2006年10月30日

菊花の契り

 重陽の節供、菊花の日、というと思い出す物語があります。


     『菊花の契り』
                 「雨月物語」より 作・上田秋成

 (あらすじ)

   「軽薄な人と結ぶことなかれ」
  父のこの遺言を胸に、大好きな学問に励みつつ、賢く芯の強い
  母と慎ましく暮らしていた左門は、ある日ひどい熱病に伏した
  武士・赤穴(あかな)宗右衛門の看病をすることになります。

   宗右衛門は、旅をしている間に主の城が敵の手に落ちてしまい、
  急いで駆けつけようとした途中で病に倒れてしまったのです。

   やがて二人はお互いの学問の深さ、信義の厚さに感じ入り、
  「兄弟の契り」を交わすまでになりますが、病が癒えたある日
  宗右衛門は、どうしても城や仲間の様子を知りたい、九月九日の
  「菊花の日」までには必ず帰るからと固い約束を言い残して、
  旅立ちます。

   しかし、故郷で身を寄せた従兄弟は既に敵に服従しており、
  宗右衛門を座敷牢に閉じ込め降伏を強います。 降伏も逃亡
  することも出来ず、必ず帰ると約束した期日は迫ります。

   ついに宗右衛門は生身の体では叶わぬ遠来の距離を、魂となって
  飛んでいく決意をし、腹を十文字にかき切って、母と弟の待つ家へ
  亡霊の姿となって帰り着くのです…。


          *     *     *

 物語の成り行きを知っていても、何度読んでも涙します。
亡霊の身となり約束の日に戻れたものの、喜んで迎える弟・左門の
差し出す杯を受けることができず、俯いたまま真実を打ち明ける
兄・宗右衛門の姿に、胸が締め付けられます。

 自殺の理由は人それぞれありましょうが、約束を守る為に大切な
命をかけた宗右衛門の姿を、命が軽んじられている風潮のある今の
世を生きる若者は、一体どう受け止めるでしょうか。
機会をとらえて、一度聞いてみたいと思います。
 
タグ:重陽 節供
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本・物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする