守る間の不安感は例えようもありません。
嵐の海の船のように、大きな横揺れが長く繰り返し押し寄せました。 
どうか家が崩れたりしませんようにと祈るばかりでした。

丁度、宅配便の集荷をお願いし梱包をしていた時でしたので、
宅配便の運転手さんが来てくれ、話が出来、少し救われました。
ご近所はみなさん不在の様子で、この一角に一人きりで周りの家々の
揺れをも見守っていましたので… 

いざ宅配便の宛名を書こうとして、手が小刻みに震えていることに
気付きました。 冷静になろうとしていても、体の反応は別物でした。

未だに余震が続いていて、船酔い状態も動悸も耳鳴りもおさまりませんが、
家の中では本が棚から落下したり、立て掛けてあった額が倒れたり
したものの、食器などの破損も無く、被害は殆どありません。

福島・宮城・茨城などの被害の大きさを知り、どれだけ恐ろしいことかと…
実際に自分が経験してみて初めて、大きな地震の恐ろしさが成すすべの無さが
身に染みました。 被害に遭われた方々の一刻も早い救済を祈っています。

それでは、次に備えて、すべきことを考えます。

お心配り下さった皆様、ありがとうございました。 
携帯など未だ繋がり難いようですが、山桜は無事です。
posted by 山桜 at 18:26| Comment(19) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

阿久悠さん逝く

 8月1日、梅雨明けの夏の空へ、阿久悠さんが旅立ってしまいました。

 今朝から繰り返し繰り返し、阿久悠さん作詞の歌がメドレーとなって流れてきます。 どの曲にもその時代時代の自分の姿、思い出が重なり、じんわりと涙がにじんで来ます。 テレビ画面がぼうっと霞んできます。

 最近娘に連れられてカラオケに行くことがあります。 「知っている」と思って歌い出してみても、実は「サビ」の部分しか分らない曲が多く、うろたえることが度々あります。 けれども、こうして今流れてくる歌を聴いていると、阿久悠さんの歌は違います。 スラスラと歌詞が口をつき、その情景が鮮やかに浮かび上がってきます。

 ♪上野発の夜行列車降りたときから 青森駅は雪の中…

 こんな真夏の暑さの中というのに、私は忽ち雪の青森駅に立ちすくみ、無口な人の群れを見送り、海鳴りだけを聞き…一人連絡線に乗り込み…凍えそうな鴎みつめ…泣いて…います。

 グループサウンズからポップス・演歌まで、幅広いジャンルに歌詞を提供され、ピンクレディーの歌のような独自の世界をも生み出せる豊かな才能には、今更ながら驚くばかりです。

 それらの歌を聞き作詞リストを眺めながら、今頃初めて気付いたのですが、5000曲以上もの歌詞を書きながら、あの「山口百恵」に書いた歌が一つも見当たりません。

 阿久悠さんは、「スター誕生」の審査員で「花の中3トリオ」とも馴染みが深く、他の二人・森昌子・桜田淳子の為にはいくつも歌を書いているのに、どうして山口百恵にだけは書かなかった(?)のでしょう。

 確か阿久悠さんは、山口百恵を評して「時代と寝た」というような発言をされていたと記憶しています。 山口百恵は最初の頃、多分本人の意思とは関係なく、清純路線の容姿のまま(なにしろ中学生でしたから!)きわどい歌詞の歌を歌わされていましたが…。

 そんなことを思いながら、阿久悠さんの盟友、作曲家・都倉俊一さんの追悼談話を読んでいると、

 『命のある限り、いい詩(うた)を書こうと、いつも心掛けているのを感じていました。 日本語の美しさとか、「こういう風にあるべきだ」と日本の音楽界を憂えたり、「正しい筋道をつけてあげないとだめだ」と僕に言っていましたね。』

という箇所をみつけました。 若しかすると阿久悠さんは、山口百恵に対して大人が敷いてしまったあの路線、あのような売り出し方を、心の中で苦々しく思っていらしたのかもしれませんね。


 産経新聞にこの6月まで「阿久悠 書く言う」というコラムが連載されていて、私はその辛口で小気味良い文章を楽しみにしていました。 前触れも無く終わった連載をいぶかしく思っておりましたが、このコラムが連載当初から「遺言」と意識されて書かれてきたことを今日知りました。 最後の力を振り絞って紡ぎ出された阿久悠さんの「遺言」。 私は今、「夕鶴」のおつうさんが飛び去った後、ぽつりと残された与ひょうのような気持です。

 厳つい顔の白い鳥…ヤマトタケル?
 なるほど良い歌を残した訳です。 


 阿久悠さんの最後の原稿、冒頭にはこうありました。  合掌

 国会が乱れている。 国会が乱れているということは、国全体が乱れているということである。 主権者であるとされている国民は、国会が乱れてくると、誰もかもが困ったものだと議員たちを責めるが、その議員を選んだ反省を口にするものはいない。
 主催者が突然傍観者になり、評論家になるのである。
「私が一票を投じた人があんな悪いことをして、誠に申し訳ない」
と泣いた主権者を見たことがない。 これでは永久に民主主義は機能しない。


  「阿久悠 書く言う」より抜粋 平成19年6月9日 産経新聞朝刊掲載

 
banner_04.gif人気blogランキングへ ←ポチッと応援、感謝感激るんるん
posted by 山桜 at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする