2017年12月18日

氷華シモバシラ(高尾山)

PC189710シモバシラ (440x293).jpg
<2017-12-18 高尾山>

 今年は氷の華「シモバシラ」の結晶の当たり年で、先日の扇山・百蔵山に続き、東京ではシモバシラの山として有名な高尾山でも、もう勿体無い程、さまざまな形の結晶を見ることが出来ました。 

 この日朝8:00の気温は0℃(ケーブル高尾山駅温度計)

PC189479 (393x590).jpg
PC189483 (393x590).jpg
 稲荷山コース入口階段を上って直ぐ右手の斜面 カシワバハグマの茎にできたシモバシラは、細く長く上の方まで登って結晶していました。 (シモバシラやシソ科の植物だけにできる訳ではなく、この季節に未だ根が生きて水を吸い上げている日影の植物で条件が合えば、このような結晶が出来ます。)

PC189486シモバシラ (393x590).jpg

 シモバシラが結晶するには零度以下の気温が必要で、探して歩くルートは日影で湿度のある冷え冷えとした場所ばかり。 万全の防寒装備が必要です。

 他にはどの辺りにできるかは、秘するが花ということで・・・。 撮影の為に柵の奥に踏み込んだり足元の植生を踏みつけたりせず、マナーを守っての観察・撮影をお願いします。

 今回は「〇〇のような・・・」キャプションはやめておきます。 
 見ているうちにだんだんと「氷の女王」に魅入られて身も凍って来そうになりますので、是非、暖かいお部屋でご覧ください。

PC189487シモバシラ (393x590).jpg

PC189493シモバシラ (440x293).jpg

PC189498シモバシラ (440x293).jpg

PC189506シモバシラ (393x590).jpg

PC189507シモバシラ (393x590).jpg

PC189510シモバシラ (393x590).jpg

PC189512シモバシラ (207x310).jpgPC189514シモバシラ (207x310).jpg
PC189516シモバシラ (207x310).jpgPC189521シモバシラ (207x310).jpg

PC189513シモバシラ (393x590).jpg

PC189537 (393x590).jpg

PC189541シモバシラ (440x293).jpg

PC189542シモバシラ (440x293).jpg

PC189544シモバシラ (440x293).jpg

PC189546シモバシラ (440x293).jpg

PC189593シモバシラ (393x590).jpg

PC189596シモバシラ (393x590).jpg

PC189600シモバシラ (440x293).jpg

PC189592シモバシラ (393x590).jpg

 氷の華「シモバシラ」堪能していただけたでしょうか? 
寒くなってしまった方は、暖かいココアや甘酒でも召し上がってくださいね。


人気ブログランキング
1クリック応援、嬉しく存じます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

ホシゴイその後

 ゴイサギの子のホシゴイも少し大きくなって何処に行ったかなぁと探してみると、木の上に上がって首をうずめて寝ているようでした。

PC179465ホシゴイ (210x280).jpgPC179470 (210x280).jpg
 
 でも、よく見ると、首の向きを変えたり、

PC179469ホシゴイ (443x590).jpg
 
 体の向きも変えたり、少しずつ動いているのが分かります。  
 木の所為か、背中に哀愁を帯びてます? 寂しいのかな?

PC179473 (443x590).jpg

 お父さんやお母さんらしきゴイサギは少し離れた木の上に居ました。 巣立ちした子には干渉しない主義なのかしらん。 

PC179472 (443x590).jpg
 
 こちらは橋から見える明るい場所で、得意げに羽を広げたり胸を張ったりして人々の目やカメラを集めていたカワウです。 カメラ目線を決めたり、ポーズを決めたり、夜行性のゴイサギに比べると、サービス精神旺盛で何だか陽気な性格に見え可笑しかったです。


人気ブログランキング 1クリック応援、宜しくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらり江戸散歩「遠藤家・井政」将門公復権の要

PC119385 (440x330).jpg
PC119386 (330x440).jpg

 母方の氏神様である神田明神のすぐ左の宮本公園(茶道江戸千家発祥の地)に、関東大震災後に建てられ戦火にも焼かれずに残った「遠藤家」の木造建築が2008年に移築されています。 今はビルになってしまった神田の祖母の家の平屋の木造の匂いまで思い出し懐かしさが込み上げてきました。

 神奈川県鎌倉の材木座でご公儀御用達の材木仲買商だった遠藤家(材木商としての屋号は「井政」で当代で17代目)は、江戸城築城の為の木材の集荷を命じられ神田へ移り住みました。 この時鎌倉の材木職人も一緒に移り住んだことから、その周辺は神田鎌倉町(現 内神田1丁目)と呼ばれていたそうです。

 神田鎌倉町は氏子中で最も「将門塚」に近く、遠藤家は代々「将門塚」をお守りし、「将門塚保存会会長」「神田明神氏子総代」などを歴任、明治期に神田明神のご祭神から外されてしまっていた将門公の復権に力を注ぎ、昭和59(1984)年、遂に将門公のご祭神復帰を成し遂げてくださいました。 

 普段は非公開ですが、お雛祭りなどの行事の期間は見学することが出来ます。

 詳しくはこちらのHPをご覧ください。
「井政」

【千代田区指定有形文化財】 
 この建物は、江戸時代より神田鎌倉町で材木商を営んできた遠藤家が、関東大震災後、昭和初期に建てた店舗併用住宅です。伝統技術を受け継いだ職人たちが、腕によりをかけ、銘木や良材をふんだんに用いて建てています。幸いに戦災で焼失することもなく、都心部の木造住宅としては貴重な存在として残りました。

当初は平屋建てでしたが、昭和29年に一階の一部と二階を増築しました。また、昭和47年に神田から府中市に移築する際に、状態の良い部分を残し、さらに増築を行なっています。

 2008年、府中市から神田宮本公園へ再移築するにあたり、府中時代は店として利用せず畳敷きにしていた部屋などを、かつての姿に復元しています。

 神田明神の氏子総代であり、生粋の江戸っ子だった遠藤家の亡き先代の意志を受け継ぎ、「都心の子供たちが日本文化に触れる場所にしたい」と、江戸文化・伝統行事の紹介や講座、貸室などに使われています。


人気ブログランキング
1クリック応援、嬉しく存じます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 記念館・資料館等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「直虎」終わったよ

 一緒に見始めた「直虎」が
 今日、終わったよ。
 鶴が可哀想過ぎて
 もう見るのやめようかな
 なんて言ってたけど
 とうとう最後まで見続けて
 結婚もせず子もなさず
 人々の為に生き
 志を次世代に伝えた直虎に
 何度も励まされて来たよ。
 
 あなたが楽しみに見ていた
「ごちそうさん」も
「名探偵ポワロ」も
 退院したら一緒に見ようと
 録画しておいたまま。

 「ひよっこ」も一緒に見て
 笑ったり泣いたりしたかったなぁ
 
 あなたが知らないドラマが
 増えていかないように
 話しかけるから
 時々はそっと応えてね
 
ラベル:大河ドラマ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ぶらり江戸散歩「湯島聖堂・楷の木」

 うっかり屋根ばかり見上げていて書き損なっていましたが、湯島聖堂には森林インストラクターとしては書いておきたい特別な「樹木」がありました。 

 山東省曲阜にある孔子の墓所「孔林」に弟子の子貢が植え、学問の木とも呼ばれる「楷の木(カイノキ)」のことです。 カイノキはここ湯島聖堂はもとより、各地の孔子廟に植え継がれており、牧野富太郎先生は「孔子の木」と命名されています。

PC119379 (440x330).jpg

 悠然と枝を伸ばした姿が素晴らしいのですが、残念ながらお手入れがされて枝が大分切り詰められており分かりづらいかもしれませんが、

PC119378 (443x590).jpg

 羽状複葉(頂小葉が無いのも特徴)の小葉が対生で整然と並んでいる様子、枝振りが直線的直角的にきっちりとしている様子が、書道の「楷書」という言葉の元になったと、湯島聖堂の「楷樹の由来」には書かれていました。 

 先に「楷書」の言葉があり、その書体に因んで「楷の木」とされたと書かれているものも多いですが、どちらが先なのでしょう。 私としては、自然の風に学んだということで「楷の木」が先であって欲しいという気持ちです。 下に湯島聖堂にある由来書を掲げておきます。(一部緑字 山桜加筆)

楷樹の由来

【楷 かい】 トネリバハゼノキ ウルシ科
 (別名:爛心木/ランシンボク、楷樹/カイジュ、南蛮櫨/ナンバンハゼ、孔子の木/クシノキなど) 
 学名 PISTACIA CHINENSIS. BUNGE
    (ピスタチオ・ナッツと同属近縁です)

 楷は曲阜にある孔子の墓所に植えられている名木で初め子貢が植えたと伝えられ、今日まで植えつがれてきている。 枝や葉が整然としているので、書道でいう楷書の語源ともなったといわれている。
 
 わが国に渡来したのは、大正四年 林学博士 白澤保美氏が曲阜から種子を持ち帰り、東京目黒の農商務省林業試験場で苗に仕立てたのが最初である。 これらの苗は当聖廟をはじめ儒学に関係深い所に頒ち植えられた。 その後も数氏が持ち帰って苗を作ったが性来雌雄異株であるうえ 花が咲くまでに三十年位もかかるため、わが国で種子を得ることはできなかったが、幸いにして数年前から二三個所で結実を見るに至ったので 今後は次第に孫苗がふえてゆくと思われる。

 中国では殆んど全土に生育し、黄連木、黄連茶、その他の別名も多く秋の黄葉が美しいという台湾では爛心木(ランシンボク)と呼ばれている。 牧野富太郎博士はこれに孔子木と命名された。

 孔子と楷とは離すことができないものとなっているが、特に当廟にあるものは曲阜の樹の正子に当る聖木であることをここに記して世に伝える。

 昭和四十四年己酉秋日  矢野一郎 文


PC119380 (210x158).jpgPC119381 (210x158).jpg
【湯島聖堂の周りの「築地塀」】
 江戸の錦絵などにも描かれている横縞が特徴的なこの築地塀は、土と瓦が交互に積まれた上に屋根が葺いてあります。 時代劇の舞台としても昌平坂、昌平坂学問所(昌平=孔子の生地魯の国の昌平郷に因む)として度々登場し、江戸の世にタイムスリップした気分に浸れて好きな場所です。
 塀の基礎の隙間から生えていたのは【イタビカズラ】クワ科イチジク属  イタビ=イヌビワのことです。 昔の人は、実の形が似ているビワ(バラ科)とイチジクを混同していたのかもしれません。 イチジクの仲間なので傷つけると白い乳液が出ます。 


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ぶらり江戸散歩「湯島聖堂・シャチホコ」

 さて、駿河台の方を散歩した後、聖橋を渡って湯島台に入るとすぐ右手が、恥ずかしながら不肖 山桜が最初に七五三詣をいたしました「湯島聖堂」です。

 『なぜ湯島聖堂で七五三?』 実は氏神様の神田明神へ詣でるつもりが父が駐車場を間違え、こちらに先に来てしまったというのが真相です。 お陰様で孔子さまのお導きか、成果はともかくとして勉強するのだけは好きになったようです。

 何度も訪れているのに、この日は妙に大成殿(孔子廟正殿)の屋根の上のシャチホコ?が金色に光っていて気になりました。 綺麗に磨かれたらこんなに光るんですね。 よくよく見ると、なんだか豪快に水を噴き上げてるじゃありませんか!

PC119383 (443x590).jpg
大成殿を裏から見た時のお姿です。

 調べてみると、鯱(シャチホコ)の一種ではありますが、

「鬼(ケモノ篇に犬)頭」=キギントウ という聖獣で、

龍頭魚尾・二脚双角、頭上より潮吹きという姿。
その噴水力でもって火除けを担っているのだそうです。

PC119384 (440x330).jpg
引いて仰ぐとこんな風です。 屋根の両端に頭を外側にして鎮座しています。

「湯島聖堂」についてのもっと詳しくはこちらへどうぞ
史跡「湯島聖堂」HP

*孔子廟のカテゴリーは「神社・仏閣」ではないのですが、お目こぼしください。 「宗教・哲学」とすればよいでしょうか・・・。 他にもカテゴリーに当て嵌めるのが、難しい時がままあります。


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

ぶらり江戸散歩「お茶の水」は何処に?

 さて、「お茶の水」のぶらり散歩中に横道にそれ、神田山が二つに分断されたこと、明大キャンパス等のある駿河台が家康に仕えた駿河の旗本衆の住まいだったこと等は分かりましたが、肝心の「お茶の水」の名前の由来ともなった筈の「お茶の水」は一体何処に? どこかに古い絵図でも残っていないかと探してみました。

江戸図屏風 高林寺御茶水 (440x367).jpg
江戸図屏風・右隻第6扇中上(神田、神田川、水道橋、吉祥寺、高林寺御茶水)

 上の図の左下、雲と雲の間に挟まれた神田川の向かって右岸、半円状に塀に囲まれた屋根付きの井戸のようなものが見えますでしょうか? 読み難いですが良く見ると「高林寺御茶水」と書いてあります。 ここが、その「お茶の水」だったのでしょう。
(Ctrlキー+スクロール・アップ等で拡大してみてください)
国立歴史民俗博物館HP「江戸図屏風右隻第6扇中上」より

 おそらくその右が湯島聖堂、その上が明暦の大火で駒込に移転する前の「吉祥寺(きちじょうじ)」です。 吉祥寺と井の頭の「お茶の水」=神田川の源流、そこでも家康や家光が鷹狩の際に水を汲みお茶を楽しみ、家光が湧水を「井の頭」と命名し辛夷の木に刻んだ・・・そんな話も念頭に置くと、益々興味が湧いて参ります。
(武蔵野市の吉祥寺の地名は、明暦の大火で焼け出された吉祥寺門前の住民が移転したことによります。)

 お茶の水駅前の交番横の石碑には、次のような文が刻まれています。

 聖堂の西比井名水にて お茶の水にも めしあげられたり

 神田川掘割の時ふちになりて水際に形残る 
 享保十四年 江戸川拡張の後
 川幅を広げられし時川の中になりて
 今その形もなし (再校 江戸砂子 より)

 慶長の昔、この邊り神田山の麓に高林寺という禅寺があった。 ある時、寺の庭より良い水がわき出るので
将軍秀忠公に差し上げたところ、お茶に用いられて大変良い水だとお褒めの言葉を戴いた。 それから毎日この水を差し上げる様になり、この寺はお茶の水高林寺と呼ばれ、この邊りをお茶の水と云うようになった。

 其の後、茗渓又小赤壁と稱して文人墨客が風流を楽しむ景勝の地となった。 時代の変遷と共に失われ行くその風景を惜しみ心ある人達がこの碑を建てた。

 お茶の水保勝会 坂内熊治   
 高林寺 田中良彰
 昭和三十二年九月九日


 残念ながら、「御茶ノ水」駅のあるこの地の「御茶の水」は、享保十四年に川幅の拡張と共に神田川の中に消えてしまったのですね。 となると、今も残る井の頭恩賜公園の中の「お茶の水」は貴重ですが、そちらも今は殆ど涸れてポンプで地下水を汲み上げています。 

 ただ、時に大雨の後など池畔の幾つかの湧水が復活し池の水が澄んで底まで見えることがあり、井の頭の池を愛する人々を喜ばせています。 浸透水が増え、湧水面の高さが池の底面より上昇すれば、未だ池への湧水が復活する可能性があると思うと希望を捨てないでいられます。


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 旅歩き・町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

ぶらり江戸散歩「神田山・湯島台・駿河台」

 この日の「ぶらり江戸散歩」研修で一番驚いたのは、このお茶の水の谷が人が切り開いたものだということでした。 有名な話なのでしょうか? 母の実家が神田明神の氏子でありながら、ここら辺に住んでいた訳ではないので、恥ずかしながら、そんなことはちっとも知りませんでした。

お茶の水錦絵広重 (440x279).jpg【お茶之水之図 廣重】

その他の「お茶の水」錦絵

banner_s錦絵バナー小.gif
国立国会図書館「錦絵で楽しむ江戸の名所」より

【神田山⇒湯島台・駿河台】
 今、神田川やJR線を挟んで向かい合う「湯島(本郷)台」と「駿河台」は、かつて「神田山」と呼ばれた一続きの台地だったそうな! ここで「ブラタモリ」なら復元図がど〜んと出るんでしょうね。 というか、私が見逃しただけで、タモさん、既に訪問済みでしょうか?

 江戸に幕府を開いた家康は、新しい町づくりをする為に、その「神田山」を切り崩し、江戸城南の日比谷の入江(現在の日比谷公園〜新橋周辺)を埋め立てたところ、それまで海に流れ込んでいた平川(その頃の神田川)の流れが滞り下流で洪水が頻発。 二代将軍 徳川秀忠の命を受けた仙台藩主 伊達正宗が元和六年(1620)、水害防止の為の神田川放水路と江戸城の外堀を兼ねた「仙台掘」として開削したことで「神田山」は南北に分離され、現在も「茗溪」の名を遺す風光明媚な渓谷が形成されたのだそうです。

 削り取った土をどうしたのかと思ったら、埋め立て目的の方が先だったのですね。 災害を防ぐ為に必死だったとはいえ、こんな大規模な土木工事、今だって大変なことと思いますのに、よくぞやり遂げたものと徳川の民を思う心と多くの人を動かす力に感服です。(「直虎」を見終わったばかりなので感情移入し過ぎているかな?)

【なぜ駿河台?】
 江戸を離れていた家康が駿府で没した後、駿河から戻ってきた旗本たちは、江戸城近くで故郷の富士山を拝めるこの台地を選び屋敷を構えました。 駿河衆が多く住んだこと、駿河国の富士山が見えたことなどから、駿河台と呼ばれるようにったということです。 今もその御屋敷跡の長い塀や広い敷地の名残をぶらり散歩しながら偲ぶことが出来ます。

【ちょっと寄り道、こぼれ話】 
 ところで、「仁−JIN」という村上もとか先生の漫画原作ドラマをご存知でしょうか? その「南方 仁先生」が、転げ落ち幕末にタイムスリップするのが、湯島台側、今は順天堂大学の医学部付属医院がある側のあの崖だ!と、子供の頃から見覚えのある風景なので直ぐにそう気が付きました。 順天堂と仁友堂など名称も因んでいますし、順天堂がモデルなのは間違いないのではと思っています。
(上の錦絵を同じ構図−右側に建物がある―で向こうに富士山が見える絵があるので、向かって右が湯島台で順天堂がある方と思います。)

 気になって確かめてみたら、本当に順天堂がモデルでした! なんと、校是が「仁」なのだそうです。 もう一度ドラマも見てみたいなぁ 再放送、ないかしら。
順天堂医院ニュースNO.29 
順天堂大学医学部附属順天堂医院 発行
 

自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

2020年東京オリンピック マスコット投票

2020年開催の東京オリンピックのマスコット候補の3案発表されました。 この中から小学生による投票で決定するのだそうです。 そこで、小学生と大人とで、好みやセンスがどれ程違うものか興味が湧いてきて、この投票というものを初めて作成してみました。 なんでも一度はやってみないと、です^^;

 ↓マスコットキャラクターについてはこちら(公式サイト)
東京2020大会マスコット最終候補はこの3案 をクリックしてご覧ください。

 【性別】【年齢】【地域】は、選択ナシで投票できます。

posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

ぶらり江戸散歩「一口(いもあらい)稲荷神社」

 この日は、「ぶらり江戸散歩」研修会で、森林インストラクターの神域お話名人I先生に連れられて、御茶の水〜上野不忍池界隈を、笑ったり頷いたり伸びあがったり蹲ったり、興味を同じゅうする面々と楽しくそぞろ歩き廻りました。

 JR御茶ノ水駅の聖橋口を出て本郷通りを渡った線路沿い(淡路坂=いもあらい坂とも)に、大きな椋の木(ムクノキ)が梢を空いっぱいに広げて聳えたっていました。 その場所こそが、

PC119368 (443x590).jpg
【一口(いもあらい)稲荷神社・元宮】

 椋の木には、「元宮」と「由緒」の木札、誰でも持ち帰れるように「風邪咳封御守」が結び付けられていました。 そこから丸善の角まで戻り飯田坂を下ってゆくと、暫くして右手に現在のお社が現れました。

【太田姫稲荷=一口(いもあらい)稲荷神社】
PC119370 (210x280).jpgPC119371 (210x158).jpg
 都会に残る神社は、どこもビルの谷間になってしまいましたが、お祀りする人の気持ちで高めていけるものと思います。 崇敬の心こそ大切です。
PC119372 (440x330).jpg
 PC119373 (443x590).jpg
何故一口稲荷が太田姫稲荷と呼ばれるようになったかは、後述のご由緒をご覧ください。

PC119374 (210x280).jpgPC119375 (210x280).jpg
「社紋」は太田道灌の紋所「太田桔梗紋」桔梗好きな私、トキメキました。

太田姫稲荷神社/一口(いもあらい)稲荷神社ご由緒
 室町時代末、関東一帯には疱瘡(天然痘)が流行、この地に在した太田持資(後の道灌)の姫も罹患。 その時、京都の東南、山城国の一口(いもあらい)の里の一口稲荷神社が本来五穀の神である上に、穢(けがれや災い)も洗い清めてくれるということからも「え(穢)もあらい稲荷」と呼ばれ、近郷近在の人々の信仰を集めている、という噂を持資(道灌)が聞き、早速山城国「一口稲荷」に平癒を祈願したところ、姫は全快し、大いに感謝、崇敬を高めた持資は江戸城内に勧請。

長祿元年(1457):江戸城鬼門除けとして「一口稲荷」を勧請
天正18年(1590):錦町一丁目に遷座
慶長11年(1606):江戸城増築に伴い聖橋の袂に遷座。
(その頃まだ聖橋はなく下流の昌平橋は「一口橋」と呼ばれ、淡路坂は神社の表参道だった)
明治 5年(1872):太田姫稲荷神社と改称
(東京府より村社に定む。 錦町一丁目、小川町二丁目の一部、駿河台全域の氏神)
大正12年(1923):大震災で類焼
昭和 3年(1928):本社殿を南向き(以前は東北東向き)に新築
昭和 6年(1931):総武線開通工事の為に、現在の駿河台一丁目二番地に移転

ご祭神
「宇迦之御魂神」五穀の神
「穢もあらう」、病を癒し災いを除け、家内安全、商売繁昌の神
菅原道真公、徳川家康公の合祀により、文武の神。
社紋は太田道灌にちなんで、「太田桔梗」

「太田姫」とは
 太田道灌の姫のことではなく、京都にあった一口稲荷神社のご祭神で、道灌に狐の姿で現れて江戸城鬼門に祀れと告げた「太田姫命」のこと。

京都「一口(いもあらい)」
 このお稲荷さんが祀られていた「一口(いもあらい)」の地は、かつての巨椋(おぐら)池(秀吉に埋め立てられて現在は農地)の西岸あたりにあったと伝わり、「一口」の名は、北・東・南の三方が巨椋池によって囲まれ、村への出入り口は西のただ一方だったことによるとか。
 『平家物語』『吾妻鏡』『承久記』『太平記』等の中にも、その地名が記されており、淀とともに京都南部の攻防の要衝の地であった。 
 現在も「東一口」「西一口」とその名を残す。

なぜ「一口」は「いもあらい」と読まれるのか?
・「いもあらい」とは「いみはらい」(忌み祓い)の変化したものという説。
 「忌む(斎む)」「払う(祓う)」は、「身を清め、禍を払う」という意味。
 「はらい」→「あらい(洗い)」に変化。

・巨椋池を昔「いも」と呼び、そこで疱瘡を洗い清めたことからという説。

・疱瘡のことを「いも」「へも」と呼び、池で洗い清めたことからという説。 など等

 そもそも「一口(いもあらい)稲荷さん」が「巨椋(おぐら)池」の地に在って「椋(むく)の木」にご縁があり、巨椋池が無くなってしまっても、椋の巨樹が今もこうして東京の聖橋の袂に生き残っているとは、連綿とした縁の繋がりに驚きです。 

 そういえば、「芋洗坂係長」でしたか? 何だか丸々太って踊る人いましたけど、何か関係あるのでしょうか?

 ぶらりと書き始めたら、なんと、「一口稲荷」だけでこんなに興味が膨らんでしまいました。 続きはまた後ほど・・・


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

コサギの漁

 井の頭公園から万助橋を渡り玉川上水沿いの道を歩いていると、コサギが一羽、何かを見つけてロック・オン!に遭遇。 そっと息を潜め見守っておりますと・・・

<2017-12-10撮影>
PC109392 (443x590).jpg

PC109357 (210x280).jpg 
 残念、目標を見失ったのか
 逃げられたのか、
 視線を外して
 ちょっと寂し気に?
 それとも照れ隠しに? 

 ふっと遠くを見てから
 ぶるるっと
 身震いひとつして・・・

PC109358 (443x590).jpg
 やおら羽を広げて跳ねました! どうやら場所変えの模様。 そうそう、光の向きも考えなくてはね。

PC109397 (210x280).jpgPC109395 (210x280).jpg
PC109396 (443x590).jpg
 向きを変えて、水面に映る己が姿に見惚れているのではありません。 黄色い脚で水中の小魚を探ったり追い立てたりしている様子。

PC109363 (443x590).jpg
 タタ・・・突然、獲物に向かってダッシュ!?

PC109400 (443x590).jpg
 バシャバシャバシャッ💦💦💦 形振り構わずガムシャラです。

 おっと、何か捕まえたか??
PC109401 (443x590).jpg
PC109402 (443x590).jpg
 アップにしてみると、ちゃんとお魚をくわえてました〜! 

PC109366 (210x280).jpg  
 
 折角とらえた獲物を
 逃がさないように、
 素早くパタタタタと
 羽ばたきながら全身を
 使って飲み込んだようです。 

 無事に呑み込めて良かった。 
 飲み込むって大変なのよね。 
 長年苦労してきた人を
 知ってるのよ、私。

PC109367 (443x590).jpg
 何事もなかったように、美しく静かに佇んで見せていますけれど、

PC109404 (443x590).jpg
 顔はしっかりドヤ顔です。 生きていくって大変ね。 お疲れ様。

 ・・・と、最初は思ったのですが、よく見ると喉の途中が膨らんでいるような。 未だお腹に収まってなかったのかな。 ドヤ顔じゃなくって、平気な顔しながら何とかして飲み込もうとしているお顔だったのかな。 勝手なこと言って、ごめんなさいね。 いつもこんな風に早とちりして怒られていたこと、思い出しました。 


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

猫だまり

 お餅つき忘年会の帰り道、猫さんが屯してるのを小さな女の子がみつけて教えてくれました。

 餅つきて岩の窪みに猫溜まり (山桜) 

PC099317猫さん (440x330).jpg

 日も陰りひっつき餅の猫だまり 

PC099318 (440x330).jpg

 猫やおら背伸び丸餅猫だまり

PC099319 (440x330).jpg

 ほぐれたら何匹いたの猫黙り

 身動ぎもしない手前の子が監視役なのかな。
 親子なのか兄弟なのか、仲良く一緒であったかそう。
 いいな、いいなぁ


人気ブログランキング
ラベル:
posted by 山桜 at 21:53| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深沢「松葉」お餅つき忘年会

(前項からのつづきです)
 今回の忘年会は、ハイキング組と直行準備組に分かれていましたが、ハイキング組が道に迷ってしまい、直行組の方々がすっかり準備も整え一回目のお餅つきも済んだ頃の到着となりました。 

「さぁさぁ、搗き立てのお餅をどうぞ!」
と勧められるがままに、労せずごちそうにあり付くという贅沢な展開、申し訳ありません💦
<2017-12-09撮影>
PC099306 (210x158).jpgPC099307 (210x158).jpg
【搗き立てのお餅に大根おろし、納豆、柚子入餡など等】
【アツアツのけんちん汁】

PC099308 (210x158).jpgPC099310 (210x158).jpg
【味噌こんにゃく】  【大根と隼人瓜の醤油漬けなど】

PC099309 (210x158).jpgPC099312 (210x140).jpg
【宝巾着、溶き卵にきのこやらお野菜やら入りでホカホカ】

 口に入れることに夢中になり、残念ながら写真が撮りきれていませんでしたが、このほかにも、深沢ならぬ長寿の里上野原の棡(ゆずり)原の郷土料理(企画主K氏のリクエスト)の「せいだのたまじ(ジャガイモの小芋甘油味噌がらめ煮」、「鶏手羽元と大根の炊き合わせ」など、美味しいごちそう山盛りでした。 

PC099314 (210x140).jpgPC099315松葉餅つき1 (210x158).jpg
【ホカホカお餅に栗入り餡子】【上手な人も不慣れな人も皆でお餅つき】

自己紹介や森林インストラクターとしてのこれからの夢、温めている企画など、お日様が陰って急速に冷え込む中、燃える意欲と湧き上がる熱気で寒さにも負けずに盛り上がりました。 でもやっぱり寒かったです・・・次回は焚火が欲しいかな〜 

PC099303 (210x280)キササゲ.jpgPC099304キヨスミイトゴケ (200x300).jpg
【キササゲの実】ノウゼンカズラ科  【キヨスミイトゴケ】

PC099320ナンテン (210x280).jpgPC099321ジャノヒゲ (210x140).jpg
【ナンテン/南天】メギ科
 あちらこちらに南天の実がたわたに実っていました。
 こんなに沢山の南天の実を見たのは生まれて初めてです。 一生懸命「難を転ずる」ように願ってくれている家人の心を感じております。
【ジャノヒゲ/蛇の髭】
 寒さも深まりいよいよ瑠璃色に熟してきました。 

PC099322穴澤天神社 (210x158).jpgPC099323石碑 (210x158).jpg
【穴澤天神社】と傍らの石碑

PC099326お大福 (210x158).jpg
お土産に頂いてきたお大福、お餅が大好きだった家人にお供え、焼いて温め二人で頂きました。 
「うま〜っ、餅って、旨いなぁ」
の声が聞こえてくるようです。 良かったね〜 合掌


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金毘羅山〜南沢山〜深沢集落へ

 地域おこしも盛り込んだ楽しいイベントを育てていく礎として、山仲間の先輩方が企画された「ハイキング&お餅つき忘年会」に参加させていただきました。 そもそもこの企画は、更に大先輩方の企画による「〇〇探検隊」に参加しこの地域を歩いた方々が、コースの多様性、土地柄、お食事処「松葉」の女将さんお人柄、お料理の美味しさに魅了され、何度も再訪し歩き回って、この地域の虜になったことが発端です。

 武蔵五日市駅のロータリーを出て大きな道にぶつかり右折、310mほど歩いて東町信号を右折、登山口へ右折、更に道標を右折すると街中から山道へ。 日影では落ち葉に霜が、陽だまりには秋の名残の花も。
<2017-12-09撮影>
PC099261 (200x300).jpgPC099262アキノキリンソウ (200x300).jpg
【紅葉に降りた霜】     【アキノキリンソウ】キク科

PC099263 (200x300)アカシデ?.jpgPC099269コバノタツナミ (200x300).jpg
【アカシデ?】カバノキ科    【コバノタツナミ】シソ科

PC099265ノキシノブ (200x300).jpgPC099271ノハラアザミ (210x280).jpg
【ノキシノブ】ウラボシ科      【ノハラアザミ】キク科

PC099273 (443x590).jpg
【ゴンズイ】ミツバウツギ科  紅葉した羽状複葉で対生 赤い皮と黒い種の実

PC099264ダンコウバイ (210x140).jpgPC099275リンドウ (210x140).jpg
【ダンコウバイ/壇香梅】クスノキ科 【リンドウ/竜胆】リンドウ科

金毘羅山展望台からの眺め
PC099277 (440x330).jpg
連なる「おむすび山」たち(本名は不明)

PC099278 (210x158).jpgPC099279 (210x280).jpg
【琴平神社】       【大岩】

PC099285ツルリンドウ (443x590).jpg
PC099286ツルリンドウ (200x300).jpgPC099283ヤブコウジ (200x300).jpg
【ツルリンドウ/蔓竜胆】リンドウ科 沢山の実り・一粒アップ
【ヤブコウジ/藪柑子】サクラソウ科ヤブコウジ属 どこがサクラソウ科?と思いますが遺伝子上近い仲間なのは花を見ると何となく納得。 その話は、花の頃にまた。
 
 さて、冬の植物を観察しながら順調に歩き続け、気持ちの良い金毘羅尾根道を行き南沢山も過ぎ、いよいよ探検隊的ルートへ・・・
PC099287本当にこの道? (210x280).jpgPC099291 (210x280).jpg
 
 「本当にこの道を下りるの?」というような急角度の道を半ば雪崩落ちるように下り、鉄塔の下に。 鉄塔にはNo.が打ってあるので地図上で自分の位置を確かめることが出来ます。

PC099289 (440x330).jpg

 一先ず、足元がしっかりしたところに出てホッと一息の風景。 杉や檜などの針葉樹の植林部分と元々の雑木林の部分、伐採された山肌、人が山と共に暮らしてきたからこその風景です。

PC099293 (210x158).jpgPC099292 (220x147).jpg 遠くを見ればよいお天気で暖かそうですが、足元は凍てついて道もカリカリです。

PC099296 (210x280).jpgPC099294 (210x280).jpg

 伐採木の皮むき作業などをする重機の轟音が聞こえました。 本来、人が入ってくる筈のない区域に迷い込んでしまったようで、大変恐縮至極、平謝りで大事な作業の中断をご容赦たまわり、道を通して頂きました。 お叱り当然です。 本当に申し訳ありませんでした。

PC099300 (200x300).jpgPC099302 (210x280).jpg
【ヤマブドウ】【森の精霊?小人? ZiZiたちのお出迎え】

沢を石伝いに渡り林道に攀じ登り、やっと人里の香りがして来ました・・・つづく。


自然観察ランキング
1クリックで応援いただけますれば、大変嬉しく存じます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

プラタナスグンバイ

 冬の観察会の話のタネを自然塾長に伺ってみると、目の前のスズカケノキの樹皮をペラリとめくり、中に潜んでいた3〜4mm程の虫を見せて下さいました。 早速、顕微鏡モードのカメラで撮影してみると、

PC028962 (440x330).jpg
<2017-12-02 むさしの自然観察園

「わ〜っ、綺麗っ!」
 繊細なレースかガラス細工のような透き通った美しい昆虫の姿が浮かび上がって驚きました。 軍配扇の形というよりも、武士の裃とか歌舞伎役者の装束っぽい?

 ツツジグンバイは父が躑躅の盆栽を育てていて、葉を白くする害虫として認識していましたが、拡大すればこのように美しい姿をしていたとは! 因みにツツジグンバイの方が更に美しいそうなので、見つけたらまたご報告しますね。 

【プラタナスグンバイ】グンバイムシ科
 北アメリカ原産 
 日本では、2001(平成13)年に名古屋市で初確認。 
 その後、全国各地でも発生、分布を拡大中。
 プラタナスの重要害虫。
 吸汁された葉は白化し、被害が進むと落葉することもある。


人気ブログランキング
ご訪問ありがとうございます。
若しもお気に召して1クリック応援
頂けましたら光栄にぞんじます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

「わろてんか?」

 「わろてんか」で皆さん、笑えてます? 私は、もう、あのアホボン(席主とやら)の顔を朝から見とうない。 元々あの役者さんは好かなかったけれど、この役は酷い。 見ていて気の毒にさえなる。 最早、彼自身、この役を愛してないのだろうな、と思う。 他の登場人物にも、誰一人として感情移入できないし、今日はもう見るのを止めようか、もう少し我慢しようかの日々で、堪忍袋も切れそうだ。

 そんなところに、私の大好きだった朝ドラ「ちりとてちん」で、心打たれるエピソードの数々の鍵となった「崇徳院」の「瀬をはやみ〜」や あの尊建まで落語家役で出て来て『何の便乗?』と、冒涜された気持。 

 笑いたくて見てる私を全く笑わせてくれない「わろてんか」って、一体何がしたいの?


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 18:25| Comment(2) | 映画・ドラマ・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

日本三奇矯「猿橋」

 大月市秀麗富嶽十二景の第6番「扇山」・第7番「百蔵山」からの帰路、「日本三奇矯*1」の一つ、山梨県桂川にかかる「猿橋*2」を見学して参りました。 

 猿橋は、広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにも見ることができる古くから庶民にも親しまれてきた名勝です。 長さ31m、幅3.3mの木橋、谷が31mと 深く橋脚がたてられない代わりに谷幅の狭さを生かし、両岸から張り出した四層の「刎木(はねぎ)*3」 によって支えられた「刎橋(はねばし)*3」です。

 伝説では、推古天皇の御世の7世紀に百済から渡って来た「志羅呼(しらこ)*4」という人が、猿が手をつなぎ橋を作って川を渡る様子から思いついた工法により架けられ、それが名前の由来とされていますが、少なくとも十三世紀以前には架けられていたとのことです。

PC059236 (210x280).jpgPC059237 (210x280).jpg
<2017-12-05撮影> 
 百蔵山側の渡り口。 なまじ工法のことを耳にしていたので、渡るのがちょっと怖いような気がしましたが、揺れもたわみもなくがっしりとした橋でした。 橋の上に並ぶ灯篭は興醒めなように感じたものの、橋脚から上に出ない明りで足元を照らす苦心の策なのでしょう。

PC059238 (443x590).jpgPC059239 (443x590).jpg
 
 橋の中程から上流の眺めは、猿が手をつないで渡ったという伝えの通り、両崖が間近に迫る峡谷です。 ふと、何十年も前に訪れた、九州の高千穂峡が頭に浮かびました。

PC059240 (443x590).jpg
 同じく下流の眺め。 手前は水道橋でしょうか。 その向こうは国道20号、車も通れる「新・猿橋」?

 反対側に渡り終えてやっとお目当ての「猿橋」の姿が見えました。
PC059241 (440x330).jpg

PC059242 (440x330).jpg

 橋を支える「刎木」たちに雨露から守る屋根を掛けてる様子が、お地蔵様に傘を被せた「傘地蔵」のお話にも重なって昔の人々の優しい気持ちに触れてほっこりしました。

PC059243 (440x330).jpg

 更にもみじが降り積もる階段を下りて・・・
PC059248 (440x330).jpg

PC059245 (440x330).jpg

 下から仰ぐと刎橋の見事な構造が間近に見られました。

PC059246 (443x590).jpg
PC059247 (443x590).jpg
 
 刎木の先端の白く塗られた部分がお猿さんの顔に見え、必死に手をつないで橋を支え合っているようで「お猿たち、頑張って!」と思わず手に力が入りました。

 ちょっと高い台に上がって、残っていた紅葉と橋が入るアングルに挑戦!
PC059250 (443x590).jpg
PC059251 (440x330).jpg
 一体何処に攀じ登っているのかと、同行の方々に呆れられました・・・。
もっと紅葉が鮮やかな頃も綺麗だったでしょうけれど、ちょっと侘びた風情もまた好もしいものです。

PC059256 (440x330).jpg

 猿橋駅の階段前には山梨県の由来ともなった「ニホンヤマナシ」の木が植えられていて、よく見れば未だ小さなナシが3つほど残っていました。 看板には、1903年(明治三十六年)、猿橋駅の開業記念として植えられたとあり、既に百年以上もこの地で人々を見守って来たのですね。 それほど古木にも見えず、改めて木の寿命の長さと人間の命の短さを感じてしまいました。 

*1【日本三奇矯】
 いわゆる「日本三奇矯」と呼ばれる橋の「猿橋」以外の二橋は、
 ・山口県岩国川の「錦帯橋」(1673年(延宝1)創建)
 ・富山県黒部川の「愛本橋」(はね橋形式だった時)
 なのですが、愛本橋は架け替えられ奇矯ではなくなり、代りに「木曾の桟(かけはし)」や 徳島県祖谷(いや)「かずら橋」を入れることもあるそうです。 但し、構造的な奇矯度は上の二つには及ばないとか。

*2【猿橋】
 猿橋は、かつては甲州街道に架かる重要な橋であった。 現在では人道橋で、上流と下流にそれぞれ山梨県道505号小和田猿橋線と国道20号で同名の新猿橋がある。 長さ30.9M、幅3.3M 水面からの高さ31M 深い谷間のために橋脚はなく、急峻な両崖から四層に重ねられた「刎木(はねぎ)」とよばれる支木をせり出し橋を支えている。

*3【刎木】【刎橋】
 梃子(てこ)の原理を応用し、長く突き出た軒先の低下を防ぐために軒裏に用いる材。 上方を小屋束(こやづか)に固定し、土居桁(どいげた)や出梁上の桔木枕などを支点として軒先を支える。

 【刎橋】は、岸の岩盤に穴を開けて刎木を斜めに差込み、中空に突き出させる。 その上に同様の刎木を突き出し、下の刎木に支えさせる。 支えを受けた分、上の刎木は下のものより少しだけ長く出す。 これを何本も重ねて、中空に向けて遠く刎ね出していく。 これを足場に上部構造を組み上げ、板を敷いて橋にする。猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根を付けて雨による腐食から保護した。

*4【志羅呼(しらこ)】
百済からの渡来人とされるが、それ以外の経歴は不詳。 猿橋の伝説では、橋の工事が難航した為、夫婦揃って川に身を投げ人柱となったとされる。

「日本書紀」には、推古二十年(612年)に百済より路子工(みちのこたくみ)という人物が渡来し、庭を作ったり土木工事を行ったりしたとされている。 彼の顔や身体には白斑があったと伝わり、呼び名「志羅呼(しらこ)」や渡来時期から、猿橋の作り手の別称ではないかと推測されている。

 分からない言葉などを調べている時、去年の3月「猿橋」がテレビ番組「美の巨人」で取り上げられていたことを知りました。 奇しくもその日は・・・こうして惹きつけられるのも何かご縁があるのかもしれません。


人気ブログランキング
長い記事を読んでくださり、ありがとうございます。 最後に1クリック応援いただけると、嬉しいです
ラベル:
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 旅歩き・町歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

扇山・百蔵山ハイキング下見

 大月市秀麗富嶽十二景 の第6番「扇山」と第7番「百蔵山」ハイキングの下見に行ってきました。
 <2017-12-05 山梨県大月市>

梨の木平から登り始め、水場の傍には 
PC059143 (210x158).jpgPC059144 (210x280).jpg
「山ノ神社・奥宮祠」が木漏れ日を浴びていました。

PC059146 (210x140).jpgPC059149 (210x140).jpg
【オトコヨウゾメ】の紅葉が霜で黒変し、足元には霜柱がサクサクと・・・この辺りの道沿いには、植物のシモバシラ(シソ科)も群生していました。

間もなく樹間より第一富士山、出現!
PC059145 (440x330).jpg

PC059147 (440x330).jpg
大久保山のコルから扇山山頂に至る明るい尾根道の両側は、落葉松や赤松、クロモジなど

PC059150 (440x330).jpg
行く手の木々の連なりが切れ、扇山山頂が見えてきました。

PC059161 (440x330).jpg
【扇山山頂】

PC059153 (440x330).jpg
【大月市秀麗富嶽十二景の第6番 扇山山頂】からの富士山

再び大久保山のコルへ下り百蔵山への縦走路に入ります。

PC059164 (443x590).jpg
赤松と山桜が仲良く寄り添って天高く伸び、ちょっと羨ましくなって泣きました。

PC059169 (440x330).jpg
樹林から垣間見る大菩薩嶺のガレ場

PC059170 (187x280).jpgPC059173 (187x280).jpg
【モミジのお便り】が木のポストに   「恩」の字の石票

PC059180 (443x590).jpg
右手に見える特徴的な山容は何山でしょうか?

PC059181 (440x330).jpg
PC059184 (440x330).jpg
左後方に先ほど登って来た扇山が見え始めました。 手前の山に麓を両側から囲まれ、開いた扇の形に見えました。

PC059183 (440x330).jpg
右手に見えてきたまるでダムの壁のような絶壁は何なのでしょう?

PC059185 (440x330).jpg
倒木が風雪に磨かれて形づくられた自然の造形には
PC059186 (440x330).jpg
命が宿っているようです。

最後の急登を乗り越えると、緩やかな道でホッと一息

PC059258 (210x158).jpgPC059190 (210x140).jpg
【ナガバノコウヤボウキ】綿毛   【ニシキギ】の赤い実
コウヤボウキの綿毛にはピンク色に染まったものも幾つか見られましたが、写真は撮っていませんでした。

PC059192 (440x330).jpg

PC059200 (440x330).jpg
大月市秀麗富嶽十二景の第7番 百蔵山山頂】からの富士山

PC059198 (210x280).jpgPC059207 (187x280).jpg
【百蔵山大明神遺跡】の傍には【リンドウ】が微かに紫色を遺して

PC059206 (443x590).jpg
真っ青な空には次世代が育つまで葉を遺す柏葉が

PC059209 (440x330).jpg
下山道の途中からの眺め 中央高速や家々の屋根が見えます。

PC059214 (440x330).jpg
突如として現れた私設和田美術館(非公開)の門に圧倒されて後ずさり・・・富士を望む絶好のロケーションを独占しコレクションを楽しむとはどんな富豪なのでしょう。 私など一生目にすることのできないお宝が並んでいるのでしょうね。 因みにネットで調べても殆ど情報の得られない謎の美術館です。

PC059218 (440x330).jpg
私の大切なお宝は、こんな自然の風景です。

PC059219 (210x140).jpgPC059224 (210x140).jpg
【トキリマメ】       【サルトリイバラ】

PC059220 (187x280).jpgPC059235 (187x280).jpg
【ヤブラン】         【ヌルデ?】

PC059230 (210x158).jpgPC059234 (210x140).jpg
【ヘクソカズラ】        【ツルウメモドキ】
PC059232 (440x330).jpg
【ツルウメモドキ】

この後、近道を通って、奇橋・猿橋を見に行きましたが、それはまた後日に。


人気ブログランキング 
ポチッとクリック応援、宜しくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

ユキモチソウの実

この出来の悪い赤と黄色のトウモロコシのようなものは、ユキモチソウの実です。

<2017-12-02 むさしの自然観察園
PC028996 (443x590).jpg
PC028997 (443x590).jpg

【ユキモチソウ/雪餅草】サトイモ科テンナンショウ属
 サトイモ科特有の苞の中の付属体が真っ白なお餅、大福餅のように見えて美味しそうですが、毒草です。 この赤く熟した実も誤食すれば痺れや腫れ等の症状が出るとのことなのに・・・

PC028998 (443x590).jpg
こちらの株は引っこ抜かれた上に赤い実だけを食べ散らかしたような痕跡がありました。 一体誰が食べたのでしょう。 タヌキなどは、あのカブレる銀杏の実(種の周りの柔らかい部分)を好んで食べるくらいですから、口にするかも? 武蔵野市の住宅街の一角にある自然観察園での珍事でした。


人気ブログランキング ポッチと応援、宜しくお願いいたします。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

ホシゴイとゴイサギ

 井の頭恩賜公園で行われる観察会の下見に訪れた井の頭池・七井橋の畔で、抜き足差し足の怪しい影が揺れたと思うと、日向ですくっと足を留めました。

PC039057 (443x590).jpg

おおっ、ゴイサギの幼鳥です。 親鳥とは似ても似つかない茶色に白い斑模様から「ホシゴイ」とも呼ばれています。 葦の茂みなどで成長するうちは、目立たないように保護色をまとっているのでしょう。

PC039066 (443x590).jpg

大きな黄色い脚で、のっそりのっそり歩きにくそうな杭の上を歩きだしました。

PC039067 (440x330).jpg

お、何か見つけたか?

PC039069 (440x330).jpg

狙いを定めて突撃!

PC039071 (443x590).jpg

う〜ん、残念、空振り…いいとこ見せようとしてたのに失敗し、ちょっとバツが悪そうにも見えます。

PC039064 (443x590).jpg

そんな我が子の様子を見ているのか見ていないのか、少し上の木の枝の間に親鳥のぷっくりとしたお腹が見えました。 あ、でもよく見ると目がこっちを見てますね。

PC039063 (443x590).jpg

毛づくろいをしている素振りでこちらをそれとなく監視しているようで…目が合ってドッキリ。

PC039058 (440x330).jpg

あらら、危なくない奴だと思ったのか、ふっと視線を外されてしまいました。

PC039059 (443x590).jpg

オオバンもス〜っと去ってしまい、池の畔には元の静寂が戻りました。


人気ブログランキング 1クリックで読んでるよ〜の応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

トゲトゲ幼虫、誰の子?

バードウォッチングのイベントの帰り道、ふと気になってめくったみたカラスウリの葉裏に見慣れない幼虫をみつけました。

PC028960 (440x330).jpg
<2017-12-02 練馬区>

写真を撮っておいたものの、幼虫図鑑でも一齢〜終齢の全ての段階の姿が載っているものは少ないので、なかなかこれだというものに出会えないままでした。 この枝分かれした毛状のものから、タテハチョウの仲間?などと、蝶や蛾の幼虫と思い込んだのが間違いでした。

やっとわかった正体は、

【トホシテントウ】 でした!

ナミテントウの幼虫はよく知っていますが、トホシテントウの幼虫は初めて見ました。 そういえば、ニジュウヤホシテントウやトホシテントウは、成虫も幼虫もアブラムシを食べるナミテントウと違い、成虫幼虫共に草食性なのでした。 カラスウリを育て続けて10年以上も経つのに、今まで出会えなかったのも、今日ふと出会えたのも不思議です。 

それにしても、なんとまぁ随分と念の入った防護形態ですね。 そんなに敵が多いのでしょうか? 

子供の頃、図鑑にはトホシテントウ、ニジュウヤホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウは「畑の害虫」と書かれていた上に、成虫の羽に微毛が生えていて艶が無いのも可愛くなくて、天道虫の中の日陰者・悪者のイメージでしたが、こうして出会ってよくよく見てみると、なかなか魅力的で今更ながらトキメイテおります。 カラスウリの葉をめくる楽しみが増えました🎶


人気ブログランキング1クリックで読んでるよ〜の応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

紅葉のお客様

 奥高尾ハイキングの本番は、雨は上がって薄日が差したものの、殆ど霧に包まれた幻想的なハイキングでした。 紅葉シーズンの今頃、晴天ならば大勢の人で賑わう景信山のベンチには、紅葉のお客様だけが後から後からのご来店。

PC018948 (443x590).jpg

 朝もやの山の茶店にはらはらと舞い降り集う紅葉の過客
                       (山桜)

PC018947 (440x330).jpg
<2017-12-01景信山>
 人気のない静かな山、自然の懐に抱かれる気持ちがして、なかなか得難い雰囲気でした。


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

好きなものばかり

このところ、連日のように銀行まわり、準備して出かけた積りが何か足りなかったり、住まいの最寄りの銀行でないと出来ないことがあったり、もう初めてやること聞くことばかりでくたくたになってお気に入りの一軒のお蕎麦屋さんの暖簾をくぐりました。

PB308945 (440x330).jpg
「手繰りや玄治」さん の 野菜天・鴨つけ蕎麦

 鴨と焼き葱の温かなつけ汁の鴨付け蕎麦に、野菜天、鴨の燻製と好きなものばかりのお膳、ああ、これで一杯やれたらと思いつつ、昼間から一人で飲む勇気もなく… 昨年一緒に来た時も、もう相方はお酒を飲めなかったけど、
「いいからお前は飲めよ」
って、言ってくれたなぁ でも、絶対に飲みたいだろう人の前で一人で飲むなんて出来なかったなぁ

 何処へ出かけても思い出と一緒です。 それは主人と一緒、ということですね。
 さて、それでは、一緒にね、いただきま〜す

 
人気ブログランキング
ラベル:蕎麦
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

’17 紅葉の散歩道

 前の晩は木枯らしの音が怖い程だったのに、眠れぬ夜が明ければ朝日キラキラの眩しいお天気、ホテルのようなお洒落で美味しい朝食を頂き朝ドラを見ていたのは覚えています。 その後は、お腹をさすりながらひぃひぃふぅの繰り返し、さすり続けた所が毛玉になる程の時が過ぎてやっとあなたは誕生しました。 

 おめでとう!
 懐かしいふるさとの紅葉の散歩道を届けます。

PB178640スズカケノキ紅葉 (440x293).jpg
スズカケノキの黄葉

PB178654 (440x293).jpg

PB178661 (373x560).jpg
PB178664 (440x293).jpg
PB198778イロハモミジ (373x560).jpg
PB198777イロハモミジ (440x293).jpg
PB198779イロハモミジ (440x293).jpg
PB198780イロハモミジ (440x293).jpg
PB178676 (440x293).jpg
PB178677 (440x293).jpg
PB198747イロハモミジ (440x293).jpg
PB238806 (420x560).jpg
PB238809 (440x330).jpg
あの紅葉のトンネル・・・もう、一年が過ぎたのね。

PB178683アオハダ黄葉 (440x293).jpg
アオハダの黄葉

PB198757大岳 多摩湖 (440x293).jpg
堤防に登れば奥多摩の山々が見えて 

PB178688トチノキ紅葉 (373x560).jpg
大好きな栃の木の黄葉が青空いっぱい

PB178689スズカケノキ紅葉 (207x310).jpgPB178702 (207x310).jpg
いつの間にか、新しく石畳の道が出来てたよ。 銀杏はますます踏まれてすりつぶされて粉々に・・・お家に戻ったら、色づいたあじさいがお出迎え。 年末に帰ってくるのをみんな待ってるよ


人気ブログランキング
ラベル:散歩道 紅葉
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

赤い実・ツルウメモドキ

 この実は小鳥が好んで食べて種まきをしてくれるので、我が家の庭にも実生が出て、初めて見た時には本当に梅が生えて来たとばかり思った程、よくよく見ても梅にソックリの葉を付けています。 やがて長い蔓を延ばし始めた時、初めて、ああこれが、
「ツル・ウメ・モドキ!」
と、余りにもそのままの名前にガッテンしたものでした。

PB178698ツルウメモドキ (440x293).jpg
<2017-11-17 狭山丘陵>

 紅葉した葉がすっかり落ちてしも実だけが残るので、今頃になると、とても目立ちます。

PB178693ツルウメモドキ (440x293).jpg

 果実は熟すと黄色の皮が三つに割れて中から朱色の皮に覆われた種が顔を出すので、黄色と朱色で一層鮮やかです。

PB178695ツルウメモドキ (373x560).jpg

 そのままで天然の美しいリースになるほどで、生け花や盆栽にも使われます。

PB178696ツルウメモドキ (440x293).jpg
【ツルウメモドキ/蔓梅擬】ニシキギ科ツルウメモドキ属 落葉蔓性木本 雌雄異株
 分布:北海道〜沖縄
 花期:5〜6月   花径:7mmほど 五弁花


P9247408ツルウメモドキ (373x560).jpg
<2017-09-24狭山丘陵> 3つに割れる前の実

P5124632ツルウメモドキ花 (440x293).jpg
P5124631ツルウメモドキ花 (373x560).jpg
<2017-05-12 狭山丘陵> 雄花と雌花がありますが、これは雄蕊が目立つので雄花でしょう。


人気ブログランキング ポチッと応援、更新の励みになります。 ありがとうございます
posted by 山桜 at 22:55| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ノブドウの実の色

PA318171ノブドウ (373x560).jpg
<2017-10-31北高尾>
 
 ノブドウの実がさまざまな色合いを見せる頃となりました。 このメルヘンの世界のような実の色が好きで、実生が庭に出たのを幸いに育てたこともありますが・・・。 

 近くのバラの肥料を吸い上げて、太い蔓が八岐大蛇のごとく縦横無尽に恐ろしい勢いで伸び、アッという間に庭の一番大きな木の上まで上がって尚、巻きつくものを探して首を振っているという恐ろしい状態に!

 翌年は出る蔓をことごとく刈って小さく纏めようとしましたが、油断しているとまた直ぐに八岐大蛇・・・翌々年は泣く泣くお引き取り願いました。 やはり野のものは野にです。

PB178632ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 ノブドウは同じブドウ科(第一変換では武道家と出るんですね^^)でも、食べられるブドウ属ではなく、ノブドウ属に分類されます。 花序(花の付き方=実の付き方)は、ブドウ属の円錐花序とは違い、集散花序(傘型)です。

PB178631ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 私が昔どこかで(その頃はネットはなかったので図鑑か科学雑誌?)読んだものには、
「ノブトウの実には殆どもれなく虫が入っいて「虫こぶ」「虫えい」という状態になっています。」
「ノブドウの実の色の変化は虫こぶの影響による」
というようなことが書いてあり、ずっとそうなのだと思っていましたが、ふと、
「何故虫こぶになると色が変わるのか?」
と疑問となり、ネット検索してみたところ、何だか雲行きがおかしい・・・

 どこかで誰かが書いた文章のコピペや孫引きのような文章は幾つか出てきますが、それではなんという虫が入り、どのような作用で色が変わるのかという文献は出て来ませんでした。

 ノブドウに「虫こぶ(ノブドウミフクレフシ)」を作る成虫は「ノブドウミタマバエ」のようです(虫こぶハンドブックより)が、その他にも虫こぶは作らず実を食害するブドウトリガの幼虫やハエの仲間の蛆虫が入っていることもあります。 ノブドウミフクレフシだけが色を変えるのか、外の虫も影響を与えるのか、はたまたどちらも全く影響しないのか・・・

PB178634ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 ちなみに手元の図鑑では、
「淡緑色から紅紫色、瑠璃色に熟すが、虫こぶになっているものが多い」
「ふつう昆虫の入った虫こぶとなり、白、青、紫などに熟す」
等となっているだけで、実が熟していく色合いに虫こぶが関係するとは書いてありませんでした。

PB178635ノブドウ (440x293).jpg
<2017-11-17狭山丘陵>

 本来の実の色は「白」と書いている頁もありましたが、本当でしょうか? 別名のザトウエビ、メクラエビという呼称が、眼の悪い方の眼球の色を実の色に準えたものだとすれば、そうなのかもしれません。

 さぁ、こうなったら人に頼らず、もう一度あの暴れ龍を育て直し、受精したらすぐに細かい網を掛けて虫が産卵できないようにして見守ってみるしかないかな? 今度は肥料の無いゾーンで育てなければ!

P9187375ノブドウ (373x560).jpg
花<2017-09-18狭山丘陵>

【ノブドウ/野葡萄】ブドウ科ノブドウ属 落葉性蔓木本
 別名:座頭エビ(エビ=ブドウの古名)、目暗ブドウ、石ブドウ、馬ブドウ
 分布:日本全土
 花期:7〜9月
 葉は互生、葉と巻きひげ・葉と花序は対生
 葉形:普通3〜5の切れ込み、心形〜深い切れ込み変化多様
 果実:直径6〜8mm ほぼ球形 虫こぶになっているものが多い


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 10:46| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

森で藍染め体験

 パウロの森の畑で育て収穫して干して保存してあった藍を使って、草木染体験のイベントがありました。 今年は収穫の時期が遅れ花が付いてしまったので、花や茎が混じらないように葉だけを取るのがなかなか大変でした。 なにせ霜が降りるような寒さの中でしたので手もかじかんで・・・

 それでもこうしてズラリと並んで干された作品を見ると、裏方仕事のことも吹き飛びます。

 竃で温められた染液に布と手を浸すと、ホッとぬくもりが・・・ 隣の竃では、お昼の豚汁の準備もされています。 薪の燃える音、匂い、暖かさ・・・いいですよね〜 こうして火を焚いて活動できる森はなかなかありませんので、私たちはとても恵まれた環境にいることを感謝して、大切に森の手入れを続けています。

PB258884藍染め (440x330).jpg

 色々な手法の絞り染め、板締め染め、村雲染め、段染めの中から好きな染め方を選んでやっていただきました。

PB258880藍染め (440x330).jpg

 村雲染めと段染めには収穫した藍を煮出した染液を、絞り染めと板締めにはインド藍を使いました。 染める布地の種類(素材、織り方など)や染液への漬け方などで色合いもさまざまに変わります。

PA047583豚汁 (440x293).jpg
熱々の豚汁(当日は撮れず、他日の写真ですが・・・)

 なかなか一度では、思い描いた通りにはいかないもの、参加された方々の心の中には既に次回への構想が膨らんでいるようでした。

PA047584 (373x560)タデアイ.jpg
作業小屋の軒に干された藍と唐辛子(10月)


人気ブログランキング ポチッと応援が、更新の励みです。 よろしくお願いいたします。
ラベル: パウロの森
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 草木染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

奥高尾ハイキング

 小仏バス停下車〜景信山〜城山〜日影沢 と 紅葉シーズンで賑わう高尾山の奥の静かな山道を歩いてきました。 色々なイベントと下見が続いて、なかなか更新がままなりません。 詰め切れておらず、いろいろ漏れがありそうですが、見切り更新です。 おいおい訂正・加筆しますね。

PB248914ツルソバ (210x280).jpgPB248912コクサギ (210x280).jpg
【ツルソバ/蔓蕎麦】タデ科 【コクサギ/小臭木】ミカン科
あらら、こんな所に海岸性の植物ツルソバが…どこかから持ち込まれたものでしょう。 白い花被に淡い青色の雄しべの葯がきれい! コクサギの実は、タネの発射台を開いてカウント・ダウン中のようです。

PB248822 (210x158).jpgPB248913 (210x158).jpg
【イロハモミジ】     【イヌブナ/犬橅?】

PB248825コボタンヅル実 (210x158).jpgPB248826センニンソウ実 (210x158).jpg
【コボタンヅル/小牡丹蔓】【センニンソウ/仙人草】キンポウゲ科センニンソウ属
どちらもセンニンソウ属=クレマチス属で良く似ていますが、タネの形や綿毛の長さが違います。(センニンソウの綿毛は未だフワリと開く前)

PB248829ツルリンドウ実 (210x280).jpgPB248909ツルリンドウ実 (210x280).jpg
【ツルリンドウ/蔓竜胆】
蔓竜胆がまるで崩れた斜面を隠すカーテンのように広がって赤い実を付けていました。 今年はツルギキョウばかり見て来たので、ツルリンドウが減っているのかと思いましたが、健在でホッとしました。

PB248831シオデ実 (210x280).jpgPB248833 (210x280).jpg
【シオデ】         【ヤマテリハノイバラ】
サルトリイバラとシオデは草姿が似ていますが、シオデは蔓に刺が無く葉脈は5本が目立ち、実は黒く熟します。(猿採茨は3行脈が目立ち、実は赤く熟す) 山照葉野茨の赤い実をちょいと摘み食い、バラの香りと甘酸っぱさが広がって、ちょっと幸せな気分。

PB248835 (440x330).jpg
【富士山】
西の斜面を駆け上る雲の影が山肌に映って、大自然の息吹を感じました。

PB248840 (440x330).jpg【津久井湖(城山ダム)=上湖】
 城山湖(本沢ダム)=下湖 と ややこしいのです。 名前を付ける時、どんな状況だったのでしょう。

PB248844マルバノホロシ実 (210x280).jpg 【マルバノホロシ】ナス科  
人里では良く似たヒヨドリジョウゴ(全草多毛)が多いですが、山へ来ると無毛で葉に切れ込みが無い丸葉ノ保呂之がみられます。 

PB248842 (210x158).jpgPB248858ナガバノコウヤボウキ (210x158).jpg
【ウリハダカエデ/瓜膚楓】  【ナガバノコウヤボウキ/長葉高野箒】  

PB248874 (210x280).jpgPB248873 (210x280).jpg
【ノハラアザミ/野原薊】【オヤマボクチ/雄山火口】キク科
どちらもキク科で花期は過ぎているのですが、野原薊は未だ綺麗な花をみせていてくれました。 雄山火口は牛蒡に近い仲間で、葉裏の白い綿毛を集めて火熾しの火口にしたり、お蕎麦のツナギに使ったりします。

PB248864サラシナショウマ実 (210x158).jpgPB248866 (210x158).jpg
【サラシナショウマ/晒菜升麻】キンポウゲ科  【ノダケ/野竹?】セリ科
晒菜升麻の実鞘は同じキンポウゲ科のトリカブトやレンゲショウマのものと似ています。
セリ科のタネは、未熟果〜完熟果で姿が変化するので追い切れておらず、葉も残っていない今、不確かです。 来年こそは実りの変化を追ってみたいです。

PB248856オケラ (210x280).jpgPB248862ジャノヒゲ実 (210x280).jpg
【オケラ/朮】キク科        【ジャノヒゲ】
朮の花はもう終わっていて、特徴的な魚の骨上の萼が目立ちます。 ジャノヒゲの実はやがてもっと深い瑠璃色に熟します。

PB248849シロダモ実 (210x280).jpgPB248852ミヤマシキミ実 (210x280).jpg
【シロダモ】クスノキ科   【ミヤマシキミ】ミカン科
遠目ではソックリですが、シロダモの葉にはクスノキ科の特徴の三行脈があります。

PB248907アカネ実 (210x280).jpgPB248900アマチャヅル (210x280).jpg
【アカネ/茜】     【アマチャヅル/甘茶蔓】
アカネの根からはあの夕焼色の染料がとれます。 この黒い実からはどんな色が? 試せるほどに実を集めるのは難しそうです。

壇香梅の鮮やかな黄葉が盛りだったのに、余りにも沢山ありすぎて写真に撮らないままだったことに今頃気づきました。 残念!


人気ブログランキング いいね! 代わりにクリック応援、宜しくお願いします
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

永遠の片思い

 歴史的な何かがあった日でもない、数字のごろ合わせのような「〇〇の日」は、消費を促す切欠として生み出されたもの。 それでも、誰かがきっと今日「いい夫婦の日」のお蔭でちょっと幸せな気持ちを味わっていると思うと、嫌な気持ちにはなりません。

PB188739 (440x293).jpg

 ただ、昨年の今日、まぶしい程の紅葉を見上げ二人で歩いていたことを思うと、心が揺れます。 まさか、一年後の今日、貴方がこの世から姿を消しているなんて・・・思いもしませんでした。

PB188733 (440x293).jpg

 もみじの木漏れ日の下
 あなたは何を思って歩いていたの
 聞きたかったこと
 話したかったこと
 口元まで出かかっては
 いつも飲み込み笑ってた

 口に出してしまったら
 今の幸せが崩れてしまいそうで
 
 今はもう
 湖にたずねても
 山に問いかけても
 風も応えてはくれない

 心の中に住んでいる
 遠い憧れの人に
 話しかける夜
 永遠の遥かな遠距離 片思い

PB178647ススキ (440x293).jpg


人気ブログランキング
ラベル:ススキ 紅葉
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

朝日キラキラの霜

 すっかり眠り込んでいたのか目覚まし時計のアラームも聞こえず、FITの活動日に初めての寝坊! いつもは家を出る1時間半前に起床しているのに、30分でお弁当も何も全部支度して慌てて飛び出しました。 外は一段と冷え込んでいて、こめかみや鼻の先がキーンとする寒さ

 高尾のパウロの森の入口、一面に霜が降りてまるでうっすら雪が積もったような美しさでした。

PB218798 (440x293).jpg
PB218799 (440x293).jpg

 秋だ紅葉だと思っているうちに、冬が確かに忍び寄って来たようです。


人気ブログランキング 1クリック頂けたら、心もホカホカ
ラベル:パウロの森
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする