2005年09月22日

小麦粉の味

 昨日、一昨日と続けて久しぶりに小麦粉を捏ねてパンを作った。
以前はブリオッシュやデニッシュの様な、バター・卵・牛乳・砂糖多めの
リッチなパンが好きだったが、段々と、水・塩・時に少量のオイルのみの
リーンなパンを美味しく思う様になってきた。天ぷらそばやカレーうどんより
もりそばが好みになってきたのと同様の経年変化だろうか・・・。

 その様なリッチな食材料を加えなくなると、パンの味は小麦粉の味に
とても左右される
ということが良く分かった。考えてみれば、蕎麦や饂飩に
とって、それぞれの粉の味が非常に大切なのと同じことだ。

 美味しいパン用の小麦粉はちょっと遠くまで出かけないと手に入らない上、
大体が2〜3sの大容量で重い・・・しかし、苦労して運ぶ甲斐は絶対にある。
強力粉よりもグルテン含有量の多い「最強力粉」というもので、スーパー○○、
ゴールデン△△と言うような商品名がついているかもしれない。
特にフランスパンにはフランスパン専用粉!これまで手作りのフランスパン
の味にどうしても満足出来なかった方は是非お試しあれ。

 一方、うどんにはやはり国産地粉が美味しい。色は少し黒っぽいが噛み締める
程に小麦の旨みと香りが口いっぱいに広がって、日本に生まれた幸せに包まれる。
私の住む地域は武蔵野うどん圏内なので、うどん打ち名人の奥さんが沢山いる。
近くの商店でも地粉が買える。よって私も直伝で教えて戴き、粉を手に入れ、
何とか打つことが出来る様になった。

 パンを捏ね うどんを打ちて わが腕(かいな) 
               逞しゅうなり 素食かいなく    山桜



posted by 山桜 at 11:49| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。